お役立ち, カルチャー, ライフ, 毎日の暮らし
comments 2

フランスでの洗濯のコツ、おすすめ掃除グッズ、洗剤あれこれetc(ふらんぽねーず座談会レポ)

ボンジュール!

フランス生活していると、当たり前すぎて人には聞けないこともたくさんありますよね〜

そんな日常生活のお悩みをテーマごとに解決できるふらんぽねーずのゆるゆる定例月1座談会が7月某日に開催されました。

テーマ:ぐうたらもデキる主婦もみんな集まれ!家事について語る。「洗濯のコツ、おすすめ掃除グッズ、洗剤あれこれetc」

参加者:8名

お掃除やお洗濯に関しての疑問を、フランス生活ベテランから初心者みんなが知恵を出し合って解決!とっても楽しい会になりました。さっそくレポートいってみよー!

お洗濯の悩み、ひどいシミにはどんな洗剤使ってますか?

IDEAL Mousse active détachant

引用:http://www.ideal.fr/37-mousse-active.html?search_query=detachant&results=13

気になる汚れにスプレーを吹きかけて、そのまま普通にお洗濯すればきれいに取れる!とおすすめをいただきました。泡タイプなのでよく落ちそうなイメージ!

ecover détachant

引用:http://www.ecoverdirect.fr/products/detachant-200ml-ecover/estainremover200ml.aspx?productid=estainremover200ml

こちらも上記のIDEAL mousse active同様に気になる汚れに直接塗って、普通にお洗濯できれいに落ちるそうです。どんな汚れにも対応しているオールマイティ。しかもBIOなので環境にも良さそう〜。

OXI Clean

引用:http://www.oxiclean.ca/fr/Products/oxiclean-versatile-stain-remover-powder/

アメリカ製のOXI Cleanは強力に汚れやシミを落としてくれるみたいです。日本でも購入可能だそうです。

カーペット、フロアリング、タイルなどの床掃除は?

フロアリングには衣料用ファブリーズ!

ええ?意外!と思うなかれ。フロア面積がそこまで大きくなく、かつ土禁のお家ではささーとスプレーしてマイクロファイバーのホコリ取りで磨けばきれいになるし、いい匂いがするしで一石二鳥というご意見。

ちなみにマイクロファイバーのホコリ取りは少し濡らして鏡やガラス面のお掃除にも便利です。

カーペットにはゴム手袋!

カーペットの奥の汚れは掃除機でも取れにくい。そんな時に大活躍するのがゴム手袋!ゴム手袋を装着してカーペットをなぞるだけで、静電気の力でゴミが集まってくるんだとか!この方法知らなかった。すごい!

ゴム手袋のお掃除方法はこちらに詳しく載ってました。すごいね〜

お風呂場のお掃除は?

カルキ取りにはCillit BangとANTIKAL

引用:http://www.cillitbang.fr/la-gamme/enlever-crasse-ou-calcaire/pistolet-nettoyant-surpuissant-crasse-et-calcaire/

テレビショッピングなどでも散々わざとらしいCMが流れていたのでCillit BANGの存在を知っていましたが、やっぱりいいらしいです。スプレーが泡になってカルキや水垢などきれいさっぱり落としてくれる優れものだそう。

引用:https://www.enviedeplus.com/maison/nettoyage/produit/antikal/antikal-febreze-nettoyant-anti-calcaire-avec-la-fraicheur-de-febreze

こちらANTIKALもフランスのしつこいカルキや水垢には効果覿面だそう!メタル部分もこれを使う事でピカピカになるそうです。ほえ〜でも環境には悪そうね。。。

お風呂場の黒カビにはRayonnor ANTIGERM

引用:http://www.rayonnor.com/desodorisants-insecticide-desinfectant/24-antigerm.html?search_query=antigerm&results=2

これは譲ってもらったものなので実店舗のどこで購入できるか分からないらしいのですが…上記URLからネットで購入可能みたいです。確かに店舗で売ってるの見た事ないかも。

お風呂場の憎い黒カビにはこれを布にとってさっと拭き取るだけできれいに落ちるらしい…すごい強力そう。。。確かに黒カビはしつこいし、見た目にもとっても不愉快だし、できればいなくなって欲しいですよね。

ちなみにわが家ではお酢+重曹で試しに黒カビ退治してみました。結果うすいものは割と落ちましたよ!根が深そうな黒カビには上記ANTIGERMぐらい強力なものでないと難しいのかも。

冷凍庫の霜取りは?

フランスの冷凍庫の霜はすごいんです!多分日本の冷凍庫よりも性能が悪く、霜ができやすいのではないかと思います。。。霜取り、みんなどうやって対応してる?

  • 中身を全部出して、電源を切りひたすら解けるのを待つ
  • 中身を全部出して、お湯をぶっかける。それでも解けない霜はガリガリと手動で壊す

え…ここまで画期的な方法を紹介してきたふらんぽねーずですが、霜取りに関してはそんな原始的な方法、笑?

後日霜取りの方法を調べてみると、ガリガリするのは冷凍庫を傷めて、穴ができた部分からガスが漏れる可能性があるのでおすすめはされてませんでした。やっぱり地味に待つしかないってことですかね。。。

霜取りに限らず、お掃除やお洗濯の裏技など、ここに出ていない画期的な方法をご存知の方はふらんぽんまでご一報ください!待ってます♡

ではまた〜

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜

投稿者プロフィール

ちーゆー
ちーゆー

ふらんぽんWeb担当。日本で仏人夫と知り合い、縁のなかったフランスの地で暮らすことに。フランス語ゼロの状態から語学学校を経て、現在は資格取得のためにフランスの職業訓練学校で勉強中。専門用語に悪戦苦闘してます。

趣味はおいしい物を食べること。何かを作ること。カフェ巡り。サイト作成、ブログカスタマイズなどできます。お問い合わせはこちらから。


2 Comments

  1. 在仏15年 says

    こんにちは。

    冷凍庫の霜とり方法あります。

    私がフランスに来た時に、当時のオブニーの掲示板で見つけていらい、ずっとこの方法でしています。

    必要な時間:15分~30分
    ①冷凍庫に入る大きさの鍋に、お湯を沸かす。
    ②冷凍庫の中身をだす。できれば冷蔵庫にうつすか、クーラーボックスに入れる。
    ③冷蔵庫冷凍庫の電源をきる。
    ④お湯の入った鍋を冷凍庫にいれる。
    ⑤15分~20分くらい待つ。(冷凍庫の大きさ次第)
    ⑥冷凍庫を開けると、軽い霜は解けているだろうし、大きな霜は、はがれやすい氷状になってるので、そのままはがす。このさい、剥がれた氷をいれる容器と、下にたれてしまった水滴をふくためにタオルを用意する。

    綺麗に霜や氷がとれたら、電源を入れて食材をもどす。

    *以前、冷却技師だった夫がいうには、絶対に絶対に冷凍庫内をガリガリしないでください、とのこと。超危険なことになりかねません。

    • ちーゆー
      ちーゆー says

      在仏15年さま
      コメントありがとうございます。
      冷凍庫はやっぱりガリガリしちゃいけないんですね〜
      危険と聞くと怖いです。

      確かに冷凍庫にお湯の入った鍋を入れてドアを閉じてしまうと解ける時間も早そうですね!
      今度はその方法でやってみます!
      ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です