旅行, 日本
Leave a comment

2年半ぶりの一時帰国 ②中国人並みに免税で爆買いしてみた

 

言い訳になりますが、2年半日本に帰っていないと買いたいものがたくさん出てくるものなのです。美白美容液や電化製品などフランスには売ってないものがありますし、衣類は微妙にサイズが合わなかったり(袖やズボンの丈が長すぎるなどなど)して、買うのに躊躇するものって結構あるのです。つい今度日本に帰ったら買ってこようと思って始末に生活していたらいたら大量に買いたいものが増えてしまったのです。

又、2年以上海外に住んでいると日本での消費税が免税になることも物欲を刺激されます。前回一時帰国した時は渡仏して1年しか経っておらず、この恩恵を受けることが出来ませんでした。今回初の免税です!!嬉しかったーーー。と言っても全ての商品が免税になるわけではありません。消耗品は5千円以上、一般物品は1万円以上が対象で、免税店で購入しなければなりません。 因みに消耗品は化粧品、薬、食品などで、一般品は家電や時計、宝飾品、衣類などです。

以前は殆ど空港にしか無かった免税店ですが、海外からの観光客の増加を受け免税店が増えました。ユニクロ、マツキヨ、ドンキホーテ、ヨドバシカメラなどの量販店やファストファッション店なども免税店になっています。

気をつけないといけないのは、指定の金額以上購入しないといけないと思って、余計なものまで買いすぎてしまうところでしょうか。また買い忘れても同日でないと買い足して免税にしてもらうことは出来ません。お店ごとに買い物リストを作っておいたほうが良いです。

お店によっては免税専用のレジカウンターがあり、消費税を引かれた額で支払う場合と、通常のカウンターで消費税込みで購入した後、免税の手続きカウンターで消費税を返金してもらう場合がある為、お店に入ったらすぐ確認した方が良いでしょう。

そして消耗品は専用の袋に入れられ、出国するまで使用することが出来ません。袋は一旦開けると開けたことが分かるような仕組みになっています。購入したものは出国時税関で申告し、購入時パスポートに添付された書類を提出し、税関員に購入物品を提示しなければいけません。

と、ここまでは日本に行く前に調べて分かっていたのですが、ここで疑問が生まれました。税関はチェックイン後の出国審査場にあります。そうなると購入したものは受託手荷物ではなく、機内持ち込み手荷物にしないといけません。消耗品の中には化粧品やお酒など液体物もあり、液体物の持ち込みが制限されている国際線では機内持ち込みにはできません。となると税関に全て提示するというルールに反することになるのですが、どうやらこれは仕方のないことなのだろうなと予測していました。

因みに購入時お店のレジで液体とそうでない物を分けて袋詰めしてくれることも無い為、液体でないものも税関に提示できない状況になりました。

また機内持ち込み用の荷物も大きさや重量制限がありますので、大量に購入した場合などはそれを全て機内に持って入ることも出来ません。

一体爆買いしている多くに中国人の皆さんは税関に物品の提示をしているのだろうかと気になっていました。

帰りは関西空港から出国したのですが、税関に行ってみるとびっくり!税関カウンターに職員がいないのです。いや近づいてよく見るといました。山のような旅行者(恐らく中国人)に囲まれてたった一人で対応している方が・・・。いや何もせずに座っていると言った方が正しいでしょうか。

カウンターに置かれたカゴにはパスポートから外された免税の書類が山積みになっていました。外しているのは職員の方ではなく旅行者自らです。人混みをかき分けかき分け前に進み、その職員に税関申告したい旨伝えると、自分でパスポートから紙を外しそのカゴに入れるよう言われました。やはりそうなんだ・・・。購入したものに対しても何の確認もありませんでした。

更にショッキングなのはカゴに入りきらなかった書類が床にバラバラと床に落ちたままになっていることです。いいんでしょうかね、こんなずさんな管理で・・・。でもあまりの中国人の多さに税関の方達も為す術が無いんでしょうね。あれほど“途方に暮れている”という表現がぴったりの表情をした方を見たのは初めてです。

まあ、たまたま私の出発時間が中国便と重なっていた為、こんな状況になったのだと思います。普段はある程度確認されてるのだと思いますが、それほど厳しくないということでしょうね。

投稿者プロフィール

loc-envel
loc-envel
留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?
Filed under: 旅行, 日本

by

loc-envel

留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください