ライフ, 妊娠・出産・育児
Leave a comment

フランスで無痛分娩体験~麻酔よ、ありがとう~

皆さんこんにちは

暑い暑いと言っていた夏ももうおしまい。過ぎてしまうと寂しいものですね。
さてさて、今年の5月に出産した私。
忘れてしまう前に、フランスでの出産事情、無痛分娩にフォーカスをしてレポートいたします!

自由に選べる無痛分娩

フランスでの出産のうち、約8割ほどが無痛分娩なのだそう。日本とは対象的に、無痛分娩が主流なんですね。
なんでこんなに気軽にチョイスできるかというと、何と言っても
無料!
だから。
無痛分娩というと、日本では一大決心を迫られる場面なのではないかと思います。
  • どうして無痛分娩が良いのか?
  • 普通と無痛のメリットデメリットは?
  • 無痛分娩を受け付ける産院は?
  • 費用の差は…?
などなど、たくさん考えて、決断をするようですね。
そして、無視できないのがそのお値段。普通分娩の金額に加え、さらに5~15万円ほどかかると聞きます。
この額、麻酔するためにと支払えるフランス人、少ないんじゃないかな!?爆
フランスでは、妊娠後期に麻酔科医との面談が全員必須です。その時に無痛分娩の細かい説明を受け、麻酔を使うかどうかの希望を聞かれます。
私はもちろん無痛分娩でしょう!って気持ちと、一度どんなものか麻酔なしの分娩も体験したい気持ちがあり、お医者さんとの面談時では決め兼ねていたため、その旨伝えておきました。

決めるのは直前

麻酔科医との面談時にはちょっと迷っていた私。
が!出産当日、産院についた時点ではもう心は一直線に無痛分娩に向いていました
い、痛い…!
出産経験のある友人などから「痛いんだけどね〜、忘れちゃうんだよコレが!」なんて聞いてたんですけど、
わたしゃ忘れないよ(怨)
さて、この出産当日、産院に到着した時、担当の助産師さんが来たとき、担当のお医者さんが来たとき…みんなに「麻酔、どうしますか?」って聞かれました。
決めるのはホント当日。
私の友人はずっと麻酔なしの宣言をしていて、お医者さん達から「さすが日本人ね〜」なんて言われたのに分娩台に上がって麻酔打つなら今が最後のチャンス!という時間になっていきなり麻酔をお願いした、と聞きました。

麻酔のお陰でまったり分娩に

私の場合は産院に着いてから麻酔を入れるまで4時間、そこから出産まで5時間かかっています。
麻酔を入れてからは陣痛が嘘のように感じなくなり、5時間の間何してたかって、

お昼寝。

夫と2人、子供を持つ前の最後の時間をまったり過ごしました。
でも麻酔がなかったら、ここからがどんどん陣痛が強く、間隔も短くなってくるところ。
いや、私にはムリです(~_~;)
しかも陣痛が一番キツイ所でいきめとか、正気の沙汰じゃありません。
麻酔があって良かった。麻酔、ありがとう!
ところで、本来であれば、赤ちゃんが降りてくる感じやいきみたくなる感覚は感じられるそうですが、私の場合、麻酔が効きすぎてしまったようで、なーんにも感じず言われるがままに踏ん張っていたら赤ちゃんが出てきた、という感じでした。
一方で、麻酔を入れても、分娩時に麻酔が切れてしまったとか、なぜか右半分は麻酔が効かなかった!とか、陣痛促進剤を入れたら痛みを感じるようになってしまった・・・なんて体験談も耳にしたので、100%麻酔効きます☆ってものでもないみたいです。

見直される自然分娩

麻酔無しの分娩は私にはぜーったいムリだわ。とまざまざと思い知った今回の出産。
知り合いの助産師さんにもその旨伝えたら、
「初産の人には麻酔なしはオススメしないわ〜。呼吸法も特別にトレーニングした方がいいし、心理的にも準備が必要だから。」と。
いや、日本じゃ麻酔無しがメジャーですけど?
改めて凄いな、日本のお母さんたち!!
聞いてみると、大変とは言え最近は自然派志向からか、麻酔なしのお産を希望する人が増えてきてるんだとか。
どんな方法であっても、母子ともに健康なら何でも良いんだと思います。
日本でも無痛分娩がもっと気軽に選べるようになったら良いのにな〜と感じた経験でした。

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします~♡

投稿者プロフィール

みきてぃ
みきてぃ

ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、猫一匹の3人家族。現在は近くの村のパン屋さんで働きつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中。自己満足を追求し楽しく生活する中でのあれこれをつづってみたいと思います。


Filed under: ライフ, 妊娠・出産・育児

by

みきてぃ

ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、猫一匹の3人家族。現在は近くの村のパン屋さんで働きつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中。自己満足を追求し楽しく生活する中でのあれこれをつづってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です