ライフ, 妊娠・出産・育児

フランスの幼稚園ってどうなの?そんな疑問にお答えします!

こんにちは。

子供の2週間の学校バカンスが明け、やっと自分の時間が少し持ててほっとしているもとぴーですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

子供のいる方はもちろん、いなくてもフランスってバカンスが多いと思いませんか~?さて今日は、そのバカンスの多い学校、幼稚園について書きたいと思います。

子供を幼稚園に通わせたい場合はどうするのか、日本の幼稚園との違いについて私の体験から少し紹介したいと思います。お住まいの区役所や幼稚園によっては多少なりとも違いはあるかもしれないので、最終的にはお近くの区役所で確認をしてくださいね。

申し込みはお住まいの区役所にて

日本ですと新学期は4月からですが、こちらは9月が新学期です。

ということで、2014年生まれのお子さんはこの9月から幼稚園に入園することになります。おめでとうございます!9月の入園までに2歳になるお子さんも入園が可能ですが、空きに限りがあるので入園の保証は難しいとのことです。

申請の期間は1月から3月の終わりごろまでで、区役所にて受付ています。

申請に必要な書類

  • Le livret de famille ou la copie intégrale de l’acte de naissance de l’enfant 直訳すると家族手帳ですが、日本でいう戸籍みたいなものです。または子供の出生証明書
  •  Le carnet de santé de l’enfant avec les vaccinations 最新の予防接種が記載されてる健康手帳、いわゆる母子手帳
  •  両親の身元を証明する書類
  •  居住証明書
    • 賃貸の場合は3カ月以内の家賃の支払い証明書
    • 持ち家の場合は不動産の登記書あるいは銀行ローンの書類以上の書類はすべてオリジナルであること。

これらを持って最寄りの区役所に提出。受理されると夏まえ頃に幼稚園から園長先生との面談の知らせがくることになります。

幼稚園の選び方

日本だとネットで調べれば近所の幼稚園のサイトを見つけたり、口コミで幼稚園の情報を得るのは簡単だと思います。しかーし、ここフランス。なかなかそうもいきません。特に、公立の学校だとネットに載っている情報は所在地と電話番号のみです。

実際にお子さんたちを幼稚園に通わせた、通わせているお母さんたちに話しを聞くのが確実な方法です。中には園長先生や担任の先生によるという声もあります。でも、幼稚園はどこも似たようなもので、特に良い悪いはないというのが今まで聞いてきた話の印象でした。

ちなみに私の場合、何に重点を置いたかというと「家から歩いて行ける幼稚園」これのみでした。

幼稚園が始まるまでにすること

私が日本の幼稚園に通っていたのは遥か遠い昔なので記憶がかすんでしまってほぼないに等しいのですが、たしかいろんな持ち物があったようなおぼろげな記憶が。。一番覚えているのは黄色い斜め掛けカバン!これぐらいは誰でも覚えてますかね、、それと薄い黄色か水色のうわっぱり。まずい、年齢がバレてしまう、、(汗)今はスモックというのでしょうね。それと帽子と花の形の名札でしょうか。小さいながらもいろいろと揃ったモノにわくわくした記憶があります。

さて、こちらフランスではどうでしょう。

親の私がわくわくしていたのですが、園長先生との面談では学校案内の冊子もなく、紙切れ一枚も渡されませんでした。

そう、何も揃えるものはないのです。

唯一揃えるものといったら、着替えを入れるカバンぐらいでした。

肩透かしもいいとこです。

なんかなー、つまらない!と思っているそこのあなた!ご安心を。小学生になると揃えるものはてんこ盛りだそうなので、それは今後お話しできたらと思います。

何も揃えるものがないのですが、幼稚園が始まる前までに身に着けるすべての物、持ち物に名前を付けることです。それと、お子さんに幼稚園とはどういうところなのか、実際にお子さんと散歩がてらこれから通う幼稚園を見せに行ったり、本を見せてお話するといいと思います。要は心の準備ですね。これは大切です。

それともう一つ、おむつが取れてないと入園できないと聞きますが、杓子定規に構えないことです。親が必至になって夏までになんとかしないとー!と髪の毛を振り乱して子供の脱オムツ!に取りかかるとお子さんにとって負担になり、悪循環です。

急げば回れです。ゆったりと構えましょう。

幼稚園でお漏らししても大丈夫、そのために着替えを持って行かせるわけですからね。

まとめ

2歳で入園を希望する場合は早めに申請することです。それ以外の方は書類をそろえて、期日までに申請すること。フランスの幼稚園は義務教育の範囲ではないですが、通うとなったらきちんとその幼稚園の規則を守って通わせることです。日本のように厳しいしつけや規則、集団行動を重視するようなことはあまりありません。どちらかというと園長先生や先生方はゆったりとしていて、子供たちが楽しんでお友達と行動を共にする場所になっているのが印象です。

お子さんと一緒にワクワクしながら新学期を迎えられるといいですね。

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

もとぴー
もとぴー

東京で知り合った仏人と遠距離恋愛の末、2004年にフランス語力まったくゼロで無謀に渡仏、2007年に結婚。3年間の不妊治療を経験し、半ばあきらめていた時に、オステオパシーにて自然妊娠!2011年に待望の男の子を出産。パリ郊外にてバイリンガル子育て中。好きなことTea Salon、読書、写真、音楽、食べること、ファッション、コスメ、雑貨など。無類のネコ好き。主人との会話は出会った時から英語。ゆえに、いつまで経っても私のフランス語レベルは園児と変わらない~


Filed under: ライフ, 妊娠・出産・育児

by

もとぴー

東京で知り合った仏人と遠距離恋愛の末、2004年にフランス語力まったくゼロで無謀に渡仏、2007年に結婚。3年間の不妊治療を経験し、半ばあきらめていた時に、オステオパシーにて自然妊娠!2011年に待望の男の子を出産。パリ郊外にてバイリンガル子育て中。好きなことTea Salon、読書、写真、音楽、食べること、ファッション、コスメ、雑貨など。無類のネコ好き。主人との会話は出会った時から英語。ゆえに、いつまで経っても私のフランス語レベルは園児と変わらない~