お役立ち, カルチャー
Leave a comment

フランス人が使いたがる!?ちょい意外な日本語3選!

みなさまボンジュール!9月から職業訓練校に通い始めて平日はもう死亡寸前(大袈裟)のドリーです。

同じプログラムをこなした友達が3人ほどいて、みんな口を揃えて仏語力ちょー伸びるよ!との大推薦があったので私もPôle Emploi経由で申し込んだのですが、、、誰1人としてこんなにハードだとは教えてくれへんかったーーー!(T ^ T)

ふらんぽんに書くネタはたくさん与えてもらってはいるものの、今はとにかく学校のことは考えたくないくらいしんどい!と、いうことで学校が始まる前の平和な頃に気持ちを戻して表題の件、在仏2年目でも既によく聞く日本語を3つpick upしてみました☆ 早速見てみまショー!

 

①禅

日本についての話になると、必ずどこかにぶっ込まれるのがコレ。ふらんぽねーずの皆さまも経験済みではないでしょうか?

主人が私の父を「いかにも禅って感じで落ち着いた人」と表現したのに始まり、禅の意味もよく分かってない私まで、友達や学校の担任に「Ça fait trés Zen」と言われたり、更に義実家のバスルームには大きく”禅”と書かれた壁紙が貼ってあるwしで、フランスに来てからよく耳&目にするようになった言葉の代表格です。

こんな感じで禅砲弾受けっ放しのフランス生活ですが、禅というと座禅くらいしか連想出来ないのは私だけでしょうか? Wikipediaさんで意味を改めて調べてみると、語源はサンスクリット語の「dhyāna」=「心の働きを集中させる」とあります。

ふむふむなるほど。まぁフランス人よりは日本人の方が心の働きは集中させられているかもね¯\_(ツ)_/¯ (笑)

 

②生き甲斐

最近ぐいぐいキてるのがコレ!フランス人だけでなく、スペイン人やアメリカ人の友達からも聞くようになりました。一体どこからその言葉を知ったのか尋ねると、今世界レベルで自己啓発系のトレンドワードになっているそうです。みなさんご存知でした?

興味本位で調べてみると、出るわ出るわ各国の言葉で説明された「IKIGAI」のチャート。仏語版だとこんな感じです。↓

画像引用: http://www.psychologies.com/Therapies/Developpement-personnel/Methodes/Articles-et-Dossiers/3-exercices-pour-trouver-son-ikigai

フランス人でPôle Emploiに勤める女友達は、彼らの開催するオリエンテーションでも↑の図を紹介するプログラムがあると言っていました。確かに適職探しには欠かせない要素が詰まってますよね。よく出来てます。

別の友達は以下の本を紹介してくれました。私は読んでませんwが、ご興味ある方はチェックしてみて下さい♬

画像引用: https://www.amazon.fr/IKIGAI-H%C3%A9ctor-GARCIA/dp/2265116661/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1539462159&sr=1-4&keywords=Ikigai

③忍道

聞いたこっちが耳を疑うくらいビックリしたのがコレ。最近になって漫画『NARUTO』のアニメをようやく見終わった主人が嬉しそうに使うようになりました。忍者や侍、腹切だったらもう聞き慣れたもんですが、忍道なんて、日本でも時代劇で出てくるかどうかって感じですよね。

一見フランスの日常生活では使い道があまりなさそうな言葉ですが、夫に限って言うとストイックな食生活と週5のジム通いが「俺にとっての忍道」なんだそう。彼は今のところスーパーサイヤ人か麦わらの一味になるのを夢見てwork outに励む日々ですが、その内やっぱ忍者になりたいとか言い出しそうな気がしてならないドリーです。

きっと『NARUTO』好きなパートナーをお持ちのふらんぽねーずなら、会話に忍道出てきた!ってことある?かな???うちの旦那だけですかね。

 

逆輸入日本語 en France

渡仏した経緯は様々ながらも、3つとも古き良き(?)日本を思い起こさせてくれる言葉って印象でしたね。いわゆる海外から教えてもらう日本の良さみたいな感じでしょうか。②の生き甲斐なんかは、私も改めて考えさせられる節があります。

こんな風にフランスで使われる日本語を見ていると、ジャポニスムの影響がまだ色濃く残っているのかなぁと勝手に19世紀頃へ思いを馳せたりしてます。今後も逆輸入日本語は発見次第、ふらんぽんでもシェアしていきまーす!お楽しみに〜♡♥︎

*ドリー’s Instagram*Abonnez-vous♥︎↓↓↓

View this post on Instagram

Bienvenue chez nous

A post shared by Dolly (@franponaisedolly) on

投稿者プロフィール

ドリー
ドリー
仏人の夫と、東京で出会って2ヵ月で婚約&渡仏を決意した向こう見ずな35歳。学生時代に何気なく履修した仏語クラスは落第寸前だったが、移住を機にDELF挑戦中。旅、音楽、ファッションを愛す元パーリーピーポー。いつかスーパーサイヤ人か麦わらの一味になりたいと願う超親日な夫と、レンヌで新生活を送っています。✴︎Instagram✴︎➡︎@franponaisedolly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください