ライフ, 妊娠・出産・育児
Leave a comment

実際はどうなの?子連れ一時帰国―離乳食日仏比較編―

みなさま、ボンジュール!

だんだん朝晩冷えっとする日々が増えてきたフランスからちーゆーです。
すでに秋が近づいている。。。もうちょい夏をエンジョイしたいもんです。

さて、本日は0歳児連れで日本に一時帰国して感じた日仏の違い、離乳食編です。

まず飛行機の中で食べさせるためにフランスから少しの瓶詰めベビーフードを買って行きました。それでもあんまり食べてはくれなかったけど、涙。うちはミルクと母乳の混合育児なので、ミルクも最小限しか持って行かず。あとは全て現地調達の予定でした。

一時帰国当時、娘は7ヶ月になったばかり。バカンス中ってことでまだ1回食でした。本当は2回食始めたかったんだけど、娘の馴れない地で馴れないことはしない方がいいということで始めませんでした。

帰国中、実家に3週間お世話になったわけですが、それでも友人たちとの約束いっぱい入れちゃったし毎日毎日外出がメインだった一時帰国。娘も夫も私の予定に付き合わされて可愛そー、汗。でもかーちゃん楽しむのが目的だもん!いいじゃん!

実家に滞在していたので離乳食を作ることも可能でしたが、遊び呆けて作る暇なし!本当日本のインスタント離乳食には救われました。

日本の離乳食

とても助かったのはよかったのですが、添加物王国の日本、やっぱり離乳食にも色々入ってますねー、涙。気にしなければいいのだけどうちの夫はその辺神経質で、できれば無添加のものの方がいい!と。探したけれど、一般的なスーパーに売っている離乳食ってほとんど無添加のもの見かけませんでした。

日本で同じ0歳児を持つ友人にも聞いたけどやっぱりインスタントものは添加物入ってるのが一般的だとか。探せばありましたが、かなりお高い!じゃー作れよってことでしょうかね。。。

一方でメニューの豊富さはやっぱり日本さすがです。月齢別の顎を使うメニューでしっかりカミカミの練習をできる点はやっぱりいい!

フランスの離乳食

かたやフランスでは近所のスーパーでもオーガニックのピュレなんかは本当に手に入りやすいです。しかも価格もそこまでお高くない。その点はフランスの方が絶対にいい!と思います。

ただフランスでは割と長いことピュレ状の離乳食が一般的。顎を使う練習はいつになったらするんだろうか?我が家では市販のピュレ状のものに柔らかく煮た野菜とかお米を混ぜてあげています。(それでもなかなか噛まずにごっくんしちゃう娘っ子。いいアイディアあったら教えてください!)

いかがでしたか?
日仏どちらにもポジティブな点、ネガティブな点ありました。どこに重きをおくかで一時帰国時にフランスから離乳食を持って行くか、現地で調達するか決めるといいかもですね。しかし瓶詰めベビーフードは重いからできれば現地調達が望ましいんだよねー。日本でもう少しお安く無添加で安心できる離乳食(それにミルクも!)が手に入りやすくなるといいなーと思いました。

フランスから離乳食やミルクを持って行くか現地調達するかお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

それではまたー!

投稿者プロフィール

ちーゆー
ちーゆー
ふらんぽんWeb担当。
日本で仏人夫と知り合い、縁のなかったフランスの地で暮らすことに。
フランス語ゼロの状態から語学学校を経て、フランスの職業訓練学校CNAMでDéveloppeur de site webの資格を取得。
趣味はおいしい物を食べること、カフェ巡り。サイト作成、ブログカスタマイズなどできます。お問い合わせはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください