学び, 自分磨き
comments 4

フランスで資格取得!ディプロム主義のフランス社会で働くために

 

秋の気配を感じるパリ近郊からこんにちは、ちーゆーです。

秋ということは、おフランスでは新学期の始まりです。バカンスで遊びすぎた大人も子供もバック・トゥ・ノーマル・ライフって訳ですねー。

かくゆう私も職業訓練所での新しい学期が始まります。

というわけで、今日はディプロム社会フランスで望む仕事を見つけるために、資格取得を目指している私が、フランスの職業訓練所とはどーゆーところかというのを解説したいと思います。

まず、なぜ資格取得を目指す様になったかというところから。日本ではこれといった資格も経験もない私。フランスに移り住んでフランス語もようやく話せる様になってきて、さあ、仕事は何をしよう?

海外で暮らしていると、手に職があるというのはとても重要だと思っていたし、専門分野を持っているのは強み。万が一フランスの地方や日本に引っ越したとしても、すぐに職を見つけることができるだろうし。と漠然と思ってはいました。

でもどんなことがしたいか自分の中ではっきりと分からないままでした。

そうこうしているある日、あるきっかけから現在勉強しているWeb関係の仕事に興味を持つようになりました。と言っても、興味があるだけで、日本での経験もゼロ、各ソフトの使い方も全然分からない状態。さーどうしよう!

最初は日本の通信教育でソフトの使い方や仕事の流れなどを学び始めました。日本はこの職種に関して特に資格を必要としてないので、このままオンラインで勉強をすすめて、将来的に日本とフランスの遠隔で働くしかないかな〜と何となく感じていました。

フランスは失業率も約10%と高いし、まして外国人が望む仕事に就くにはかなりハードルが高いということもうすうす感じていましたから。

Web業界にいたフランス人からは、フランスで働くにしても、日本と遠隔で仕事をするにしても、少なくとも資格取得を目指した方がいいと言われました。そこでたどり着いたのが『職業訓練所に通う』という選択肢。

フランス語ではformations professionnelles とかで検索すると色々私立から公立の学校が出てくると思います。

で、私が選んだのはConservatoire national des arts et métiers 通称CNAMクナム という学校です。

CNAMは国立の職業訓練所であるということと(授業料がかなり安い)、有名であるってことが選んだ理由です。まあ有名=優れているとは限らないけど、安くて有名なんて、ありがたい!

ちょうど大学と同じで2セメスターに分かれていて、私が通い始めたのは2014年度後期からでした。料金は希望する資格にもよりますが、私の場合は1単位100ユーロ以下でした。ただ年度始めに登録料150ユーロを納める必要があります。金額は各資格やディプロムによって異なるので、要確認です。

学期末に行われるテストで満点(フランスの満点は20点)の少なくとも半分を取れればその科目の単位は取れたことになります。追試もあるので最初のテストでしくじっても巻き返し可能です。

で、カリキュラムを終了したらCertificat資格がもらえます。資格によっては、その後やってみたければ3ヶ月のスタージュもできます。そして晴れて就職!

実際に通ってみて思ったことは、私と同じ様に外国人もいっぱいいるということ。フランス語がちゃんと分かるか不安だったのですが、フランス人同士でも分かってない人もいて、外国人だからと引け目に感じる必要はないな、と実感(笑)でも100%授業を理解できる訳ではないので、ヴォイスメモで全て録音しました。これは結構役立ちますよ。

授業に関しては、日中働いている人のために夜間の授業がベースですが、昼間やっているものもあります。年齢層はバラバラです。失業した会社からお金を払ってもらって来ている人もいれば、congé sabbatique と言って、休暇年度(一定期間会社務めしていて、条件を満たしている場合もらえる個人的な目標実現のための休暇)を利用して来ている人もいました。

仲良くなった40代 ?のマダムに、授業を受けるきっかけを聞くと『maintenant ou jamais ! (今しかないから!)』と言っていました。確かに今やらないでいつする!ですよね。

いかがでしたか?日本でしていた仕事とは全く別の分野で、長く続けられる職を新たに始めるために、遠回りかもしれないけど資格取得という選択肢もあってもいいのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

ちーゆー
ちーゆー
ふらんぽんWeb担当。
日本で仏人夫と知り合い、縁のなかったフランスの地で暮らすことに。
フランス語ゼロの状態から語学学校を経て、フランスの職業訓練学校CNAMでDéveloppeur de site webの資格を取得。
趣味はおいしい物を食べること、カフェ巡り。サイト作成、ブログカスタマイズなどできます。お問い合わせはこちらから。

4 Comments

  1. 中野明音 says

    はじめまして。中野明音(なかのあかね)と申します。主人(日本人です)との結婚をきっかけにパリ(実際には一駅外に出たレリラという町ですが)に移住し、間も無く1年が経ちます。
    大変参考になる記事、ありがとうございます。フランス語が全くゼロの状態で移り住み、すぐに語学学校へ通いはじめてなんとか日常会話が出来る程度までにはなってきました。
    わたしも同じくweb業界に興味があり、いまちーゆー様が通われているような学校に行くか、パリのwebデザインが学べる専門学校に通うか、迷っております。
    語学も同じように伸ばすために10代の子に混じって(当方今年で29歳になります)どっぷり専門学校がいいかと考えておりますが、費用がかさむのも事実です。
    将来的にはそれを糧に就職出来ればと考えております。
    もし可能でしたらアドバイスいただきたいと思い、コメントをさせていただきました。
    正直なところ、主人は専門学校が良いと考えております。やはりweb業界となると移り変わりが早く、若い子に混じっての方がいいのでは?という点。そして、私にはフランス人の友人と呼べる友人がほぼいないため、その点において専門学校の方がよりフランス社会に馴染むためにもいいのではと考えているからです。
    突然長文にて申し訳ありません。もしお時間がありましたら、ご連絡頂けますととても嬉しいです。
    よろしくお願い致します。

    • ちーゆー
      ちーゆー says

      明音さん、コメントありがとうございます。web業界をご希望なんですね〜
      アドバイス的なことをできる立場ではないですが、ご自身がどこを目指しているかが学校を決めるポイントかと思います。
      デザインを専門にしたいのか、それとも技術の方がメインなのか。フリーランスをやっていくならある程度技術の事を学ばないと難しいと思います。
      会社に入るならフランスは分業制ですのでデザインだけでもやっていけるかもしれません。
      私は『どちらもできる人材』となれればいいな〜と思ってCNAMに決めました。私が受けたCNAMの講座は技術メインのカリキュラムです。デザインも基本は学べますが、デザイン学校ほどではないです。
      補足的に日本のオンライン学校などでデザインの講座を受講しています。あとはフランス語もやっぱり難しいので、強い意志を持って取り組むって大事な事かもしれません。
      参考になれば嬉しいです。お互いに頑張りましょ〜

      • 中野 says

        ちーゆーさま、ありがとうございます。
        具体的なご返信をいただき、感謝です。そして何が自分にとって必要なことかよく考えて決めようと思っています。
        日本語でも難しい分野であるのに、フランス語では本当に難しいことだと思いますが、新たな挑戦と思って頑張ってみようと思います。でもちーゆーさまのように先駆者がいらっしゃるととても励みになります!
        これからも記事楽しみにしております!

        • ちーゆー
          ちーゆー says

          難しい事もあると思いますが、お互いに頑張りましょ〜♪
          応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください