フランス語, 学び
Leave a comment

【仏語学習】何とか仏語の本を読破したくて子ども向けの本を読んでみたら

皆さんはフランス語の本を読んだことはありますか?
私はですね、フランスに住みはじめてから仏語学習をがんばってきたのですが、「そーいえばフランス語の本読んだことないな~」と思って1冊買ってみました。
・・・が、単語は難しいし、意味が分かんないしであえなく挫折・・・。
でも、「1冊読み終えたという自信をつけたい!」という気持ちをあきらめきれず、作戦を変えて、子ども向けの本を買ってみました。

 まず選んだポイントは・・・

絵本じゃない→絵本は絵が多くて本を読んだ気がしないから

字が大きい→字が小さいとただでさえフランス語読むの面倒くさいのにさらに読みづらくなるから

ページ数が少ない→これ重要。(笑)読み切って自信をつけることが目的なのでなるべくうっすい本を選択。

挿絵が入っている→これも重要。絵でストーリーがある程度把握できます。

興味のあるジャンル→これも重要。私は絵がかわいい、女の子の成長物語が好きです。

以上のことを踏まえた上で栄えある1冊目に選ばれたのはこちら!

「Les p‘tites Créatrices」Mathilde Paris

引用:https://www.amazon.fr

リンク

ストックホルムに住むハンナとジョゼフィン2人姉妹の物語。お姉さんのジョゼフィンが有名なモード誌のインターンとなり、くっついていったハンナもアイデアをだしてクリエイティビティを発揮していく・・・という夢の展開です。(笑)
対象年齢は7歳以上でページ数は60ページちょっと。慣用句には苦戦したけど何とか読み終えました。読み終えた自信はついたけど、話自体はシンプルで(シンプルな方がストーリーは断然追いやすいけどもっ)もうちょっと読み応えのある筋がいいな、というのが正直な感想でした。

「Vivre le CE2 ! Pyjama party」Ségolène Valente

引用:https://www.amazon.fr

リンク

「もうちょっと読み応えのあるストーリー」を期待し、2冊目は対象年齢を1歳上げて8歳以上。イラストもこちらの方がポップで好み。
カミーユはCE2(8歳くらい)の女の子。親友のマリールーからパジャマパーティーに誘われてドキドキわくわくの初お泊り体験!
「初めてのお泊りってドキドキしたかも・・・」と小さい頃を思い出しました。
それにしてもたった1泊友だちの家に泊まるだけなのに、「あれもこれも持っていかなくちゃ」、とか「お気に入りのドゥードゥーがないけどちゃんと眠れるかな」とか、ちっちゃい女の子ってそんなことで悩むんだ~、とほほえましく感じました。ほんと人の悩みって千差万別ですね。
この本はページ数も多くなって90ページ前後でしたが、話がおもしろかったので無事読了。

「Vivre le CE2 ! Les secrets de la récré」Ségolène Valente

引用:https://www.amazon.fr

リンク

「Pyjama party」で味をしめたので、同じシリーズを選択。
親友のマリールーがインフルエンザでダウン、一週間学校をお休みすることになりました。困ったのはカミーユ、「どどど、どーしよう。休み時間ひとりぼっちになっちゃう!」
ここから新しく友だちになった二人組の女の子たちとトラブルに巻き込まれていくのですが・・・それにしても女の子ってフランスも日本も変わらないな~と思いました。
やっぱりフランスの学校でも仲のいい子でグループになったりするんだな~、とか。
あと、カミーユとマリールーは二人の秘密のノートを作っているのですが、(いわゆる交換ノートみたいな)こういうアイテムって小学生の定番じゃないですか?

 仏語の勉強にもなったけど、フランスの女の子の生態も知ることができ興味深い

最初は仏語の本を読み切ってちょっとは自信をつけたい、と思って読みはじめましたが、勉強になるのはもちろんのこと、フランスの女の子の生態も垣間見れて興味深いです。
今はまた1歳年齢を上げて対象年齢9歳以上の本を読書中。ページ数もドーンと増えて150ページ前後です。読めるかな~・・・チャレンジチャレンジ!
ふらんぽんには他にもこんな仏語読書記事が↓

今年の秋はフランス語の本でも読んでみよう!

皆さんもフランス語の読書いかがですか?

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。その後、東京の英語関連会社に就職。英語人生まっしぐら・・・と思いきや、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏してしまいました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はCDD初仕事を終えてのんびりモード。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください