フランス語, 学び
Leave a comment

惑わされる!英語とつづりは似ていても、発音が違うフランス語

最近、語学学校に通い始めました。そうすると、やっぱり一人で勉強しているときより、いろいろ刺激があって楽しいです。

「英語が分かるとフランス語の習得は早い」。ちらほら聞くこのフレーズ。

これは文法や単語が似ているからというのもあると思います・・・が!英単語と仏単語、つづりは似ていても発音が微妙に違うところに問題が。

今回は私が翻弄されまくっている、英語とつづりが似ていて、発音が違う仏単語を独断と偏見でピックアップしてみたいと思います~。

cousin/ cousine (いとこ) 英語:同じ

ご存じ、「いとこ」という意味のこの単語、フランス語も英語もつづりが全く同じです。でも発音が違い、英語は「カズン」、フランス語は「クザン」。※女性の場合は「クジンヌ」。

うちの夫と出会ったばかりのとき、英語で会話していたらいきなり夫が「クザン」って言ったんです。私が「ハア?」となってよく聞いたら「いとこ」のことだと分かって、「こいつ(夫)英語の発音間違えてるからいつか指摘しなきゃ・・・」とか思ってました。(笑)
そしたらその後フランス語を勉強し始めて事実を知り、ずっこけた思い出があります。

hôpital(病院) 英語:hospital

  定番単語。発音は「オピタル」。フランス語は「h」読まないんですよね。「ホスピタル」って言わなくてもいいから、せめて「ホピタル」って言いたい・・・って最初は思いました。
ちなみに映画「Harry Potter」は仏語音声だと「アリー・ポッター」、ハリーの友達・ハーマイオニーも「アーマイオニー」になります。

fleur(花) 英語:flower

これはつづりもそんなに似ておらず、発音は「フㇽアー」という感じです。「フラワー」と言いたい・・・!いまだに発音するときに違和感がある単語。
いつも自分が「フㇽアー」と発音する度に頭の中に「エビフリャー」という日本語が思い浮かびます。たぶん私だけでしょうが。名古屋人でもないのにね・・・。

gouvernement(政府) 英語:government

こちらは微妙につづりが似ていますよね。でも、ちょっと待て。発音が違うんです!
英語だと「ガバメント」、仏語だと「グァバナモン」って感じ。初めて聞いたときは同じ「政府」という単語だと理解するまでにしばらく時間がかかりました。
そして、いまだに仏単語の方をつづり間違えます~。(汗)

premier ministre / première ministre (首相) 英語:prime minister

政治系からもう1個。英語だと「プライム ミニスター」ですが、これまたビッミョーに違うんです。フランス語だと「プルミエ ミニストル」(女性の場合は「プルミエール ミニストル」)です。
今でもしょっちゅー間違え、夫に指摘されます。ビミョーゆえに間違いやすいというか・・・。特にフランスは今、来年の大統領選に向けて政治ニュースが多くなってるので、気をつけなきゃ~。

Co-voiturage(自動車の相乗り) 英語:該当なし

最後に最近読み間違えたフランス語をご紹介。これは英語にはない単語なんですけどね。
「co」は英語も一緒で「共に、一緒に」という意味。「voiture」は仏語で車。そこまでは分かっていたので、「コヴォワチュレージって・・・」と言ったら、「コヴォワチュラージュね。」とツッコミが入りました。惜しい!
最後の「age」が英語だと「エイジ」、フランス語だと「アージュ」になるんだった・・・、と指摘されてから気がつきました。

今回書き出した単語以外にも、色んな言葉を英語読みしまくっているんだろうな・・・、と感じるこの頃。
とはいえ語学って間違えながら習得していくものだし、今後も周りの人に指摘してもらいながら習得していこうと思います。

以上、英語と似ているだけに発音を間違えやすいフランス単語集でした~。

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。

 
Filed under: フランス語, 学び

by

ULLA

 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)  現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください