グルメ, レシピ
comments 4

フランスなのにごはんがすすむ! マグレ・ド・カナールの和風レシピ

みなさんこんにちは。
今日は、私も夫も大好きで、たまに無性に食べたくなる鴨料理を紹介します。

鴨って、日本の家庭ではなかなか調理されない食材。
でもフランスだと普通にお肉屋さんやスーパーで売っていますよね。
独特の味・香りで、カモ肉ファンのふらんぽねーずも多いのでは?

中でも私が好きなのはマグレ・ド・カナール(magret de canard)。フォアグラを取るために太らせて飼育した鴨の胸肉なんだそうです。聞くだけでも、こってり、食欲がそそられますね~。

鴨といえば油も味も強いので、甘酸っぱいフルーツのソースと合わせたりするのがメジャーです。
そんなオサレなレシピを横目に、私がおすすめするのが和風照り焼き風!!
これがね~、病みつきになるんですわ!

材料はこちら(2人分)

  • マグレ・ド・カナール 1本(本って単位でいいのかしら・・・?)
  • セベット/Cébette(わけぎ) サイズ・好みにより半束~1束
  • しょうゆ              大匙2
  • みりん                  大匙2
  • 酒                         大匙2

これだけ!簡単・お手軽です。

セベットは日本のネギの代用になるので使っていますが、日本にいる方は普通のネギで試してみてくださいね。また、フランスのポワローねぎはこのレシピにはあんまり合わない気がします。

調味料の量は1:1:1と覚えておいて、人数を増やすときや塩分控えめ・濃いめの味付けにしたい時など調整してみてください。

ではレシピ、行ってみましょう~♪

1.下ごしらえ

鴨の脂身に1センチ間隔の網の目状に切り込みを入れます。これで焼いたときに余分な脂身を落とすことができます。お肉まで切らない様、浅く包丁を入れるだけでOKです。

今回はお肉屋さんが勝手に切り込みを入れてくれちゃってました。肉まで切れてる・・・

2.脂身の面をフライパンで焼く

フライパンを熱して、鴨の脂身の面を焼きます。
脂がたーーーっぷり滲み出してくるので、フライパンに油をひくのは不要。
強めの中火~中火でこんがり色がつくまで(約10分)焼きます。
油がバチバチ跳ねるので、アルミホイルを軽くかぶせると良いです。
焦げたようなにおいがしてきちゃったら火を弱めてください。

脂身の焼き色が良い感じになったら一度お皿に取り出します。
ここで、フライパンにたまった油も別の器などに取り出しましょう。
フライパンを洗う必要はありません。

3.お肉の面を焼く

フライパンを火に戻し、鴨のお肉側の面を焼きます。軽く焼き色がつくまで、中火で5分~10分ほど。
鴨は外側はパリッと香ばしく、中は生肉の柔らかさが残る「ロゼ」が美味しいと言われていますね。お好みで焼き時間を調整してください。

ちょうどいい具合に焼けたら、鴨肉をまな板に取り出します。

4.ソースを作る

鴨を焼いたフライパンを洗わず、また火にかけます。斜めにざく切りにしておいたセベットを入れ、軽く炒めます。

お好みの固さに炒めたら、醤油、みりん、酒を投入して、一瞬沸騰させたところで火からあげます。

5.いただきます!

お肉をお好みの厚さにスライスしお皿に盛り付け、最後に作ったネギのソースをかけたら完成です。

オシャレなイチジクのコンフィ、はたまたポテトのソテーなんて不要、不要!
このレシピに一番合うのは炊き立ての白いご飯!!
ちょっと七味をかけるとまた風味が出て、幸せ~!あ~日本の味~!

 

そうそう、鴨の油は冷蔵庫でしばらく保存が可能。ポテトのソテーやオーブン焼きに加えると、こってりした味わいが出てこちらも美味です。

どうぞお試しあれ~!

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

みきてぃ
みきてぃ
ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、ゼロ歳児の息子の3人家族。現在は近くの村のパン屋さんで働きつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中。自己満足を追求し楽しく生活する中でのあれこれをつづってみたいと思います。
Filed under: グルメ, レシピ

by

みきてぃ

ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、ゼロ歳児の息子の3人家族。現在は近くの村のパン屋さんで働きつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中。自己満足を追求し楽しく生活する中でのあれこれをつづってみたいと思います。

4 Comments

  1. くみこ says

    美味しそうなレシピ紹介、ありがとうございます!カモ肉が大好きで月に1回ぐらい夕食にするのですが、いつもフランス風ソースで食べていました。これまで見つけた和風レシピは手間がかかるものが多くて、レシピみただけで諦めていたのですが、この和風レシピ、ご飯とともに次回試してみます!!

  2. みきてぃ
    みきてぃ says

    鴨肉ファンのふらんぽねーず発見!!
    くみこさん、コメントありがとうございます!

    カモ、美味しいですよね~。他の肉とはまた違うあの味!
    くみこさんはフレンチソースで召し上がってるんですね。そのおしゃれ感もうらやましいです(笑)。今の所照り焼きの手軽さに負け、フレンチには手が出ず・・・オススメレシピがあったらぜひ教えてください。

    フランスは食材そのもので美味しいものが多いから、和風&フレンチで色々堪能できる在仏日本人の私たちってラッキーだな~と思います。これからもおいしいもの、楽しんでいきましょうね!

    • くみこ says

      レシピ試しました。美味しい!!! セベット、いいですね~。カモ肉版「ネギ間」!! 確かにフランスのあの太いネギじゃああの味は出せない。ご飯2杯頂きました!
      「フレンチソース」とかっこよく書いてしまいましたが、私はたいていハチミツと粒マスタードを肉のあとのフライパンでちょっとグツグツさせる感じです。あとは肉を焼くときに塩コショウを適度に降っておいて、肉の後に水少々を入れてグツグツしてソースにするのも、シンプルだけどとっても美味しんですよ。(もしかしたら、ここにセベット入れたら塩だれの「ネギ間」ができるかも?!)
      簡単でしょ? カモ肉万歳!

  3. くみこさん、早速レポありがとうございます!ごはん、イケました!?(笑)

    そして、くみこさんレシピ、ありがとうございます。どちらもおいしそう~~!絶対試します!
    肉のあとのフライパンを使ってこってり感を感応するのがコツな感じですね!?
    そして、塩だれネギ間、美味しいに違いない~~!

    私、ホントに照り焼きタレに偏っていたんですが、くみこさんのおかげでバライエティが大幅UPしそうです。ありがとうございます!カモ肉万歳!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください