TV・映画・音楽, カルチャー
Leave a comment

ナント名物『熱狂の日』!-本場フランスでクラシック-

画像引用:https://france3-regions.francetvinfo.fr/pays-de-la-loire/loire-atlantique/nantes/folle-journee-2018-monde-nouveau-theme-24e-edition-1363307.html

みなさま、こんにちは。
今回は拙宅近郊の都市・ナントで近々開催される、名物イベントをご紹介します。
その名も『La Folle Journée』(ラ フォル ジョルネ)訳して「熱狂の日」
フランス最大のクラシック音楽祭のことです。

その発祥は1995年。なんでも開催初年度から8年間は赤字経営だったものの、それから黒字に転じ、観客動員数も11万2000人というから驚きです。

 その名の由来は?

モーツァルト作曲の『フィガロの結婚』のオリジナル戯曲タイトル「La Folle journée, ou le Mariage de Figaro」に由来しているそうです。やっぱり由来もクラシック音楽関連なんですね!

 いつ、どこで行われるのか

毎年1月末~2月初旬にかけて(ちなみに今年(2018年)は1/31~2/4)、ナント国際会議場(La Cité, Nantes Events Center)で行われています。

 どんなところが人気なのか

なぜ、このLa Folle Journée(略してLFJ)が人気なのか、ポイントは以下の4点です!

1.色々なスタイルの曲を時間差で聴ける!

会場であるナント国際会議場には大小さまざまなホールがあります。そのため、同じ時間に同時に各ホールでコンサートが行われ、それが朝から晩まで数日間続きます。
そのため、トータルコンサート数は相当な数!普通のコンサートなら1日1回行けば終わりですが、LFJであれば、複数連続コンサートをはしご!なんてことも可能です。

2.チケット代が安い!

クラシック音楽って敷居が高く、チケット代が高いイメージがありますよね。しかし、LFJはクラシック初心者でも気軽に参加できるよう、チケット代は6~22ユーロとお財布に優しい価格設定となっています。だからコンサートをはしごすることも可能なのです。

3.チケット代が安いのに一流アーティストが演奏!

LFJのコンセプトが「クラシックの民主化」、「一流の演奏を低価格で」というものらしく、世界の一流アーティストがコンサートを行います。低価格でそんな演奏を聴けるなんて贅沢ですね!

4.コンサートの演奏時間が短い!

通常クラシック音楽のコンサート時間は2時間弱くらいですが、LFJのコンサートは約45分。さくっと終わるので、初心者でもそんなにプレッシャーを感じずに参加できます!

そんなLFJ、今年のテーマは?

今年(2018年)のテーマは「VERS UN MONDE NOUVEAU」、日本語で「新しい世界へ」。母国を離れて外国に移り住んだ、さまざまな作曲家の作品に焦点を当てるそうです。おお、日本を離れてフランスに移住したふらんぽねーずにぴったりだ!

チケット入手方法

チケットはLFJ公式サイトにてインターネット購入可能です!
実はわたくし、行きたいコンサートに目ぼしをつけておいて、チケット発売時間と同時にサイトにアクセスしたのですが、アクセス集中のため1時間以上つながりませんでした・・・。  やっとつながったと思ったら行きたかったコンサートの一つ(ギターアンサンブル)がすでに完売!泣く泣く諦めました。
このように人気のコンサートは発売と同時に完売しますが、いくつかのコンサートはまだ販売されているようです。
そして今年はばりばりのクラシック音楽だけでなく、映画音楽やジャズ、日本の和太鼓など、結構多彩なラインナップとなっていますので、もし興味が湧いたらサイトをのぞいてみては?

日本在住の方も!

ナント発祥のこの音楽祭、実は日本でも開催されているのです!毎年5月、ゴールデンウィークに東京で行われています。

一流アーティストの演奏が低価格で聴ける、ナント名物「熱狂の日」!文化体験もかねてぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

LFJフランス公式サイト

LFJ東京公式サイト

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%8D

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です