カルチャー,
Leave a comment

フランスで自分の居心地いい空間をつくろう

もうすぐ日本に一時帰国~♪でウキウキなULLAです。長期帰国に向けて夫と一緒に家を大掃除しました。きれいになって家も何となく嬉しそう。
そんなタイミングを計ったかのようにピッタリの本を読んでいました。こちら↓

人生がときめく片づけの魔法

前にセルフケア記事で紹介したのですが、そのとき私は未読。 そして、記事をきっかけに読み始めたら・・・面白くて!少し読んでは片づけ実践を繰り返し、何だか前より自宅を好きになりました。
そこで今回は本の内容で実践した箇所を紹介してみたいと思います☆

服は立てて収納

ふつう服を畳んだら上に重ねて引き出しにしまいますよね。そうすると下の服が上の服に押されて苦しくなってしまう。そして、自分の目につかなくなるとその服を持っていることすら、忘れてしまうそうです。(←その通り、当たってる)
これを受けてだまされたと思って、クローゼットの洋服を立てて置いてみました・・・すると確かになんか服がいきいきしてる気がする~!
普段我が家のクローゼットはカーテンで覆ってあるのですが、朝起きて着替えるためにサッとカーテンを開けると目に入るいきいきとした服。ちょっと心が躍ります。

本の片づけ。ときめくか、ときめかないか

私は服が大好き!って訳ではないので服の量は多くないのですが、問題は本・・・。そろそろ帰国前に整理したいと思っていたので、書かれている通りに整理してみました。

  1. 広いスペースに持っている本すべてを広げる。
  2. 本を「起こすため」に柏手を打つ。(←ここらへん日本っぽい) 
  3. 1冊1冊手に取って、中身は一切見ず「ときめくか、ときめかないか」で判断して残す本を決めていく

これは結構難しかった。中にはサイン本もあり、ときめく、ときめかないというより「惜しい」んですよね・・・。
結果ときめかない本を25冊選びました。なかには未読本も5冊ほど・・・。
でも作者こんまりさんの「いつか読むつもりの「いつか」は永遠に来ない(P122)に背中を押されて片づけました。
片づけ後の本棚を見ると、スッキリ。「今まではギュウギュウだったけど、今はスペースがあるから日本で新しい本探してきたら入れてあげるよ」と言われているような。
ま、自分の願望かもしれませんが。(笑)

「なんとなく」小物ではなく「ときめく」小物を残す

またしても出た「ときめき」。私は普段使わないパーティー用等のアクセサリーをジュエリー袋にまとめて入れてたんです。
それを片づけるため、中を出してみたら小さい袋のなかに一緒くたに入れられていたアクセサリーたちがよれよれっと出てきました。思わず「うぉ~」と良心の呵責を覚えましたよ・・・。
その中からときめくものだけを厳選して、一つ一つが見えるように棚の一隅にアクセサリーコーナーとして並べてみました。あっ、アクセサリーが喜んでいる気がする!夫も「ナイス!」と声掛けしてくれました。

バッグは毎日空にする

皆さん普段使いのバッグに常に使うものは入れっぱなしではないですか?私はそうでした。
しかし、「あなたの持ちモノすべてを受け入れて、働き者なバッグ。せめて家にいる間くらいは休ませてあげなきゃ」とのことで、常に持ち歩く物はクローゼットの一番上の引き出しに収納。改めて空になったバッグを見てみると・・・クッタクタ。もっとバッグを大切にしないとと反省しました。

上に書いたこと以外にも色々実践してみました。私は片づけとか本当に面倒くさくて嫌いなタイプなのですが、この本の通りやってみると居心地のいい空間ができるし、結構片づけって楽しいかもと思い始めました。

 「私たちが生きているのは「今」です。「過去」がどんなに輝いていたとしても、人は「過去」を生きられるわけではありません。今ときめくことのほうがもっともっと大事だと、私は思います。」(P154)

この言葉、刺さったわ~!外国人として住むと何かとストレスも多いフランス、「今」を大切に居心地よく暮らしましょっ。

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 フランス西部の小さな町在住。
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。
 その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。
 フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)


 
Filed under: カルチャー,

by

ULLA

 フランス西部の小さな町在住。  高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。  その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)  現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。  フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください