TV・映画・音楽, カルチャー
Leave a comment

味のあるあのフランス人おじ様名優出演のおすすめ映画 3選♪

ボンジュール!

ジャンヌ・モロー様に続き、またしてもフランス映画界の名優が逝ってしまった。
そのお方とは、ジャン・ロシュフォールおじさま。
と名前を聞いただけでは「?」なあなたも、フランス映画を見ているとけっこう見かけるこのお顔。

主役もとるし脇役でもキラリと光る味のある俳優さんで私は大好きでした。
というわけで、哀悼の意を込めて、ジャン様が出演するおすすめ映画3選の紹介いってみよー!

髪結いの亭主

髪結いの亭主 [DVD]

新品価格
¥5,980から
(2017/11/7 01:06時点)

ジャン・ロシュフォール様の出演作でもトップにくるのはやはりこれでしょう。
私がジャン様を知るきっかけになった作品でもあります。ちなみにこの時の第一印象は「薄気味悪いおっさんだなー」(笑)。
その後何度か見返しましたがその度にファーストインプレッションは変わりません。爆
なんというか、何から何までザ・フランス映画なんですよ、この作品。
映像美、音楽もキレイ、官能的な女、そして薄気味悪い男(笑、てかごめんジャン様)、とことん不条理なお話。。。鑑賞後に爽快感を得られるとか気持ち上がるとか幸福感に包まれるとかは一切ないですが、いいじゃないですか、こんな映画があっても。おすすめです!

パリ空港の人々

パリ空港の人々 [DVD]

中古価格
¥3,980から
(2017/11/7 01:07時点)

シャルル・ド・ゴール空港で足止めをくらったおじさんとそこに“暮らす”人々のお話。トム・ハンクス主演でハリウッドがリメイクした映画『ターミナル』の元ネタでもあります。

空港のトランジットゾーンでパスポートを盗まれフランスから入国を拒否された主人公(ジャン様)。空港での寝泊まりを余儀なくされたジャン様が、同じく様々な理由から入国できずに空港で生活するようになった人々と数日間生活をともにする中での生まれる触れ合いを描いたもの。強制送還された父親の迎えを待つ黒人少年や国外追放となり国籍を剥奪された南米女性など、登場人物はフランスのリアルがモロにでています。主人公には実在のモデルがいるそうで、実は多数いるトランジットゾーンで暮らす人々の人権問題を提起する政治的メッセージも含まれているようなのですが、コメディータッチで軽すぎず、重すぎず、ちょうどよいかんじです。前述作のようなドロドロ感はなく安心して観れます。笑

Un éléphant ça trompe énormément

こちらは日本未公開作で、私はまだ見てないのですが夫のおすすめで載せてみました。笑
職や社会階級などてんで異なるがテニス好きという共通点で結ばれた中年男4人の友情を描いたもの。
4人の中で最も真面目な妻子を持つ主人公(ジャン様)が、ある日若い女性に一目惚れし友人の手を借りてこの女性にアプローチしてゆくコメディー映画だそう。トレーラーを見ると雰囲気面白そうなんで観たいと思ったけど、、、字幕なしで理解できるかしら。汗

ハリウッドでリメイクされ(『ウーマン・イン・レッド』)、さらにここ最近は中国でもリメイクされた(『ウーマン・イン・レッド~スキャンダルな夫~Some Like It Hot
』)ところをみると、相当面白いのかなと思われます。

いかがでしたか?
あなたのマイ・ベスト・ジャン様映画も教えてください♪
この冬はお家でジャン様作品見返すどー。

ではまた!

投稿者プロフィール

マカロン
マカロン

ブルゴーニュの田舎生活を満喫中のアラフォー主婦。なんて言いながら「いつか都会で返り咲きたい願望」を捨てきれていないハンティング率0のジョブハンターです。オーガニック、自転車の旅、ミシン、ふらんぽんが好きです。法定翻訳できます♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です