フランス, 旅行
Leave a comment

バカンスはこれで決まり?!『Puy Du Fou』でフランス史をざっくり学ぼう

今回、フランスが誇る歴史テーマパーク・『Puy Du Fou』(ピュイ ド フー)に行ってきました!初体験ざっくりレポートです。

 『Puy Du Fou』とは?

ロワール地方にあり、私たちが住む西フランスからは車で約1時間30分。パートナー曰く2013年からずっと世界のテーマパークNO.1に選ばれているらしいです。

パークの駐車場には色々な地方からのナンバーがずらり。本当にフランス全土から人が来ているんだなー、と実感。

我々が行ったのは金・土曜日。ちなみに金曜日はどこか学校団体の子どもとシニアのグループだらけです。土曜日は家族連れとカップル、そしてアジア人もちらほら見かけました。

フランス語が分からない人は翻訳機付き!でも日本語はないよ~

 各アトラクションはもちろん全てフランス語・・・。でも分からない人は翻訳機使えます。(※有料)私は英語翻訳機つきで鑑賞。ダンスやアクションも多く、分からなくても結構楽しめます。

昼間のアトラクションは馬、鳥、ライオン、炎!

バイキングの戦いを炎を使って表現したり、鷲、フクロウなど様々な鳥を観客の頭上すれすれに飛ばしたり。

viking

 

コロッセウムでの馬のレースやライオンのアクションなど、動物を使ったショーが沢山あり見ごたえありました。

race2

ただ・・・ただ暑すぎる!ほぼ屋外で日よけもないので、熱中症にならないよう注意!

 目玉アトラクションはCinescenie(シネセニー)!

日没後の湖畔を舞台に、100人はいるであろう出演者がフランスの歴史をアクション、音楽、照明、花火、プロジェクトマッピングを使ってスペクタクルに表現します。

日没後といっても日本と違い、10:30pm位まで日が沈みません。(おそ~!)よって終了も1:00am前…。

cine←開演前の会場

出演・観客共に小さい子どもがいましたが、こんな夜遅くまでやるんだ、すごいな~と思いました。

 内容は、やはりフランスは『liberté』(自由)が大切なのね、という感じ。

世界大戦を表現したシーンで自由を象徴した白いドレスの少女が銃に打たれて倒れてしまいます。そして、大戦後に自由を再び取り戻し、花火を打ち上げ、湖畔に浮かぶお城に『Liberté』と大きな文字が描かれる。盛大に喜びを表現していました。

 ちなみに日中は30度近かったんですが、夜はとても寒いです!(※6月現在)私は防寒具を持っていきましたが、彼は何度言っても半袖でいい、と。案の定最後はガタガタ震えていました。(これをアホと言わずに何という。)ブランケットはマストです!

 おすすめのアトラクションは?

私は『Mousquetaire de Richelieu』という三銃士時代の騎士たちとジプシーのダンス!屋内の舞台で美しいジプシーたちと馬にまたがった騎士たちの水を使ったダンスが楽しめます。幻想的で美しかった!女性におすすめ。

彼は第二次世界大戦の戦場を体験できる今年初のアトラクション『Les Amoureux de Verdun』が良かったそうです。爆音や野戦病院なども再現されており、リアルでした。

aboutwar

 

当たり前だけどパーク内ショップはめっちゃ高いです!

パーク内の飲食物は値段が高いです!ランチはパン等を持っていくことをおすすめします。また、スタッフが声をかけカップルや家族写真を撮って、あとで購入できるサービスもあります。何と1枚20ユーロ・・・!ぼったくりかよ!とかいいながら、きれいに撮れていたので、つい買ってしまいました・・・(汗)

いかがでしたか?今年のバカンスは『Puy Du Fou』でフランス史を学んでみるのも楽しいかも?!

公式HP:http://www.puydufou.com/

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 フランス西部の小さな町在住。
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。
 その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)
 現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。
 フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)


 
Filed under: フランス, 旅行

by

ULLA

 フランス西部の小さな町在住。  高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。  その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)  現在はフランスでの初仕事を終えてのんびりモード。  フランス語の勉強はpetit à petit につづけてます。:)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください