お役立ち, カルチャー
Leave a comment

アトリビューを知ると教会めぐりが楽しくなる

こんにちは~。教会好きLoc-envelです。

教会に必ずある聖人の像や絵画。

聖人の数は半端ないし、まして聖人の本当の顔なんて知らないから製作者によって顔も様々。名前が書いていないと誰が誰だか分からないと思ったことありません ?

でも持ち物や連れている動物、恰好などで分かるものもあるのです。

聖人にはアトリビュー (attribut)、つまり象徴的な持ち物や、一緒に描かれる生き物などがあります。

アトリビューを知って聖人が区別できるようになると、教会めぐりや宗教画を見る楽しみが広がりますよ♪

例えばキリストに選ばれた12使徒の中で分かりやすいアトリビューを持っているのは、

Saint Jacques le Majeurサン・ジャック・ル・マジュー/大ヤコブ
大ヤコブはスペインで布教活動しエルサレムで殉教。
弟子が遺骸を船でスペインに運んだ際、船底にびっしりと貝が付いていて、これをcoquille Saint-Jacque/聖ヤコブの貝(ホタテ貝の意味)と呼ぶようになり、アトリビューとして描かれるようになりました。
又大きな帽子、外套、杖、水を入れたひょうたんなど、スペインでの旅の恰好を表しているものも多いです。写真では帽子にホタテ貝の飾りが付いています。

残酷な方法で処刑された聖人たちはその様子を表すものがアトリビューになっています。

Saint Denis(サン・ドニ/パリの聖ディオニジオ
首を切られて殉教したことから自分の首を持っています。自分の落ちた首を拾い上げ歩き続けたのだとか。ホラーの世界・・。
写真はパリのノートル・ダム大聖堂の門にある像なので目にしたことがある人も多いのでは?フランスの守護聖人です。

 

Sainte Apolline(サント・アポリン/聖アポロニア) 
キリスト教徒であるという理由だけで捕えられ、歯を全て抜かれるという拷問を受けたことからペンチと歯がアトリビューです。歯に関する問題全ての守護聖人として崇敬されています。

Saint Roche(サン・ロッシュ/聖ロック)
全財産を投げ打ってペスト患者の治療をしていましたが、自分もペストにかかってしまいます。しかし犬が毎日パンを運んで来たり、裂傷を負っていた足を舐めてくれたおかげでペストが治ったという逸話があります。そのためパンをくわえた犬を連れ、衣の裾をまくりあげて太ももを出しています。

Sainte Marguerite(サン・マルギュリート/聖マルガリタ)
キリスト教信仰の為に高官との結婚を断ったことから牢に入れられ、ドラゴンに呑み込まれます。しかし持っていた十字架のおかげでドラゴンのお腹から抜け出すことが出来たという伝説上の人物。ドラゴンとともに描かれることが多く、妊婦の守護聖人です。写真では分かりづらいですが足元に小さなドラゴンの顔があります。

このように、その人の職業や、殉教に使われた道具、エピソードなどがアトリビューになっています。

在仏者の皆様、近所の教会に行って聖人が何を持っているか(連れているか)確認してみては?

注)聖人の逸話には諸説あります。

 

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

 

投稿者プロフィール

loc-envel
loc-envel
留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?
Filed under: お役立ち, カルチャー

by

loc-envel

留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です