ライフ, 毎日の暮らし
Leave a comment

2017年の抱負にしてみる?『フランス人の40歳からの生きる姿勢』とは?

2016年もうすぐ終わっちゃいますね!
みなさんはステキな一年を過ごされたでしょうか?

本日は、来年への抱負を抱くために、ベストセラー「フランス人の40歳からの生きる姿勢」をご紹介したいと思います。

フランス人の40歳からの生きる姿勢

成熟したフランス女性とは?

基本的にはフランス女性は成熟するほどに、女度もあがり、いつまでも『ザ・女』という面を持って生きているイメージですよね。

本書の見出しには「明日、今日より若返る、50の質問」と題された気になるリストの数々…

内容は40歳からのメンタル、ファッション、スキンケア(気になる美容整形事情も赤裸々に!)、セックス、食生活etc…などを著者也の目線で、短いエピソードをまとめた本で、かなり読みやすい!そしてやっぱり気になりますよね、フランスの成熟した女性の生き方って。

そんな盛りだくさんな内容の中から、気になった項目をピックアップしてみました。

年を重ねるとは、スタイルを作る事…そのために日々すべき事は?

本書の中でしきりに出てくるキーワードは、あるがままの自分を受け入れる(bien dans sa peau)という考え方です。

歳をとる事を極端に恐れずに、歳を重ねていく自分も『自分』としてちゃんと認めて生きていく事が大切と言っています。

極端に悲観的にならずに、極端にあきらめずに、とにかく上手に老いと付き合っていく。
それが著者の実践しているポイント。

確かに自己を否定している人は、いくつでも魅力的とは言えませんよね。
内側からでてくるエネルギーやオーラもその人の魅力の一部だということでしょう。
見てくれの話だけではないところが、やっぱり大人の女って感じ!

米仏の老いへの考え方の違い

著者はアメリカに住んでいることもあって、アメリカとフランスの女性の考え方の違いなどもしっかり指摘。

確かにアメリカって美容整形とかボトックス注射とか盛んだし、○○ハウスワイフのリアリティショーなんて、美容整形とかの話でもちきり。ギラギラした感じの物質主義のオンパレード。

かたやフランス女性は非現実的な若さを保つのは自然じゃないと考えている。
多少しわがあったって、それが自然。あるがままを受け入れる覚悟はできてるってこと。
かっこいいわけですよ〜!

でもたまにテレビの討論番組で、ボトックス注射しまくってるでしょ、アンタ!っていうフランスマダムを見かけます。
フランス人でもやっぱりやっちゃう人はいるんですよね。その人を見るたびに「モンスター!」と叫ばずにはいられませんが…

まとめ

結局は服装や肌の状態などの外見は、
内面のコンディションが反映されていると著者は言っています。

毎日鏡を見て、自分を正確に評価し、自分の本当の姿を知り、
前向きに生きていく姿勢が大切ということ。

2017年、重力にできるだけ逆らいながら前向きに生きていきましょう♪

ステキな年越し、そして新年を!

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

 

投稿者プロフィール

ちーゆー
ちーゆー
ふらんぽんWeb担当。
日本で仏人夫と知り合い、縁のなかったフランスの地で暮らすことに。
フランス語ゼロの状態から語学学校を経て、フランスの職業訓練学校CNAMでDéveloppeur de site webの資格を取得。
趣味はおいしい物を食べること、カフェ巡り。サイト作成、ブログカスタマイズなどできます。お問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください