お役立ち, カルチャー, フランス語, 学び
Leave a comment

3つのレベルに分かれているフランス語を状況によって使い分けてみよう!

フランス語を勉強中のみなさま、ぼんじゅーる!

語学学習ってほんとう終わりが見えませんよね?そんな私も「勉強しては忘れる」を繰り返すこと数十年。(汗)中級レベル(多分)から一向に抜け出せません。

語学は自分が納得したら、そこで終わってしまうのだとか…
あ~耳が痛い。そういえば2018年元旦に、「今年こそフランス語上達させるぞ~」って張り切っていたな~と遠い目になりましたわ!今

では本題に、みなさんはフランス語を状況によって使い分けていますか?
フランス語には3つのレベルに分かれていて、Registre de langue 】とも呼ばれています。

*Le Langage Soutenu     格調がある、洗練された文体


一般的に公式な手紙、文章、重要な人物に対処する場合に使用される。場合によっては職場などでも使われています。

*Ⅼe Ⅼangage Courant  日常生活において毎日使用する言葉


家族の間や知らない人などに話す場合に使用される。

*Le Langage Familier  下品で不作法な言葉、俗語 


友人、知人など親しい人の間で口語として使用される。

 

では、実際どんな違いがあるのか、よく使う言葉をまとめてみました。

    Soutenu     Courant             Familier
         靴               Souliers            Chaussures            Godasses
      食べる               Déguster               Manger             Bouffer
うんざりする              Je suis las            J’en ai assez          J’en ai marre
         車               Véhicule               Voiture             Bagnol
     親切な               Courtois                Poli             Sympa
      急ぐ     Il faut aller plus vite.           Dépêche-toi          Grouille-toi
      仕事              Profession              Travail             Boulot
      酷い             Déplaisant            Pas belle             Moche

嫌だわ~! SympaとかBoulotなんて普通に使ってるし…もっとお上品にしなくちゃだわ(汗)

まとめ

いかがでしたか?ここに記載したのは、ほんの一部です。普段何気なく使っている言葉が実は下品な言葉だった…なんてことがないよう、場所と話す相手によって言葉を選んで話せたらいいですよね。

 

投稿者プロフィール

yumlab
yumlab
海外在住歴20数年、23歳の時単身渡仏、留学を経てクラブメッドでGOとして世界中を転々とする。
フレンチポリネシア領タヒチ、ボラボラ島で今の旦那と知り合う。
同島でホテルスタッフとして働いた後、旦那の仕事の都合でカリブ、モロッコ、モーリシャスに在住。もう移動は嫌だ!とフランスに住むことに決めたものの、サボア地方、ブルターニュ地方を渡り歩き現在プロバンス在住。神戸出身のママライター。趣味はヨガ、手芸、物作り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.