ライフ, 毎日の暮らし
Leave a comment

バイリンガル教育で義兄家族と一悶着ありました!

ふらんぽねーずのみなさんボンジュール!

突然ですが、みなさんのご家庭でのバイリンガル教育、またはご家族との会話は何語でお話されていますか?

実は先日ちょっと義兄家族とバイリンガル教育について一悶着あったのです。そして結構悩んじゃったんですよね、娘との会話を何語で話すか。

今回はそんなRodyの体験談をご紹介していきます。

家族の集まる場所ではフランス語で!

ある週末のこと。義兄宅でみんなでご飯を食べるため集まりました。

長女が生まれてから徹底して娘との会話は日本語で、パートナーはフランス語でと言語を分けて話していました。今までそれに対して義家族からなにも言われたことがなかったんですが、先日到着するなりいきなり私に、「うちで集まるときは日本語を話さないでほしい。長女もマターネルに行きだして、いろいろ見て学んでと吸収する時期。あなたとあなたの娘が日本語で話しているとうちの娘もわかんないし、我々もわからないから娘に説明しようがない。とにかくフランス語でやってくれ!」と言われました。

突然のことでうまく反応できず、バイリンガル教育ってね、と話そうとしたけれど全然話聞いてくれない…。こういう時に限ってパートナーはその場にいなくて、とりあえずやってみるけどと勢いに押されてしまい、その日は娘とフランス語で会話することに。

なんで私が娘と日本語喋ったらダメなのー!と心の中で叫びつつ、フランス語で娘に話しかけるも反応薄すぎ!っていうか、母ちゃん何言うてるの?的な反応。そりゃそうですよね、まだ2歳の娘に今はフランス語で話しよーっていったところで混乱するのは目に見えていますから。

パートナーと議論

帰宅後、モヤモヤが収まらず、そして今日の出来事を知らなかったパートナーに報告。

私は義兄夫婦から一方的に言われたショックと、私と娘との言語である日本語を話すなと言われた悲しさが後から込み上げてきて泣きながらパートナーに訴えました。「なぜ義兄の娘のこと考えて私が自分の娘と日本語を話すのをやめないとダメなのよー!あっちだってうちの娘のこと考えてないじゃーん!」

パートナー曰く、義兄たちはそこまで深く考えずに言ったのではないかと。私もフランス語を話すし、娘もフランス語を理解しだしているので問題ないだろうと。周囲でバイリンガル教育をしている家族を知らないし、そういう知識がないからこれは一度ちゃんと話し合った方がいいねということになりました。しかし私もなんとなくでしかバイリンガル教育について知らないし、説得しようにも事例がない。そこで日本語の補習校で教えている知人に相談することにしました。

2歳から3歳にかけては一番大事な時

バイリンガル教育でこれが正解というのはないらしいです。ご家庭の方針によっても違うそうです。しかし言えるのは、ちょうど2ー3歳の時期は頭の中でママとは日本語で、パパとはフランス語でと言語の違いを分けている段階だとか。娘は日本語を理解していますが、返ってくる言葉はフランス語だったり日本語だったりと混ざっています。この時期に場所によってママが話す言葉を変えると子供は混乱してしまい、いったいママとは何語で話したらいいのかわからなくなるそうです。

以前友人から聞いた話ですが、日本人のお母さん(ご主人さまはフランス人)が娘との会話を小さい頃からフランス語と日本語を場所によって変えていました。しかし5歳くらいになって突然娘が喋らなくなったそうです。娘がお母さんと何語で話をしたらいいかわからなくて心を閉ざしてしまったという話を聞いいてから、私はこれだけは絶対やめようと思いました。

そして今回あらためてバイリンガル教育の現場でお仕事をしている知人から話を聞いて、私はやっぱりこのまま娘とはどんな時も日本語で話そう!と決心したのです!

姪っ子のフォローはどうするか

姪っ子は3歳なので、娘が姪っ子と遊んでいておもちゃの取り合いになることもしばしば。

いつもならまず娘に日本語で注意して、そのあと姪っ子にフランス語で一緒に仲良く遊ぼうねとか声かけしていたんですが、これだと娘と私になにが起こったか理解しずらいのではと思いました。そこで考えたのは、まず姪っ子にフランス語で「どうしたの?何があったの?」と声をかけてみる。話を聞いたあとに、「じゃあ〇〇(うちの娘)にも聞いてみるね。」と言ってから日本語に切り替えて娘と話してみる。最後に娘がこう言ってるけどどう?と姪っ子にまた声かけをしてみるという流れでやってみようということにしました。うまくいくかわかりませんが…。

最後に…

今回はわたくしの事例をご紹介しましたが、バイリンガル教育についてすごく精通しているわけでもないのでこれが絶対いいとか、それについて語ることは今回は敢えてしないでおきます。ただ、この一件があって、私自身在仏においてのバイリンガル教育についてじっくり考えるいい機会でもありましたし、義家族と話し合えることができてよかったと思っています。

みなさんのバイリンガル教育や家族との言語での悩みなどもぜひお聞かせください!

投稿者プロフィール

Rody
Rody
仕事のため日本に住んでいた現在のパートナーと出会い、1年半の遠距離を経て2014年渡仏。パートナーとはPACS済み。2年間大学付属の語学学校でフランス語を勉強したのち2016年に長女、2018年5月に次女を出産。現在フランスでの2歳差育児に奮闘中。趣味はロッククライミング、生花、茶道。
Filed under: ライフ, 毎日の暮らし

by

Rody

仕事のため日本に住んでいた現在のパートナーと出会い、1年半の遠距離を経て2014年渡仏。パートナーとはPACS済み。2年間大学付属の語学学校でフランス語を勉強したのち2016年に長女、2018年5月に次女を出産。現在フランスでの2歳差育児に奮闘中。趣味はロッククライミング、生花、茶道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください