ライフ, 妊娠・出産・育児
Leave a comment

【フランス子育て体験談】フランスの慣らし保育ってどんな感じ?

 

ふらんぽねーずのみなさん、ボンジュール!

いよいよ街ではクリスマスマーケットも始まり、寒い冬にも楽しみができてウキウキしているRodyです。

10月初めに以前一度空きがないと断られた公立保育園から空きが出たとの連絡があり、11月から娘が保育園へ通いだしました。今回は現在慣らし保育中の娘の保育園での過ごし方をご紹介していきます。

フランスで保活の記事はこちら

【子育て体験談】フランスで保活やってみました! 

慣らし保育前の準備

まず園長先生から保育園の規約書を渡され、熟読してわからなければ慣らし保育開始までに質問してくださいと言われました。内容は契約時間や変更したい場合などの諸手続き関係、病気の時の対処など様々な事が書かれてありました。

また、持ち物の準備としては、ボディ、着替え上下、靴下のフルセットを2セット用意。体温計と解熱剤。これは保育園に常時置いておく荷物。その他に水分補給用の哺乳瓶とありましたが、うちの娘はストローマグで水が飲めるのでそちらを持参。毎日保育園で洗浄してくれるということでこちらも預けたまま。食物リストとして、今までどんな食べ物をあげたかをすべてリストにチェックをいれて園側が把握できるように提出。カルネ ドゥ ソンテ(健康手帳)のワクチン接種ページもコピーをして提出しました。

あと、子どもにもよりますが、ドゥドゥ(フランスの子どもたちが寝る時などにもっている人形など)やおしゃぶりを使っている子どもは保育園にも持ってくるように言われました。これは今までママと一緒だったのに急に保育園でママと離ればなれになるので、安心材料としてあった方がいいとのことだそうです。

いざ慣らし保育開始!

娘の通っている保育園は1階が赤ちゃんから1歳半頃までの子どもが10人程度で2階がそれより大きい子どもたち(3歳の幼稚園へ上がる前までの子ども)と分かれているため、親としてもこじんまりしていて保育士の目も届きやすいという印象を受けました。

最初の3日間は登園後30分ほど娘と一緒に園で過ごしました。初めての保育園でしたが、娘も他の子どもたちの興味津々!一緒に遊びたいけど、行ってはまたママの所に戻ってきたりを繰り返していました。30分後、楽しく遊び始めた娘が帰る私に気づきギャン泣き!保育士さんが、「お母さん、大丈夫ですからいってください!」と声をかけてくれましたが、後ろ髪を引かれながら園を後にしました。母も泣きそうだった...

保育園によって違うと思いますが、娘の保育園の慣らし保育期間は1週間から3週間程度。私は現在無職のため時間の自由が利くので、園長先生の勧めもあり、ゆっくりと慣らしていきましょうと3週間の慣らし保育期間で娘は通っています。

保育園での過ごし方

初めの一週間は半日のみ。朝連れて行ってお昼ご飯を食べ終えた頃にお迎えです。

午前中はお天気がよければお散歩に1時間程みんなででかけたり、お天気が悪ければ園で先生が手遊びをしながら歌をうたってくれたり、おもちゃでみんなで遊んだりしているようです。子どもが疲れていれば朝寝をさせるようですが、うちの娘は寝ないそうでお迎え時には疲れてふらふら状態になっています。泣

給食は基本野菜とタンパク質(肉や魚)のピュレ。家では普通に細かくしたものを与えていますが園ではドロドロの食事。まあフランスではこれがふつうなので仕方ないんですが、園で給食が作られているのでありがたく頂いています。デザートはコンポート。

おやつの時間までいる時の内容は、コンポート、プチスイス2個、小さめのガトーとまあまあしっかりとしたおやつを食べています。

午後から登園の日が1日あるのですが、ちょうどその日はプロのミュージシャンが歌を歌いにきてくれる日で、娘は楽しく音楽に合わせて踊っているという話を保育士さんから聞きました。

慣れてくると週に1、2回朝から午後3時まで預ける日がでてきます。

やっぱり病気はすぐにもらってくる

噂には聞いていましたが、慣らし保育1週間でさっそく胃腸炎に感染。下痢と嘔吐で1週間登園禁止命令を小児科から言い渡されました。それが回復して登園すると、多くの園児達が鼻水タラタラ...これ絶対移るよなぁと思っていたらその週末に微熱と咳、鼻水の風邪症状がでた娘。うーん、仕方ないですが、これで娘も免疫がついて強くなっていくんだなと看病疲れと自身も娘の風邪が移ってふらふらになりながら試練を受け入れています。

まとめ

いかがでしたか?ざっと娘の慣らし保育についてご紹介してきました。

娘の通う保育園では最近通い始めた子どもの保護者対象に保護者会が開かれて、園の様子を写真やビデオで紹介してくれたりと、私自身良い保育園に預けられてよかったなと思っています。園長先生も外国人である私に理解を示してくれて、保育士の先生方もゆっくりわかりやすく娘の様子を私に話してくれるので嬉しいです。

フランスで保育園やヌヌさんに預けられているふらんぽねーずのみなさんの様子もぜひ教えてくださいね!

投稿者プロフィール

Rody
Rody

仕事のため日本に住んでいた現在のパートナーと出会い、1年半の遠距離を経て2014年渡仏。パートナーとはPACS済み。2年間大学付属の語学学校でフランス語を勉強したのち2016年に女児を出産。現在フランスでの慣れない子育てに奮闘中。趣味はロッククライミング。


Filed under: ライフ, 妊娠・出産・育児

by

Rody

仕事のため日本に住んでいた現在のパートナーと出会い、1年半の遠距離を経て2014年渡仏。パートナーとはPACS済み。2年間大学付属の語学学校でフランス語を勉強したのち2016年に女児を出産。現在フランスでの慣れない子育てに奮闘中。趣味はロッククライミング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です