学び, 留学
Leave a comment

私が語学習得のために心得ていること

 こんにちは、ULLAです。いま、移民局の語学学校に通っています。

 1日中フランス語聞きっぱなしで学校が終わるとどっと疲れが・・・。(汗)
 それでも移民仲間の友人もできておしゃべりするのも楽しいし、先生も気さくな親しみやすい方なのでそれなりに充実しています。

 そんなフランス語学習中、心得にしていることが。 それは「失敗を恐れない」ということ。

 本当はフランスでの例を出したかったのですが、私にとって最初の言語習得が英語でしたので、どうしてもそっちがベースになります。(なんせまだ青~い多感な時期の経験・・・)

 というわけでアメリカでの体験から書きたいと思います。

アメリカと日本の教え方が正反対だった

 日本の学校教育って、例えば100点中90点取ったとしても「すごい」というよりは「なんで10点取れなかったんだろう。」という不足に注目する感じが多くありませんでしたか? 今は違うのかな?
 私が義務教育のときはそうでした。だから10代のときは「完璧でないといけない、失敗がこわい、恥ずかしい」という自己防衛が非常に強かったです。

 そんな私が渡米してすぐ、大学でまず付属のESL(English as a Second Languageの略:英語を母国語としない人のための英語教育クラス)に入りました。

  そのときの担当は大柄なハンサムボイスのヒッピーみたいな先生で、クラス初日に我々留学生にこう言ったのです。

 「君たちがこのクラスで一番すべきこと。それは間違えることだ!」

?! びっくりして、目を丸くしていると、

 「間違えないと僕は君たちがどこを分かっていないかが分からない。
人間は失敗しながら学んでいく生き物だ。怖がるな!どんどん間違え、どんどん学んでいくように!」

と続けました。まさに日本とは正反対の意見!そのとき私は「間違えてもいいんだ~・・・」とちょっとホッとしたのを覚えています。

 怖がっていようがいまいが、語学に失敗はつきもの

 かといってそれで「失敗を怖がらなくなった」というわけでもなく、やっぱりめっちゃ怖かったです。(笑) 大学正規クラスに入ってのプレゼンとか、私の拙い英語でプレゼン内容がネイティブに通じるのか超ドキドキしたり。
 また、怖がっていようがいまいが失敗はするものです。

 論理法を間違えて、論文の成績がめっちゃ悪くなってしまい、慌てて教授に「もう1回書き直させてくれ~」って頼みに行ったり。

 学長との懇談会で質問したら、公衆の面前で学長から質問の間違いを指摘されたり。あれは当時恥ずかしかったし焦った・・・。

 そして、社会人になってからも同僚の欧米人が「明日コンサートで演奏する」というので、本当は「Break a leg!(成功を祈るよ!※足が折れるくらい何度もカーテンコールがありますようにという意味)と言うつもりが「Break your leg!と言ってしまい、同僚から「おいおい君、僕の足が折れてほしいの?!」と笑いながら返されたことがあります。
 でもある意味「あなたの足が折れるくらいのカーテンコール祈ってる」って意味になりますよね!?(笑)(←こじつけ)

 間違えてもその分学べばよし!

 過去を振り返ってみれば語学に限らず大なり小なりたくさん失敗して、そして今までリカバーできてきているわけです。ようするに慣れです!
 だから失敗を怖がっているのがもったいない。
 日本人はとかく発音がきれいじゃなきゃ、とか文法が正確でなければ、というのを気にする傾向があるように思うのですが、そりゃ発音きれいで文法があっていればそれにこしたことはないのですけど、要は「完璧でなくても言いたいことが伝わればいいんですよね」と開き直ってみる。

英語で数々の失敗をしてきているため、フランス語であんまり恐れはないです。それよりも言いたいことが伝わらないのがもどかしい。語学学校の議論とかでも文法、単語むちゃくちゃなりに伝えようと必死です。間違えまくり~。

 というわけで私の語学習得の心得は「失敗を恐れない」です。皆さんはいかがですか?

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。

 
Filed under: 学び, 留学

by

ULLA

 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)  現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です