ライフ, 妊娠・出産・育児
Leave a comment

海外で日本語の本の読み聞かせ、乳幼児にオススメの6選

ボンジュール!秋の気配がいつまでも感じられないなぁと思っていたら急に寒くなったりで、調子が狂って惑わされているもとぴーです。みなさんはお元気でしょうか?

さていきなり質問なんですが、みなさんはお子さんに本を読んであげていますか?忙しくて疲れていると、寝る前に本を読んであげるってなかなか難しいですよね。
それにいつから読んであげるべきかとか、どんな本がいいのかとかいろいろ悩むと思います。

私の場合はといいますと、子供にはできるだけ日本語に親しんで欲しいというつよ~い願いと、寝る前の儀式というか、子供との日課を作りたかったのでブッククラブというものに入会し、読み聞かせを始めました。

ブッククラブや定期購読とは出版社などが良書を選定して安い価格で会員に提供し、毎月、子供の年齢に合った本が送られてくるというシステムです。

そこで今日は、私の勝手な思い入れで乳幼児にオススメの本を紹介しま~す!

 

「おつきさまこんばんは」 林明子 作 0歳~

 

引用 : https://books.rakuten.co.jp/rb/230103/

まんまるのおつきさま。せっかく出てきてたのに、くもさんに隠されてしまう。おつきさまのいろんな表情が見れるので、子供が好きになる本、間違いなしっ!

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

新品価格
¥864から
(2018/10/24 05:58時点)

「どうすればいいのかな?」 わたなべ しげお 作 歳~

 

引用 : https://books.rakuten.co.jp/rb/1764671/

こぐまが着がえようとしているけど、あれれ、なんかおかしいなぁ~?はくのかな?かぶるのかな?自分で服を着ようとけんめいなこぐまがかわいい。自分で着替えをしたくなるおこちゃまにはおあつらえ向き。

どうすればいいのかな? (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥972から
(2018/10/24 06:01時点)

「こぶたほいくえん」 中川季枝子 作 2歳~

 

3匹の子ブタの兄妹がいました。ある日、兄妹のわんぱくぶりにお父さんとお母さんは見かねて、保育園に入れることにします。初登園の日、お母さんと別れた子ブタの兄妹はどうなるのでしょう。「ぐりとぐら」で有名な大村百合子さんの絵がかわいい!

こぶたほいくえん (幼児絵本シリーズ)

新品価格
¥972から
(2018/10/24 06:02時点)

「ベッドのしたになにがいる?」 ジェームズ・ステイ―ブンソン 作 3歳~

 

2人の兄妹がおじいちゃんの家に泊まりに行きました。こわい本を読んでもらった後に物音やかべに見える陰でこわくなって、、ベッドのしたになにかいるの!とおじいちゃんに叫ぶふたり。「わしの小さい頃にも似たようなことがあったなぁ」とおじいちゃんの小さい頃のお話がはじまります。

ベッドのしたになにがいる?

新品価格
¥1,512から
(2018/10/24 06:05時点)

「こんとあき」 林明子 作 4歳~

 

こんはキツネのぬいぐるみであきがおばあちゃんにもらったもの。古くなってボロボロになったこんをあきはおばあちゃんの所に行って直してもらおうとします。電車に乗っての二人の冒険がはじまります。

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2018/10/24 06:06時点)

「おとなしいめんどり」 ポール・かルドン 作 5歳~

 

めんどり、いぬ、ねことねずみがある家に住んでいました。いつも、いつも働くのはめんどりばかり。おとなしいめんどりはみんなにも手伝ってもらいたいのに、だれもなにもしてくれません。そんなあるとき、、

おとなしい めんどり

新品価格
¥1,404から
(2018/10/24 06:07時点)


赤ちゃんは10か月ぐらいから絵本を楽しめると言われてます。同じものを読むようにせがまれることが多いと思いますが、繰り返し読むので大丈夫なんです。もし、絵本を選ぶときに迷ってしまったら、絵を見るだけでストーリーが分かるかどうかが決めるポイントになります。文字が読めない段階の子供には絵が物語ってくれると本に興味を持ちやすくなります。そして、何よりも大事なのは本は楽しいものだと教えることです。

うちの子に本を読む生活になって変わったことといえば:

①毎晩、寝る前に本を読んでくれとせがむようになったこと。

②生活の中で本のある部分を再現し、セリフをまねてみたり、日本語の表現が増えたこと。

いかがでしたか?読む時間はたかだか5分から10分で長い人生の中でほんの一時です。一緒に読むことで親子の絆が深まるでしょうし、親にとってはもちろんですが、子供にとっても忘れない思い出のひとつとして残るでしょう。みなさんもぜひ試して見てください。

 

投稿者プロフィール

もとぴー
もとぴー
東京で知り合った仏人と遠距離恋愛の末、2004年にフランス語力まったくゼロで無謀に渡仏、2007年に結婚。3年間の不妊治療を経験し、半ばあきらめていた時に、オステオパシーにて自然妊娠!2011年に待望の男の子を出産。パリ郊外にてバイリンガル子育て中。好きなことTea Salon、読書、写真、音楽、食べること、ファッション、コスメ、雑貨など。無類のネコ好き。主人との会話は出会った時から英語。ゆえに、いつまで経っても私のフランス語レベルは園児と変わらない~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください