恋愛, 恋愛
comments 2

お戯れもほどほどに、男子にハマっている女子へ ―Yちゃんのお話3―

ふと思い出いだした2014年の夏の心配事。

2014年の夏にYちゃんと出会ってから、時間たつの、ものすっごく早し!!

いよいよワーホリの期限である2015年の夏へ。

(ちなみに、この頃のぼるみは、、Parisを離れ、夫と生活を共にしておりました。)

Yちゃんのお話―は、現在、男子にハマっている女子のあなたに、ノンフィクションでお届けしていたしておりまーす。

そんじゃー、わーぷ!!かもぉーん。

Yちゃん壊れる

 

Yちゃんのワーホリ期間も、残り6か月を切り、

さすがに、彼に対しての不安感が目覚めたよう。

「私はこの人との結婚は違うと思う。。。彼は今だけなのかも。別れるかも。」

 

ぼるみは、Yちゃんは、このフランス彼を見限りることが、出来たのだと思った。。。

んが!

ワーホリの期限が3か月を切ろうとしている頃。

「彼は、やっぱり私と結婚したいって。結婚、考えていこうかなと思う。」

「お金も持ってるわけじゃないのに、しかも子持ちで、私と結婚なんて、信じられない。」

「私と別れたくないらしい。私の前で泣くの。どうしよう。」

 

ぼるみ→Yちゃんは、彼と別れたいのか、一緒にいたいのか????

Yちゃん、言っていることが支離滅裂だぁーーー。

 

なんだか、ぼるみには、Yちゃんの焦りや不安、彼を信じたいという、まとまりつかぬ気持ちが伺えったのだった。。。

Yちゃん帰国へ

 

ワーホリの期限が1か月を切った頃。

「結婚はせずに、帰国することにしたの。でも、彼は私と結婚したいって言っている。。。」

2015年の夏、

結局、Yちゃん自身はどうしたいのか?

答えを出せず、帰国まで、フランス彼との付き合いをダラダラ続け、帰国しちゃいました。。。泣

2015年、その年の冬、

帰国したYちゃんに、ぼるみは日本で会うことに。

「彼(ワーホリ中のフランス彼)が来年、私をむかえに来るって。」

 

 

なんだか、ぼるみには、Yちゃんが、またまた不安交じりに話してくれているような気がした。。。

 

もう!(このフランス彼が)どんな奴か知ったこっちゃーないが、

真剣なら、はよむかえに来たってーーーーー。

遊びなら、はよ解放したってーーーーー。

そんな思いがこみ上げてきたのを思い出します。。。

その後は、Yちゃんから、ぼるみへの連絡は一切ありません。

ぼるみは、そんなYちゃんをそーーーっとしています。

 

Yちゃんのぶっ飛んだ一年

 

いかがでしたか?

今回で、―Yちゃんのお話―は完結です。

Yちゃんのその後は、皆さんのご想像で。

 

ココで、

Yちゃんのぶっ飛んだ一年の重要語?をざっとまとめます。

 

Yちゃんのお話1

彼と出会い、結婚を考えた付き合いが始まる

コ○○ン(白い粉の毒)パーティー

裸とサウナと黒人

ごむ(コンドーム)

不動産の家でウホウホ

 

Yちゃんのお話2

Yちゃん一段と細身化へ

仕事とセックスの日々

膀胱炎

性器ヘルペス

 

―Yちゃんのお話3―

彼への不安感

Yちゃん発言、支離滅裂

彼と付き合い続行にて、帰国へ

 

こんな感じでしょうか?

幸い、Yちゃん曰く、ワーホリ期間中の旅行客アシスタントのお仕事はしっかり終え、帰国後は、得意の英語を活かし某有名ホテルへ就職しているそうです。←ふぅー。

 

んでも、んまぁまあ、まあまあまあ。

渡仏目的も達成だし、今、この時、この瞬間、Yちゃんがハッピーでいるのなら。。。

(ぼるみ想像の中)よしかぁ?。。。

 

だが?だがよ?

聞いているだけの話なので、確信がつけず、かなり曖昧にはなっておる部分もありますが。。。

このお話。。。

 

なんじゃいぃ???

アジア女性の体を狙った、新手の結婚詐欺かっ???

ワーホリなら、期限も決まっとるし。。。

イヤ!!!とはっきり言えない女性をねらっとんのか???

とも、思ってしまっている、ぼるみです。

 

 

今を時めく、ふらんぽんねーずのみなさーん、二度と来ない2018年(の夏)を楽しむのは、思う存分楽しいんで欲しいと思いますが、どうか、どうか、どうか、ほどほどに。

もう、夏終わったなーーー。はは。笑

―Yちゃんのお話―が、男子にハマっている若い女子たちへの、危ない橋を渡るブレーキに少しでもなれれば。。。と、ぼるみは思っています。

―Yちゃんのお話1,2、3― 完結。

 

はーい。ぼるみでした。おぉーばー。

投稿者プロフィール

ぼるみ
ぼるみ
家族の事情のため2014年に渡仏するまでは、医療界に従事。2年間程の滞在のはずが、language exchangeで今の仏彼にたまたま出会い、PACS(2016年11月)へ。同時に、本気の仏語学習開始。2017年、eコマース界へ。ちっちゃな会社のService clientèle最高責任者、人材育成、商品広告担当ぽっいのに属している。ぼるみは、1、面白そうなことが好き。2、やるときはやる。3自由を好む。だいたい、この3要素で出来ている。かなりのマイペースで、大の動物好き。
Filed under: 恋愛, 恋愛

by

ぼるみ

家族の事情のため2014年に渡仏するまでは、医療界に従事。2年間程の滞在のはずが、language exchangeで今の仏彼にたまたま出会い、PACS(2016年11月)へ。同時に、本気の仏語学習開始。2017年、eコマース界へ。ちっちゃな会社のService clientèle最高責任者、人材育成、商品広告担当ぽっいのに属している。ぼるみは、1、面白そうなことが好き。2、やるときはやる。3自由を好む。だいたい、この3要素で出来ている。かなりのマイペースで、大の動物好き。

2 Comments

  1. ベレニーチェ says

    物語の完結編を読み終え、なんだかすっきりとしませんでした。
    海外に飛び、どんだけこういう例の日本女子がいるんでしょうかと思いを馳せます。。全てが違う常識の中、日本を脱出して心が弾けてしまうのかもしれませんね、若さと供に。
    痛い思いは自身で体験するしかありません。体験して学べばいいのでしょうが、懲りずに繰り返す人も多しだと思いますね。。
    本当の意味で、素敵な国際人、大和撫子を目指したいものです。

    • ぼるみ
      ぼるみ says

      ふらんぽんを訪問してくださり、ありがとうございました。
      そうですね。
      今回の記事には、読んでくださった皆さんは、同じ日本人のお話なだけに、ベレニーチェさんのように思いを馳せられた方は他にもいると思います。

      >痛い思いは自身で体験するしかありません。

      本当にその通りですね。若気の至り程度で済ませれたら、まだ良いのでしょうが。。。
      私のこの記事を読んでくださった同じような状況(いない事を願いますが。。。)の方が、少しでも最悪の状況を自己回避できますように。。。そうお思っています。
      最後にベレニーチェさん、私の記事を読んでくださった事、ご感想を下さった事に感謝いたします。
      今後とも、ふらんぽんを宜しくお願します。(#^.^#)ぼるみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください