お役立ち, カフェ・レストラン, カルチャー, グルメ, 恋愛, 旅行, 結婚

手厚いおもてなし!フランス流結婚のお祝い(前編)

みなさまボンジュール!

レンヌ市庁での結婚式を今週末に控えたプレ花嫁(→言ってみたかった)ドリーです。

さっきまでULLAの記事を読んで当日の手順をチェック!

とりあえず指輪は忘れないように玄関の前に置いてきたところです(笑)

さて表題の件。

超スピード婚ながらもご祝儀を頂いた日本の友人へ、何かフランスのお土産を贈ろうとお買物へ出かけた日のこと。

カートに入れる品物の数と値段を見て驚くフィアンセを横目に、

私:「日本では結婚のお祝いって言うと現金で頂いて、後で半分お返しするのが一般的なの。」

と、説明すると、

彼:「え!?なんで半分返すの?だったら最初から半額を貰うんでよくない?」

と、まぁなんとも御フランスらしい合理的なご意見を頂戴しました。

言われてみれば、確かに少し面倒な日本のお祝い文化。

対してフランスは、自分があげたいものを見返りを求めず贈って、受けた側も必ずお返ししなければいけないような慣習はないとのこと。

そんな自由な感じなら、決まり切った日本の半返し文化には当然ハテナ?になりますわな。

 

お互い新たなカルチャーショックを受けた数日後、フィアンセのお友達(カップル2組)から独身最後となる週末は空けておいて〜と連絡が。

内容は完全サプライズで、「10amに迎えに行くから動きやすい格好で準備しといて」との情報だけ与えられた私たち。

どこで何をするのか期待と不安が募る数日を過ごし、迎えた当日。

車に揺られること小一時間で、着いたのはナポレオンが愛したと言われる牡蠣の名産地カンカル!

初めは、「わーぃ!牡蠣がいっぱい食べれるー♡」と思って既に幸せ絶頂(→簡単)だったんですが、実はその後想像を超えるお祝いプログラムが準備されていたんです!

ちょースーパーtrès gentilなお友達4人が入念に計画してくれたフランス流ご祝儀は以下の通り。

1.海辺を散策

もちろん最初はコレ!

私にとっては初カンカルだったので、目新しいものはたくさん!

レンヌとはまた違ったブルターニュの一面を見れて新鮮なひととき。

なぁんだ!こんなゆるい感じのお出かけなら、サプライズにしなくてもよかったのに~。

なーんて甘く構えてとりあえず写真を撮りまくる☆

2.レストランでお食事

なんたって海の幸!

人気のお食事処で、牡蠣、ムール貝、地元のお魚&デザートはFar Breton(ブルターニュのケーキ)を賞味。

美味しいワインも頂いて、もうたらふく満腹!ごちそうさまでーす!

動けないくらいにお腹いっぱいだし、ちょっとゴロゴロしたいかも~・・・なんて怠惰な考えがよぎったところでレストランを出、駐車場まで向かう一行。

他の場所に行くorレンヌに戻るのかな?と思いきや、、、

3.ビーチで◯◯ごっこ

トランクからゴソゴソとおもむろに大きなバッグをいくつも取り出し海に向かう友人4名。

ビーチでシートを広げ出したので、あぁ海辺でまったりピクニックね~♬と思いきや、、、

ポータブルスピーカーから聞こえてきたのはなんと!!!KOH-LANTAのテーマソング!!!!

えーーーーー!?!?!?

メンバーみんなこの番組大大大好きで、私も毎週欠かさず見てるけど、でもこんな平和なビーチで本格的サバイバルゲーム!?!?!?

と、不安になったのも束の間、用意してくれていたのはとーってもシンプル且つめっちゃ盛り上がるチーム対抗戦。(ホッ)

身近な道具で本当によく練られたゲームだったので、何かの折に内容ご紹介出来たらと思っております。

KOH-LANTAファン必見ですよ☆

お楽しみに♪

4.おやつの時間

アウトドアと言えば、行っても野外フェスくらいなインドア派の私も、Koh-LantaごっこでキャッキャはしゃいでテンションMAX。

全5試合を終えてホッと一息。

すかさずサーブしてくれたのは手作りのマドレーヌとガトーショコラそしてシャンパン。

あんな手の込んだゲームの構成だけでも時間かかっただろうに、更にお菓子まで作ってくれたなんて・・・。

頭が下がる思いです。

酔いも手伝って、「果たして今までこんなに誰かのためを思って時間やら労力を尽くしたことがあっただろうか?」と自問自答する域にまで到達。(笑)

他力本願な人生を送ってきた怠け者には、勿体無いほど手厚いフランス流バチェロレッテパーティ体験。

まだまだ続きます。

 

後編へ〜!A bientôt!

 

✴︎Instagram✴︎  実際のKOH-LANTAゲームw  Abonnez-vous♥︎↓↓↓

#ビーチでゲーム #kohlanta 🔥

A post shared by Dolly🇫🇷 (@franponaisedolly) on

投稿者プロフィール

ドリー
ドリー
仏人の彼(現夫)と、東京で出会って2ヵ月で婚約&渡仏を決意した向こう見ずな34歳。
大学時代に何気なく履修した仏語クラスは落第寸前だったが、移住を機にDELF挑戦予定。
ファッション、音楽、ダンスをこよなく愛す元パーリーピーポー。
「いつかスーパーサイヤ人か麦わらの一味になる!」と夢見る超親日な夫と、レンヌで新生活が始まりました。
✴︎Instagram✴︎ ➡︎ @franponaisedolly