ライフ, 毎日の暮らし
comments 2

『私が最近ハマりにハマっているもの』7

みなさん、ボンジュール!朝晩は冷え込むようになりましたねぇ。とうとう薪ストーブの出番がやってきましたよ。薪を取り込む作業は夫の役目と決まっておりますが、週末には私も駆り出されるのでどうやったら避けられるか考え中。

さて、ふらんぽん恒例のリレー記事『私が最近ハマりにハマっているもの』第7弾です。

じゃじゃーん!というほどのことではないのですが、どちらかというと地味かもしれませんが、お付き合いくだされ。

私の一番地味なハマりものそれは、、、ダーニング!

ダーニングってなに?ご存知の方もいると思いますが、英語のDarningです。

そう繕い物のこと。ちなみに、Darn という言葉はののしったり、強調する場合にも使えます。

Darn right!  まったくそのとおり!

Darn it ! ちきしょう!みたいな感じですね。

それはさておき、

針と糸って地味~

ちくちく縫うってやつでしょ?

と、ここでつまらないと思ってもちょっと待って!これって意外とハマるんですよ。

若い頃はちょっと破けた、穴が開いただけですぐにポイっと捨てていたわたしです。はい、なんでもお金で済むならそれで解決していた派。なのに、今頃になってしかも老眼になって針と糸でチクチクですから、人間ってどこでどう変わるかほんとうにわかりゃしませんよ、奥さん。ってことでよく繕うものは靴下とか、子供の下着やよくありがちなズボンの膝小僧部分とか。あとはセーターとかね。他の部分はまだまだ大丈夫なのに、そのちょっとした穴のせいで捨てるのはもったいない!このもったいない精神から始まったかも。あとはこちらの洗濯機って意外となのか普通に荒いというか、傷がつきやすいように思うのはうちだけでしょうか?けっこう荒らされて出てくる衣類やリネンたち、、かわいそうにのぅ。そんなこんなでかがる作業がけっこうある。

刺繍用の糸とか毛糸と針、それとこれ↓

引用 : mylifeinonehundredobjects.blogspot.co.uk

ダーニング用の木でできたマッシュルーム型。他にもたまご型とかあるようです。これで穴の部分を押さえながらチクチクとするとやりやすいんだとか。私はそこまでしてませんが、代用として古い電球を使ってます。でもなんか、ますます貧乏くさいからやっぱ型を購入した方がいいかも。

素材に合わせて糸の種類や色を変えたり、まったく違う色を持ってきてコントラストを楽しんだり。なによりも、これでまたこの物の寿命を延ばすことができ、エコロジーに貢献できた!という勝手な達成感ですね。

引用 : loveyourclothes.org.uk

 

ピアノ

うちにはもともと誰も弾かないのにアップライトのピアノがあります。夫が日本の質屋で購入し、船に乗せてドンブラコとはるばるフランスに渡ってきたピアノ。ピアノの代金よりも送料の方が高いっていう、、

誰も弾かなくてもったいないなあ、ってここでもまたもったいないな精神が、、幸い子供が大きくなったためか興味を示し、ちょうどピアノの先生が知り合いにいたということもあり、まずは子供がレッスンを週1で始めることになったのが、去年。子供が弾いているのを聞いているうちに私もやってみようかなぁという気持ちになり、同じ先生に習い始めて1年になりました。私はソルフェージュとかはとりあえず今は省き、いきなり、好きな曲、弾いてみたい曲から先生の見よう見まねでやり始めました。これがハマるのなんのって。もちろん、歳を取っているので覚えは悪いんです。でもね、基本的に繰り返し練習することが苦にならない。意外と集中して練習することができたことに自分でも驚きの発見。

最初の曲目はシューマンの見知らぬ国と人々について『子供の情景』

今はヘンデルの『Sarabande』

指の動きが難しくってこの曲を作ったヘンデルさんはいったいどういう頭の構造をしていたのか気になります。そろそろ少しずつソルフェージュをしようかと考え中。ジャズとか弾けたらかっこいいなぁなーんて思ってます。

以上、もとぴーの最近ハマりにハマってるものでしたー。時間はどんどん過ぎていくので、考えていても始まらない!行動するのみ!とつくづく実感する今日この頃。ぜひぜひみなさんもなにかを見つけてやってみるのはどうでしょう。意外とハマってしまうかもですよ。それではまた~

投稿者プロフィール

もとぴー
もとぴー
東京で知り合った仏人と遠距離恋愛の末、2004年にフランス語力まったくゼロで無謀に渡仏、2007年に結婚。3年間の不妊治療を経験し、半ばあきらめていた時に、オステオパシーにて自然妊娠!2011年に待望の男の子を出産。パリ郊外にてバイリンガル子育て中。好きなことTea Salon、読書、写真、音楽、食べること、ファッション、コスメ、雑貨など。無類のネコ好き。主人との会話は出会った時から英語。ゆえに、いつまで経っても私のフランス語レベルは園児と変わらない~

2 Comments

  1. 光永 奈緒子 says

    いつも楽しく読ませていただいてます。リヨン在住の奈緒子と申します。来てから3年目。英語は相手が言ってることがある程度わかる、フランス語はあいさつと買い物が出来る程度です。私もフランスに来て穴が空いたくらいでは服を捨てなくなりました。特に5本指のソックスこちらではなかなか買えないので繕ってます。修理ができるのなら刺繍もできるかも、それにワンピースも縫えるかもと持ってる服を参考にあーでもないこーでもないと思考錯誤しながら楽しんでダーニングしています。マッシュルームなかなかみかけません。私も欲しいと思ってます。洗濯は最近知り合いのフランス人から聞いて温度30度で大きなネットに全部入れて洗ってます。これだと傷まないようです。おためしあれ。楽器も部屋にピアノとテルミンがあるのでひけたらたのしいだろうなあと時々トライしています。時々ではなく毎日弾かないと上達はしないんでしょうね。長い感想で申し訳ない。

    • もとぴー
      もとぴー says

      奈緒子さん、こんにちは!ふらんぽんを読んでくださり、そしてコメントをありがとうございます。奈緒子さんも五本指ソックス愛好家、←(勝手に決めつけてる)そして、ダーニングをやってらっしゃるということで、仲間がいるとわかると嬉しく思います。やはり、五本指ソックスをホイホイと買えない環境にいるが故に「修理」ができるのならと思って始めるんだと思います。洋服が縫えるかもという発想がすごいですよ。私はまだまだその境地には立ってませんが、このフランスでもダーニングを広めることができればいいなあとは思います。マッシュルームははやり通販か日本に帰ったときにしか買えないかもですね。洗濯のアドバイス、ありがとうございます。この夏に日本に帰ったときに多めに洗濯ネットを買ったので、入れれる洗濯ものはすべて入れて次回は洗濯機を回そうと思います。ピアノがあるんですね!ピアノを弾くと没頭できるからいいんですよね。なんかたくさん共有できるものがあってうれしいです!それでは、またふらんぽんをどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください