カルチャー,
Leave a comment

フランスで無職の今が読むベストタイミングかも!『ライフ・シフト』

ボンジュール!挨拶も早々に今回はこちらの本をご紹介。

『ライフ・シフト』 リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

著者の一人、リンダ・グラットンは2013年に日本で翻訳出版された『ワーク・シフト』(その年のビジネス書大賞受賞)を書いた、ロンドン・ビジネススクールの教授さんです。
前作『ワーク・シフト』は未読なのですが、なぜ今回この『ライフ・シフト』を読もうと思ったのか。

それは・・・
「日本での仕事を辞めて、フランスで新しい生活を築いていく今だからこそ、これからの人生について考えてみたい」
という欲求からです。

人生は100年ライフになる!

この本では「平均寿命が延びる」ということを前提としています。
人間の寿命が延びていることはよく知られていることですが、ある計算でいくと2007年生まれの子供は平均寿命が105歳前後になるとの予想が!ひえ~。
そうすると現在40歳前後の人の平均寿命は95~98歳前後になるそうです。おいおい。

100年ライフによって変化してくるライフステージ

で、100年ライフになると今まで当たり前とされてきた、人生の3ステージモデル(教育→仕事→引退)が通用しなくなってくるそう。
仮に将来70歳まで働いたとしても残り30年前後は引退生活が続くんだもの~。経済的な意味も含めてどうやって過ごしゃいいのよ~!
というわけで著者は人生が「マルチステージ化」することを提案&予想しています。

人生のマルチステージ化とは?

ざっくり言うと「人生のいつ教育を受けて、仕事して、引退するかを自分で選択するようになる」ということです。
3ステージのままでは、一番最初に教育を受けても寿命が延びる分、働く年数も伸びるため、学んだ技術が錆びてきて息詰まる。
また、働く年数が長くなるとずっと忙しく働き続けることが体力的にも難しくなるので、どこかで休み、働き方を考え直す必要が出てくる。
なので人生をカスタマイズするマルチステージ化が進むそうです。

「有形資産」と「無形資産」を認識せよ!

100年ライフを生きる上では「有形資産(投資・株・現金などの目に見える財産)」以上に「無形資産(仲間・健康・多様なネットワークなどなど)が大切に。
仕事で忙しすぎると有形資産は蓄えられるけど無形資産が枯渇してくるので、長い人生でバランスを取ることがキモになります。

新しい3つの人生ステージ

以上をふまえた上で著者が考える、新しい3つの人生ステージはこちら。

エクスプローラー:周囲の世界を探査し、そこに何があるのか、自分が何をすることを好むのか発見する。

インディペンデント・プロデューサー:旧来の起業家とは違い、短期的に物事を生産して学習し専門知識を身につける。

ポートフォリオ・ワーカー:さまざまな活動を同時進行で行い、無形資産と有形資産を同時にキープするなど。

最後に

読み終えてみて、「私は今エクスプローラーの時期にいるのかしら?」と思いました。色んな人と出会ったり、会に参加したりしてみて、どーも自分がどんなことに向いていて何をしたいのか探っているような感じです。自分の立ち位置が分かってちょっとすっきりしましたよ。

100年ライフというと「労働時間がのびる!」とか「老後の資金どーするの?!」とか不安な面ばかりがクローズアップされがちだけど、そんな100年ライフの「恩恵を最大限浴するために!」と前向きな考えを前提に書かれた本作。
現実は厳しいかもだけど、自分の人生の長期戦略のため読んでみると今後の人生選択のヒントになります。

そういう意味で今、私のように一から新しい環境でライフスタイルを築いていく状況にある人にとっては読むベストタイミングなのでは?!と考えました。

また、仕事についてはこちら↓の記事で紹介した『未来の働き方を考えよう』にも共通するところがあります。

『未来の働き方を考えよう』より -もしあなたの人生があと10年だとしたら?ー

興味を持った方はぜひお手に取ってみてください♪

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 本とマンガ好きのふらんぽん読書会担当。
 高校卒業後アメリカ留学し、約4年間の学生生活を経て学位取得。帰国後、東京の英語関連会社に就職。

 その後、東京観光に来ていたフランス人(現・夫)と出会い、フランス語力0のまま渡仏し結婚しました。

 周りからは「なぜ英語圏の人と結婚しなかったの?」と言われる始末・・・。そんなん知るか~、ご縁だったのよ~という感じです。

 フランス生活3年目、西フランスの田舎在住、目下フランス語と新しく始めた仕事をがんばってます!
Filed under: カルチャー,

by

ULLA

 本とマンガ好きのふらんぽん読書会担当。  高校卒業後アメリカ留学し、約4年間の学生生活を経て学位取得。帰国後、東京の英語関連会社に就職。  その後、東京観光に来ていたフランス人(現・夫)と出会い、フランス語力0のまま渡仏し結婚しました。  周りからは「なぜ英語圏の人と結婚しなかったの?」と言われる始末・・・。そんなん知るか~、ご縁だったのよ~という感じです。  フランス生活3年目、西フランスの田舎在住、目下フランス語と新しく始めた仕事をがんばってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です