学び, 自分磨き
Leave a comment

フランスでは英語もできた方が就職に有利!? 私の英語勉強法②

 「フランスでは英語もできた方がいい」というコンセプトからの英語学習法の紹介記事パート2です。

 さあ、いってみよう!

英語の本を読む
英語力をキープできている帰国子女は読書家が多いそうです。確かに本は繰り返し同じ単語が出てきたりしますから、語彙が増えやすいです。
でも、内容が面白くないと読めないので、気軽に読めるものがいいと思います。
あと、フランスだと日本語の紙本を探すのは大変ですが、英語なら大きい書店などで手に入りやすいはずです。
中でも私は映画原作をお勧めします。理由はズバリ(?)映像で見てから原作を読むとストーリーが分かりやすいから!

例えば、『お買い物中毒な私』とか。分厚いんですが、コメディですごく面白かったです

Confessions of a Shopaholic

最近これの次作品を読み始めました。英語力キープのため。読書って読み始めてから面白く感じるまで助走が必要なところがあるし、いつ終わるか分かりませんけどね・・・。

ネットで英話のパートナーを探す
 他の言語と同じように英語は使わないとスキルアップしませんので、国際交流サイトを利用するのもアリです。
 メール交換したりスカイプで会話することにより、英語に慣れて話したり、書いたりすることがラクになってきます。
 ただ、注意してほしいのは、サイトによってはいくら「英語の勉強のため」とプロフィールに書いていても、ものすごい数の変なメールが来ることがあります。(※特に女性の場合)
 不快なものは無視してパートナーを探してみましょう。同性がおすすめです。

英語圏の国へ旅行
 英語圏の国へ行くと必然的に英語で話します。
 私は先日ロンドンへ行ってきたのですが、飛行機の中でも街中でも色々な人と話しました。
ねらい目は飛行機の中です。運がいいと隣の人がすごくフレンドリーで積極的に話しかけてくる人だったりします。
 ロンドンのときも隣のイギリス人男性(奥様がアジア人)がアジアに興味があり、フライト中ずっとアジア文化や仕事のことなど色々話しました。
 他にも地下鉄で乗り場を訪ねた女性と偶然行先が一緒で目的地まで話し込んだり。
 
言語は使ってなんぼですから、その環境に身を置くことも必要です。
 
(おまけ)『たった2週間で英語がペラペラに?!』のような教材を使う。
 ネットには怪しいものが氾濫していますが、口コミでいいと思われるものを探すのもアリです。
 こういうのって結構高価なので「払った分だけ元を取ろう!」とか思いますよね。
 その意気込みが必要な人はやってみてもいいかもしれません。ちなみにうちの親は今さらながらスピードラーニングに申し込みました。まだ始めたばかりなので、結果はこうご期待ですが。
 ちなみに私は自分で合うものを探りながら学習するのが好きなので、こういうのを利用したことはないですが、要は合うか合わないか、です!

 これが好き、という学習方法があるとはかどりますね。私はディクテーションが結構好きです。

 自分に合った学習方法を見つけて仏語も英語もどちらも上達をめざしましょう♪

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 フランス西部の小さな町在住。
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。
 その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。
 フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)


 
Filed under: 学び, 自分磨き

by

ULLA

 フランス西部の小さな町在住。  高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。  その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)  現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。  フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください