ライフ, 毎日の暮らし
Leave a comment

こんな年末もアリ?家族集合が大好きなフランス人が今年は集まらなかったワケ

ども、皆さまJoyeux noëlでした。今年のノエル(クリスマス)はいかがでしたか?
わたしはどーもこの時期がユーウツで・・・。なぜかというと、ノエル(時には大晦日も)、家族で集まるのだーい好きな義家族たちに数日間、囲まれまくるからです。
フランスに住んで過去2回これを経験してるのですが、どっと気疲れが押し寄せる、、、。

このしんどさを何とか回避しようと、こんな過去記事書いたり↓

何かと気疲れする年末年始・・・日本人妻が仏義家族から逃げる方法

またまた、フランス人ですらこの時期はユーウツなんていう記事もあったりして↓

この時期フランス人の7割を憂鬱にさせていること

まあ、日本人も年末年始に里がえりして親戚に囲まれるのやだなあ~って思うときありますよね。

んで、今年も覚悟してたんですよ!大人数の義家族に囲まれて、3,4日間義両親宅にて泊まり込みで過ごすノエルを!!「なるべく泊まる日数減らせないかな~」とか希望しつつ・・・。

そしたらなんと夫から、

「今年のノエルは1泊のみ、しかも私たちカップルと義両親のみ」

という意外な答えが!

は?なんで???

気合入れてた分、嬉しいとおり越してなんか拍子抜けしましたわ。

数々の事情が重なった今年のノエル事情

うちの夫には兄と姉がいてそれぞれのパートナー+子どもがいるので、我々と義両親を含めると、毎年大体10~12人くらいが一つの家に集まるのが恒例になってたのに、、、。

なぜ?と理由を聞いてみたところ、

兄― 現在ニューカレドニアに長期出張中。ノエルには戻れないため、今年は兄嫁が自宅に自分の親&兄弟家族を招待して過ごす、とのこと。

姉― 今年はパートナーの両親と過ごす。

※と言っていたら相手の両親の体調が悪くなってしまい、急きょ中止。結局クリスマスは姉カップルだけで過ごしたそう。

こういう事情が重なったため、我々だけが義両親宅に招待されたのでした。

しかもこの二組が遠方に住んでおり、義両親宅に来ると長めに滞在するため、合わせて毎回近場に住む私たちも長く滞在するんだけど、今回は我々だけしかいないので1泊泊まりでいいんだそう。

最初は拍子抜けしたけど、だんだん事情が分かってきたら「やった!」と心の中でガッツポーズしました。(笑)

クリスマス感ほぼナシ

というわけでノエル当日は、結構ひんぱんに顔見せしている私たちしかいなかったので、特にクリスマスっぽいかんじもなく、料理食べて、プレゼント交換だけして終わりました。

いや~ラクでよかった!!

☆☆

そういえば、習い事で一緒のフランス人女性(60代)に「今年のノエルどうするの?」と聞いたところ、
「ボルドーに住んでる娘のところに行くの。」
と言うので、てっきりノエルをボルドーで過ごすのかと思ったら、
「ボルドーに行くのは大晦日でノエルは特に何もしない。いつもと変わらない日を過ごすわ~。」と返ってきました。

意外!というのもわたし、フランス人は「ノエルは家族で過ごす」ということにもっと命かけてんのかと思ってたのです。(冗談半分、本気半分)

フランス人にだって色々な人がいるし、色々な事情があるんだろな

フランス人だからといってみんなが家族で集まりたいって思ってるわけではないし、色んな事情があるよな、と思った今回のノエル。あと、うちは田舎だから特に家族で集まる感が強いのかも、パリとか都会ではまた事情が違うのかな、と思いました。

ま、嫁の立場としてはむっちゃラクだったので、毎回これくらいライトなノエルだといいな~、と希望してます☆

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 本好きのふらんぽん読書会担当。  高校卒業後アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。 英語人生まっしぐら・・・と思いきや、  観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)  日本の知人、友人からは「なぜ英語圏の人と結婚しなかったの?」と言われ、がーん。  そして、大都会・東京から西フランスのド田舎に引っ越し、ギャップにクラクラ~。  現在フランス生活3年目、CDD初仕事を終え、現在は絵描いたり、スポーツしたり、のほほんな日々を過ごしてます。  ツイッターはこちら→ @ullaulala
Filed under: ライフ, 毎日の暮らし

by

ULLA

 本好きのふらんぽん読書会担当。  高校卒業後アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。 英語人生まっしぐら・・・と思いきや、  観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)  日本の知人、友人からは「なぜ英語圏の人と結婚しなかったの?」と言われ、がーん。  そして、大都会・東京から西フランスのド田舎に引っ越し、ギャップにクラクラ~。  現在フランス生活3年目、CDD初仕事を終え、現在は絵描いたり、スポーツしたり、のほほんな日々を過ごしてます。  ツイッターはこちら→ @ullaulala

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です