Latest Posts

フランスでオンラインサロン

 

ふらんぽねーずのみなさん、ボンジュール!Rodyです。

長引くコロナ禍で日本シックが止まらない日々を過ごしておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日はみなさまにご報告です!

Rodyこと、すずきみとが自身のオンラインサロンSAKURA BLANC立ち上げました。

SAKURA BLANC
サクラブランは日本語で白い桜。
桜は海外に住む私たちにとって
故郷を思い出させ、癒しを与えてくれる花。

カラーセラピーで白は、
清らかな光のように明るい色が心を放し、
軽やかにしてくれる色。

癒し、そして新たな始まりや
出発を感じさせる思いを込めて
「SAKURA BLANC」と命名。

ちょうど1年前の私は、フランスでの人生に疲れ果てていました。フランスに来て6年。フランス語の習得、見知らぬ土地へ引っ越しする度にまた一からコミュニティを作るストレス、異国での子育て、そして義家族に対して何とか自分もフランス人である彼らの考え方に合わせよう、波風立てずに過ごそう。そのような結果、今まで自分の心に蓋をしていた膿が溢れ出てしまいました。

友人や家族に話せばいいのにと思いますが、そうそう何度も自分の辛い気持ちを話すことはできませんでした。フランス在住の友人であっても、みんな同じような経験もしている。それでもがんばって生活しているのに、愚痴を聞いてもらうなんて申し訳ない。家族に話したところで、何も解決しない。心配もかけたくない。そんな思いがさらに疲れた心を追い詰めていきました。

日本にはアロマセラピー、アートセラピー、カラーセラピーなど身近に自分のストレスを発散できるサロンやツールがたくさんありますよね。もしフランスでもこういうものがもっと身近にあれば、しかも日本語でそのようなセッションが受けられるなら、私はここまでいろんなものを溜め込まなかったと思います。

フランスにこれらのツールがないなら私が勉強してやればいいじゃないか!今まではフランスに住んでいるのだから、フランスでフランス人から学ばないと!って勝手に自分で決めつけていたんですが、学ぶことに境界線はないんです。

一度進むと決めたらいろんなご縁がつながって、フランスにいながらも日本で開講されている講座を約半年間かけて勉強してきました。そして何より自分がずっと仕事としてやりたかったアロマテラピーやカラーセラピーをフランスで実現させる日がやってきました。

いつも自分を後回しにしている方

やりたいことがあってもそれを諦めている方

私と一緒に香りやカラーそしてアートの力をかりて明るい未来に向けて歩んでみませんか?

ただいま5月のモニターセッションの募集中です。詳しくはこちらから

ふらんぽんでも私がご提供しているメニューのアロマアナリーゼ数秘&カラーの体験イベントも企画していますのでお楽しみに!

フランス在住日本女子のみなさんに、心のサポートと明るい未来へ導くお手伝いができるようにがんばります虹

SAKURA BLANCプロフィール&ブログはこちら 

SAKURA BLANCインスタグラムはこちら

ご近所のタイ人女性に見るかつての私

皆さんこんにちは!

来週の予定すら立てにくい、世界全体が前代未聞の混乱に巻き込まれていますが、お元気でしょうか。

 

今年の四月は学校が閉鎖(バカンス先取り)のプチ・ロックダウン。とはいえ、去年とは違って仕事に行けたり、外出の制限が緩かったり、みんな普通に出歩いていました。

我が家も温かくなって気持ちよくお散歩をできるのが嬉しく、ちょっと外に出てみたところ・・・大音量で聞こえてくる会話の声。

どこかの誰かがベランダで電話をしているようです。

よく聞いてみると、下の階に住んでいるタイ人の女性。うちの息子より1歳年下の女の子がいて、時々一緒に遊ぶご近所さんです。

私たちはしばらくレジデンスの下の広場で遊んでいたので、ちらりと彼女の声が聞こえてきます。訛りはあるとはいえペラペラのフランス語で、何やら仕事関係の予約を調整しているようでした。

この方、今の旦那さんと結婚したあと、長らく仕事を探した結果、知人のサロンでタイ式マッサージをするようになったと言っていたっけ。それでも去年のコロナの影響でサロンが閉店となり、「ロックダウンさえなくなれば自宅とか訪問型で開業したいんだけどね~」と言っていたのを思い出しました。

 

ここでふと思い出したんです。彼女と初めて会った頃の頃。

今から7年ほど前。私が渡仏してから1~2年たった頃だったでしょうか。時々レジデンスの階段ですれ違う彼女を見かけるようになりました。いつも通り挨拶をするものの、かろうじて聞き取れるかどうかという小さい声で返事が返ってくるのみ。夫に至っては「なんかあの人に避けられてる気がする」とまで言っていました。

フランス語で話しかけても通じず、余りにも交流を避ける感じがしていたので、そこに住んでいる(か、当時の彼のものとに通っている)人とはつゆにも思わず、ぶっちゃけそのお家のお掃除の方かなと思っていたんです。

 

それから数年後・・・私も彼女も出産し、急に交流が増えたところ、気さくで明るい方で、今では仲良く遊ぶ関係になっています。

 

そこで、ふと気づいたんですよ。

この女性の態度、なんか昔の私に似てる!?

思えば渡仏当初、一般のフランス人と話すのにめちゃくちゃ抵抗があったのを思い出したんです。ホントに最初の頃なんて、買い物に行くにもちょっと心の準備をしてからじゃないとびくびくしていたり。ご近所づきあいはほぼ100%夫任せ。すれ違うご近所さんとは挨拶はするものの、会話は極力避けていました。

今ではご近所さんと立ち話をしたり、買い物はもちろん、ちょっと複雑な電話なども平気でこなしている毎日。なんなら、日本での生活とほとんど変わらないんじゃないかと思います。

でも、考えてみれば、最初からそうだったわけではないんですよね。そして、急にここに至ったわけでもなく、時間をかけて少しずつコミュニケーションできる力を獲得してきたわけなんですね。

 

そのタイ人女性を見ていたら、私も最初はこうだったな。彼女が少しずつフランス社会になじんできたのと同じ道を私もたどってきたな。と改めて気づかされました。

どういう経緯でフランス人の旦那さんと出会ったのかなどは全く知らないのですが、渡仏当初は彼女はフランス語は話せず、旦那さんとも英語で会話していたよう。それが先日聞こえてきた電話では流暢にフランス語を話していて、すごいな!と尊敬するとともに、なんだかとても嬉しく思ったのでした。

 

フランスに来た日本人の方で気持ち的に焦ったり、フラストレーションを感じたりすることがあるというのは現実の話。私もそうだったし。それでもみんな少しずつ前進しているんだなと思った出来事でした。もし今現在そういうステップにいる方がいたら、心配しなくて大丈夫ですよ!すこーしずつ、開けてきますから!

 

それではまた~!

morningsickness

フランス流!?つわり対策5選 ー前編ー

みなさまボンジュール!約1年ぶりの寄稿です。ドリです。

インスタでは既にご報告済ですが、この1年コロナ禍に紛れてつら〜い妊娠と出産を経験し、ふらんぽん活動は長らく産育休を頂いていました。(o*。_。)oペコッ

復帰第一弾のネタはズバリ、つわり。生まれてこの方超健康優良児で病気知らずだった私が、フランスで5ヶ月寝たきり状態となり、死に物狂いで試したつわりの対処法5選をお届けします。

①フランスのつわり対策代表はコーラ!?

まさかの助言はかかりつけの婦人科医から。「あんまり体にはよくないんだけどね〜」って前置き付きでしたが、”コーラを飲むと骨が溶ける”と聞いて育った私には妊娠中に飲むなんて抵抗しかなく、なかなか手が出せずにいました。しかし日毎に悪化する気持ち悪さに屈し、泣く泣く試してみることに・・・。

実際飲んでみると確かに少し吐き気が落ち着くと言うか、気が紛れる感じはしたんですが、どうしても罪悪感と言うか好んで飲むことは出来ず、長くは続きませんでした。その後甘味のない炭酸飲料も試してみたんですが、飲めたもんじゃなかったです(泣)  体に良くなくとも、やっぱりコーラのように甘い方が飲みやすかったのかな?

出会う助産師さん達にも片っ端から何か具体案がないか聞いて回ったんですが、「Ça va passer」とか救いようのない言葉をかけられるだけで、思わず○意が芽生えかけた(笑)、暗黒の妊娠初期でした。ちなみに私より少し後に妊娠した友達にはコーラ効いたそうなので、お嫌いでなければ試す価値あるかもです。

②大食い動画を見て食べた気になる!

医者も助産師も当てにならないと分かると、寝たきりのベッドの上で何とか気を紛らわすべく、YouTubeでおもしろ動画を探す日々が始まりました。そんな中、私の吐き気を紛らわしてくれたのが大食いyoutuberさん達のチャンネル。つわり中に見る動画としては賛否両論あると思うんですが、とにかく何も食べれない日が続いたので、彼らが美味しそうにいーっぱいご飯を食べる様を見て、自分も食べた気になれると言う変な満足感を得るように。(笑)

日本の大食いチャンネルから飛んで韓国のモッパン動画も手を出してみました。あと、咀嚼音にフォーカスしたASMR(音フェチ?)系も。人様が食べる姿を見て自分も満たされた気になったのは後にも先にもつわり期間だけじゃないかと思います。

ともあれ、ベッドとトイレを往復するだけの日々だったので、人気動画を網羅するには十分過ぎるくらいの時間は持て余していました。つわり期間に何かのエンターテイメントをお探しでしたら1度覗いてみて下さいね。

③和食が食べれる環境作り

在仏の先輩ママから、「妊娠すると和食が更に恋しくなるよ〜」とは聞いていたのですが、つわりが始まったのは奇しくも、フランス第1回目のロックダウンが始まった頃。普段懇意にしている近所の和食屋さんも、ラーメン屋さんも軒並み閉店・・・。ってことは家で作るしかないが、食材の匂いだけで吐き気を催していたので自分で料理することは叶わず・・・。毎日の料理はちょうど、在宅勤務が始まった夫が全て担当してくれるようになりました。

が、当然彼の作るメニューはフランス流。私の脳内は次第に、パスタじゃなくてうどん!スープじゃなくて味噌汁!ってか、そもそも肉じゃなくて魚!といった具合に和食を強く求めるように。しかし簡単な和食レシピでもわざわざ教えるのがこれまた億劫で、せっかく作ってくれた食事も結局食べずに残したりして、夫にも申し訳ないことをしました。つわりで倒れちゃう前に、彼に私の好きなレシピを教えておくんだったなぁと激しく後悔しました。

べべ待ち&プレママの読者さまには、まずはつわりがないことを1番に祈りますが、産後もしばらく思うように動けない日々が続くと思うので、何かあった時のために日頃からパートナーとお気に入りレシピを共有しておく事をオススメします。

続きは後編へ!

ここまではまぁ、ありきたり(?)な対処法と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、残り2選はかなり抜本的且つ私には最も有効な手立てとなったので、次回の投稿をお見逃しなく!

それでは皆さまボンジョルネ♫

↓↓↓産前産後も通して着回すエコなコーデ術をインスタで発信中↓↓↓

覚えておくといつか使える?!フランスのジェスチャー

みなさま、ぼんじゅーる!

今日は覚えておくと、フランス生活でいつか役に立つかも?立たないかも?というジェスチャーについて書いてみたいと思います。そのきっかけは、、、

先日、4歳の息子と横断報道を渡っていたら猛スピードで右折車が進入してきました。

幸い息子とは手をつないでいたし、歩行者の信号が青になってすぐだったので、私たちと車の間には数メートルの距離があり安全だったのですが、もし息子が私の手を振り払って駆け出していたら車とぶつかっていたかもしれません。

運転者は横断歩道に進入してから私たちの存在に気付いたようで、済まなそう顔で私を見ながらサーッと走り去っていきました。

驚きのあまり無言でじーっと運転手を見つめることしかできぬ母でしたが、息子(4歳)はすかさず『「なにやってんだ、ボケ~ッ!」って言ってあげればよかったね~!』と言ったので、子の育て方というか、うっかり変なこと言いまくってる私の口癖を改めねばと猛省しつつ、「ボケー!」という罵りじゃなくてフランスにはこんなシチュエーションにぴったりの便利なジェスチャーがあったよな、と思ったのでした。

ほいで帰宅後、うちにいるフランス人にジェスチャーのこと聞いてみた。

そしたらありました、ありました。こういうシチュエーションで使える便利なジェスチャーが。これです↓。

再現協力:夫。ゴミ袋を横断歩道に見立てました。

正面から見るとこんな感じ。

「ここは横断歩道なんですよ、気を付けてくださいっ!」を言わずして全身で伝えることができるポーズです。一瞬で走り去っていくドライバーに向けてなので、機敏に行ってください。笑

腕を伸ばし、上にした手のひらで強調したい対象物を指すジェスチャー。「まったく呆れたよ」という感じで自然と多めの息を吐くことができれば上級者です。

このジェスチャーは横断歩道だけでなく、様々なシーンで使えます。

例えば、、、

「何だ、この荒れくれた食卓はっ!」を表現。

まずは片手バージョン。

 

両手バージョン。

両腕の方が感情の強度が上がる気がします。

注:ジェスチャーは演出ですが、食卓の状態は現実です。汗

また、別のシーン。

息子を学校にお迎えに行った帰り道、息子がお友達とはしゃいで大声を出していると、駐車している車の中から小型犬がわんわん吠え出しました。

そしたら、向かいのマンションに住むおばちゃんからベランダ越しに「犬に構うんじゃないよ!」と怒鳴られました。笑

確かに犬を驚かせてしまったのは悪かった。しかし犬にちょっかい出したわけではない。それにいきなり他人を怒鳴りつけるとは何事か。カチンときて「何もしてません!」と言い返したのですが、おばちゃんはまだ何か言い続けている。。。

その時、ハッと気づきました。「そうだ、ジェスチャー!」

ほいで、これをやってみました。

再現協力:息子。笑

手のひらを天に向けるポーズ。そんなこと言われても、どうしようもない。こちらはもう何も言うことはありません。という思いを表現。笑

その後おばちゃんは部屋に入っていきました。向こうもひとまず言いたいことを言い切ったからだと思いますが。笑

このジェスチャーのポイントは手のひらで天を仰ぐと同時に肩をすくめ、さらに「プッ」と多めに息を発する。笑

息子は4歳にして自然にこれをやってのけてました。私は手の動きしか出てこなかったので、練習が必要だと気付きました。笑

同じジェスチャーでも国が違うと異なる意味になったりするので、使い方には気を付けないといけないですが、それにしても、想定外の場では咄嗟にフランス語が出てこなくて歯がゆい思いをすることもあるので💦、ジェスチャーはなかなか便利であることに気づかされました。こちらがどんな思いなのかを一応は表すことができますからね。というわけで、これからもジェスチャーを取り入れつつフランス生活を生き抜いていきたいと思ってます。みなさま、他にも便利なジェスチャーがあったら教えてください!笑

ではまた!

フランス生活に疲れた自分を癒したい時に食べるスーパーのお菓子5選。笑

みなさま、ぼんじゅーる!

みなさま、お手軽に自分を癒したい時、何をしますか?
私は甘いものに手を出します。
というわけで、今回はフランスの田舎町に住む甘党主婦が自分を癒したい時にどこでも買えるスーパーのお菓子5選をご紹介します !

Lu – Petits Cœurs Choco’Croc

引用:https://www.lu.fr/

これこれ。笑
これ、中がすこ~しエアインチョコみたくなってるんです。それが好きなんです。笑
日本の『ぬーぼー』(昭和の不朽の名作!笑 なぜ生産終了になった?泣)に比べたら全然エアー具合が足りないんですけど、でも、フランスでこれの他にエアインなお菓子を知りませんっ!笑 知ってる方、教えてくださいっ!!

KINDER – BUENO

引用:https://www.kinder.com/fr/fr/

引用:https://www.kinder.com/fr/fr/

これも美味しいですよね。
外側がサクサクのウエハースで齧ると中からトロッとしたチョコが~!笑
チョコ味、ホワイトチョコ味、どちらにするかいつも迷います。

 

Kambly – Mandel Caramel

引用:https://kambly.com/fr/

歯ざわりがカリカリで美味しいです。チョコもキャラメルも甘すぎないところが気に入ってます。パッケージは純白が基調でスーパーのお菓子にしては上品な印象があります。このメーカーのお菓子はどれも好きです。

 

Gavottes – Les Gavottines chocolat et noisettes

引用:https://www.gavottes.fr/fr

これも昭和の名作『森永チョコフレーク』を思い出させてくれる食感で好きです。笑

Lu – Mikado King

引用:https://www.lu.fr/

日本の普通のポッキーが大好きですが、フランス版ポッキーのMikadoはあんまり美味しいと思えないんですよね、なんでだろうか。ビスケットとか違うのかな?でも、このKingは食べ応えがあって好きです。笑

 

 

こうしてみると、自分のお菓子の好みは子供時代を過ごした昭和の名作お菓子に強く影響されていることに気づいてしまいました。笑 そして日本のお菓子はレベルが高いんですよね。
しかしフランスのスーパーにもまだまだ私の知らない名作お菓子が眠っているはず、、、今後も自分を癒しつつ美味しいお菓子を発掘していきたいと思います。笑
みなさんのお気に入りのスーパーのお菓子情報も教えてくださーい!
ではまたー!

春だー、手作り洗剤で大掃除しよ~!

みなさま、ぼんじゅーる!

フランス全土ロックダウンになってしまいましたね。泣

家にいる時間がまたまた増えるので、こーなったら手作り洗剤で家をピカピカにして、お家時間を楽しも~!というわけで、手作り洗剤のレシピを3つお届けします。

レシピは『Le Grand Ménage』から引用しました。このサイトからダウンロードできる冊子には天然素材で作る洗剤のレシピがたくさん紹介されています。ナチュラルものや手作りものが好きな人にはおすすめです。ではさっそくいってみよー!

マルチクリーナー/消毒剤

材料:

  • 容器(2L)
  • 重曹(Bicarbonate de soude) 大2
  • お湯 2L
  • ホワイトビネガー(Vinaigre blanc) 大1
  • 精油 大1-3(レモンCitron大1、アカマツ・ヨーロッパ (パイン) Pin sylvestre大1、ティートゥリー Arbre à thé大1/2 、シナモンCannelle大1/2)

作り方:

1. お湯で重曹をよく溶かす。

2. 別皿に入れた酢と精油をよく混ぜる。

3. 1と2を容器に入れてよく混ぜる。

 

使用:

台所、ごみ箱など表面を消毒したい場合に。使用前によく振ること。

レンジやオーブンなどのしつこい油汚れ

重曹をふりかけた上から水を噴射し一晩おく。翌日スポンジやヘラで汚れをこそぎ落とす。

とんでもなくひどい油汚れには重曹2/3と炭酸ナトリウム(cristaux de soude)1/3をよく混ぜたものを使用。

 

トイレ用洗剤

材料:

  • スプレー型容器500 ML
  • ホワイトビネガー(Vinaigre blanc) 容器の1/3
  • 水 容器の2/3
  • 精油 小2(ティートゥリー、もしくはグレープフルーツ30%、レモン20%、ラベンダー20%、ダグラスファーPin douglas20%、ユーカリ・ラディアータEucalyptus radié10%(消臭、浄化促進用))

使用:

便器内に噴射し15-20分おいたのち、ブラシで磨く。

 

化学的な洗剤は強力な洗浄力でパッと汚れを落としてくれます。それに引き換えナチュラル洗剤は手作りだし、使用時は『噴射したのちしばらく待って、、、』などの面倒なお約束事もありますが、精油のいい香りで使うのが楽しくなります。

というわけでちょっとでも参考になったら嬉しいです!

ではまたー!

みんな~!在仏日本女子の大先輩が帰ってきたよ、あの話題本の仏版を引っさげて!!

みなさま、ぼんじゅーる。どもどもー。

タイトルの通り、あの方から久しぶりにご連絡をいただきました。
はい、小畑リアンヌさんです。え?それ誰って…?
ふらんぽんでは過去に小畑さんのご著書『なにやってんだろう 私 このままフランスで死にたくない』を紹介しております!

フランス生活、子育て、倦怠期、老後、、、尽きぬ疑問•不安は大先輩から学べ!小畑リアンヌ登場!ってだれだ?!

 

こちらは小畑さんの自伝で、26歳でフランスに留学し、学業、仕事、結婚、子育てなどなどフランス生活での奮闘が綴られています。

ふらんぽんでもみんなで回し読みして(買えや!爆)、在仏、日仏結婚という同じ境遇の先輩話に色々と考えさせられちゃいました。

現実は厳しく、そして切ない。 小畑リアンヌさんの本【なにやってんだろう私】が共感できすぎた件

 

さて、この度、こちらの本のフランス語版を出版されたそうです。
小畑さん、ご出版おめでとうございます!
フランス語のタイトルは、、、

『Mais qu’est-ce que je fais là ? « Je voudrais pas crever » en France avant de vous dire…』!!!

日本語でもパンチの効いたタイトルだと思いましたが、フランス語にそのまま訳してもやっぱりこのタイトルすごいなぁ。笑

「フランス語版を出すとき実はかなり迷いました。フランス人の方からこれはまずいのではと言われたからです。でも、この国は表現の自由の国なのだから、これは私の物語なのだからとあえて出版しました。そんな経緯もあり、異国で暮らす人のことをもっと知ってほしいと頑張ることにしました。少しでも皆さんにメッセージが届いてほしいです。」

とのことで、小畑さんからのメッセージをそのまま転載します。

「なにやってんだろう私-このままフランスで死にたくない」の物語は、丁度私が62歳になるひと月ほど前から自分なりに精一杯生きてきた証に筆を取ったものです。

愛別離苦の人生の、後悔ばかりの日々を追うごとに過去に遡ります。そして26歳まで記憶がよみがえった時、浦島太郎のように大阪の地下鉄で62歳の現実の社会に引き戻されます。そこからまた新しい人生を一人異国の地で真剣に生きてみようと決心した自伝的エッセイです。

皆それぞれに自分だけのストーリーがあって生きていると思っています。私の場合は53歳の働き盛りの主人を亡くし、子供たちも家を出て、9年間たった一人になりました。ただフランスでの日々、若き時代の日本の日々だけに想いを馳せることは終りにしたかったのです。

フランスの家族によってお墓も立てることさえ出来なかったので少し意趣返しになるかもしれません。また主人をせめて本の中に形として残したかった。自分の人生を一度だけ思い切り振り向きたかった。フランスで生まれた子供たちは結婚し親元を離れていく。日本人を母に持ち本当に幸せだったのかは定かではありませんが、子供たちをこの地で、日本の文化と共に必死で育ててきた自負は今でもあります。

ですが、またあれから5年の歳月が経ち、日本語で書いた本は結局のところ子供たちに読まれることはありませんでした。生きた証に書いた作品で満足だったはずなのに、、、

世の中は本当に変わってしまいました。フランス語で残す意味があるのか実際のところわかりません。見失ってはいけない何かを求めて、自分で翻訳し出版する事を決意しました。

最初に読んでくれたフランス人の友人の意見は、少し題名がフランス人に強烈すぎないか、子供や孫との確執がよりいっそう大きくならないかと心配してくれました。言語の違いは大きく、今でもニュアンスが分からず戸惑っています。

自分が翻訳したのであれば、もしかしてこの直球のつたない文章でも少しは伝わるかもしれない、子供たちに読んでもらいたい、そんな願いがあります。

日本語の本は上野千鶴子さんから「日仏を架橋しようとしたひとりの女の軌跡、、、御著持ち歩いて読了、面白かったです。」と感想を寄せてくださって、彼女のネットの中で紹介もしてくださいました。さまざまな読者からも色々な感想をいただきました。

思い起こせば南仏へ来た当時、県庁で受付事務員の女性に「日本へ帰れ!」と罵倒されたこともあります。それぞれの国が自分たちとは違う人、違う文化を許容できなくなり、多様性を認めず色々な意味で差別が生まれ、格差や生活に困る人が出ています。

異国の地に住むのが益々困難になったこの世の中です。このコロナ禍は人間が本当に勝ち抜かなくてはならない試練のような気がします。今だからこそフランスで発表したい。翻訳版はeBook と言う形で2月25日よりDecitre, Amazon, Cultura, Fnac….で発売されます。読んでいただければうれしいです。

2021年3 月 小畑リアンヌ

 

みなさん、ご自身用にも仏人パートナー用にもいかがでしょうか?ぜひチェックしてみてください!

アマゾンのリンクはこちら

ではまた、あびあんとー!

フランス人でもキラキラネーム☆名づけの秘密を探る!

みなさんこんにちは!

フランスで法律を学ぶもの好きなみきてぃです。

 

先日の民法の授業で、下の名前の取り扱いを学ぶ機会がありました。

日本でも何かと話題のキラキラネーム。

フランスでもFraise(イチゴ)やNutella(ヌテラ)が禁止されたとかって話は有名ですよね。

そんなわけで、何ならいいの?何がダメなの?ちょっと面白い例は?と調べてみたのでレポートします!

 

フランス人って、決まったリストにある名前しか付けられないの!?

フランス文化に触れる中でなんとなく耳にする「名前リスト」の存在。

365日の各日に聖人の名前が付けられたカレンダーが存在し、その中から名前を付けなくてはならない。

って話を聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

 

このネタの根源はさかのぼること1803年。今から約220年前です。

古っ。

聖人暦(聖人名のカレンダー)や昔から伝わる物語・伝説の登場人物などから名前を付けなければならないという決まりがあったそう。

時代の移り変わりとともに「有名な物語」って何よ?って定義なんかにも変化がおとずれることになります。

実際の所、その名前がいつの時代のどの伝説に出てくるのかなど、市役所の担当者がすべて把握しているはずもなく、最終的には役所の戸籍担当者の判断におまかせ、という形で下の名前のアリ・ナシが決められていたようです。

20世紀後半にもろもろの基準が緩められたあと、1993年に名づけに関する法律ができて、この話は決着がついています。にしても、1993年って、結構最近。意外ですね。

 

名づけの条件って?

フランスの法律ではどんなふうに名前を付けるべし!と決められているのでしょうか?

大原則はコチラ!

両親は自由に名前を付けることができます

ということで、もう聖人暦や伝説の登場人物にこだわる必要はありません。

一方、条件があります。

子どもの利益に反しないこと

※※※この条件に違反すると、市役所から裁判所に通報され、訴えられます(爆)※※※

子どもに悪い影響がない範囲で自由に決めて良いってことなんですね。

というわけで、「自由に決められる」とはいえ、名前になってないような単語(苗字とか形容詞、オノマトペ)とか、意味をなさない音とか、テロリストと同姓同名になってしまう名前とかは認められないようです。

 

名前の変更ってできるの?

さて、では親がせっかくつけてくれた名前。

それでもやっぱりオリジナルすぎたり、ちょっと困っている・・・っていうケースも想定できますよね。

フランスでは下の名前を変えることはできるのでしょうか?

 

結論から言えば、出来ます!

ただし「単純に本人が気に入らないから」という理由だけでは改名できないようです。

 

じゃあどんな時ならOKなのよ?

珍妙な名前を変更したい時
珍妙というのはフランス語のridiculeから訳しました。まわりから笑われたり、からかわれるような滑稽な名前は改名できるということですね。

名前をフランス語化したい時
フランス社会に溶け込みやすいよう、という理由での改名です。モハメッドからピエールに変えたいとかそういうケースでしょうか。

性転換を行った場合
転換後の新しい性別に合わせて、女性の名前、男性の名前に変えたいという場合です。

 

これまでに却下されたキラキラネーム

名づけに関しては親の意向を最大限尊重すべし!ということになっているフランスですが、中には却下されるケースも。

これまでにどんな名前が却下されてきたのか調べてみると出てくる出てくる珍妙な名前!その一部をご紹介します。

 

@(アロバーズ)
アットマーク君。うん、ダメでしょ!

Fraise(フレーズ)
イチゴちゃん。Nutellaと並んで有名な話ですね。Clémentine(みかん) Prune(プルーン) Rose(ローズ) Pomme(りんご)はOKなのに!?

Mégane(メガン)
ルノー社の車の名前にもなっていますが、これ自体は普通に存在する名前。苗字が「ルノー」な家庭の子につけようとして、裁判になったことがあるようです。結局ご両親が控訴し、「少なくとも小学校入学くらいまでは苗字と下の名前を関連付けてからかいの対象にすることはあまりないと思われる」という理由で、この名前を付けることが認められたそうです。

Joyeux(ジョワイユ―)&Patriste(パトリスト)
双子の男の子にJoyeuxとPatristeと名付けようとした件。Joyeuxは元気な、楽しそうな、という形容詞。形容詞そのものを名前にするのはNG。

そしてPatriste。ん?この単語、見たことないな、と思ったら、なんと!Pas triste(悲しくない)からつくった造語なんですって!戸籍登録の担当者はジョークか?「Patrice(パトリス)」という普通の名前の書き間違えか?と疑ったそうですが、登録に来たパパは本当にこの名前を付けたがっていたとのこと。

「架空ののもので、珍妙ですらあり、子どもにとって困難と不快感をもたらす」とのことで却下されています。バッサリ

ルイ14世
えっと・・・。太陽王と呼ばれた17世紀のフランスの王様ですね。誰よ、こんなの付けたがったのは!14世とか、本人の名前ですらないし、と思ったら、この一件、1907年の出来事ですって。キラキラネームの先駆けか。

Ambre(アンブル)
琥珀を意味するこの言葉。女の子の下の名前として使われているそう。ここで問題になったのは、これを男の子の名前として付けたがった親がいたこと。女性同士の同性結婚カップルだったそうで、中性的な名前を付けたがっていたようですが、これは中性じゃなくて完全に女性名でしょ!ということで却下。

同じ理由で、Liam(リアム)という男性の名前を女の子につけようとした両親も却下をくらったという例があるようです。

Griezmann Mbappé(グリエズマン・エンバッペ)
有名サッカー選手2人の苗字を一度につけた親がいたようで、却下されています。まず、もはや下の名前じゃないっていう。しかも両方ね。ワールドカップに燃えたんだろうなぁ。意気込みはわかる。息子も彼らのように活躍してほしい!とね。でもね、コレはやっぱダメでしょ。

 

いかがでしたか。フランス語の名前に詳しくない私ですが、仲の良いママ友でVanille(バニラ)さんという人がいます。大手企業でバリバリ働くキャリアウーマンなのですが、バニラってあり?と思った記憶が(笑)実際、バニラを下の名前として付けることが出来るのかどうか、意見が分かれている所なようです。

皆さんの周りには変わった名前のフランス人いますか?面白いお名前を見つけたら、どうぞ教えてください!

 

(参考)

https://www.elle.fr/Astrologie/Prenoms/Prenoms-originaux-et-rares/Prenoms-interdits-3598295

https://www.society19.com/fr/prenoms-interdits-en-france/

https://www.parents.fr/prenoms/nos-selections-de-prenoms/ces-prenoms-dans-le-collimateur-de-la-justice-335967

積極的に取り入れたい【スーパーフード】後半 実践編

みなさま、ぼんじゅーる!最近スーパーフードにはまっているYumlabです。

前回はいろいろなスーパーフードを紹介しましたが、今回は実践編。
個人的にまだ食べたことがないスーパーフードをみなさまに紹介していきますね。

 

ちなみに私が普段から取り入れているスーパーフードは

  • チアシード (ソジャヨーグルトとフルーツに混ぜて)
  • キノア   (ゆでて、オリーブオイル、塩少々+野菜など混ぜる)
  • シードル酢 (ドレッシングとして、オイルとマスタード、塩、こしょう)
  • キューキュマ(スープや炒め物、カレーパウダー感覚で、今はやりのゴールデンミルクもおすすめです。温めた牛乳1杯に小さじ1のキューキュマ、ブラウンシュガーを入れるだけ)

今回挑戦してみたスーパーフードは…
左からココナツオイル、ヘンプオイル、大豆プロティン、クコの実、ザクロ

  • 麻(ヘンプ)オイル 加熱しないほうがいいのでそのままサラダに。味はアルガンオイルに似ているかな?癖もなく食べやすいのでリピ決定。エゴマオイルを探しているけれどまだ見つけることができません。

  • ココナツオイル そのままココナツ味のオイル。甘みがあるのでデザートにおすすめです。ココナツオイルでりんごを炒めるだけ。りんごを加熱することでペクチンが6~9倍になって、便秘、むくみが解消、疲労、美白効果もあるとTwitterで読みました。
  • クコの実 これ、よく見かけませんか?ドライフルーツみたいな感覚でそのままつまんで食べられます。甘酸っぱくて苦味がある独特な味。デザートや肉料理にいれたほうが食べやすそうです。
  • 発芽玄米 タイ米の発芽玄米はあったのですが、フランス産はまだみつけることができず(涙)いつも買っているカマルグ産のDemi-complet(半分精米されている)米にしました。友人いわく、カマルグ産の玄米を白米3:7で炊くとおいしいといっていました。
  • ザクロ よくみかける果物。フランスではシロップのほうが有名かも!?モロッコにいるときはよく食べていました。果実を取り出すのが面倒だけれど(半分にきって皮の部分をスプーンの背でたたいて取り出す)味はあっさり甘くておいしい。ザクロは更年期障害、生理不順、肌トラブルに効果的なので積極的に取り入れたいですよね。
  • 乾燥大豆プロテイン(日本のスーパーフード) ビオショップでたまたま見つけました。大豆を乾燥させたもの。よくかむと…豆まきの時に食べたあの大豆の味!これ小腹がすいたときのおやつにいいかも!

 

いかがでしたか?他にもスーパーフードを使った美味しいレシピがあれば教えてください!

 

【3/27日本語教育オンラインイベント】絵から広がる世界〜おはなし絵作り〜 

日本語教育オンラインイベントのお知らせです!

今回はオンライン日本語学習グループ「にっぽネット」とふらんぽんのコラボ企画「絵から広がる世界」〜おはなし絵づくり〜を開催致します。

今回にっぽネットの今井さんと斉藤さんから、フランスに住んでいるけれど地方都市という環境で日本語の補習校がなかったり、周囲に日本語を話す環境にないお子さんたちにもぜひ参加していただきたい、そしてこういうオンライングループがあることを知るきっかけになって欲しいということでお話をいただきました。

コロナ渦でなかなか日本語を話す子供同士の交流も難しいと思います。オンラインをきっかけにお友達と日本語で話をしたり、発表したりする場を提供するお手伝いがふらんぽんでもできればと考えています。

以下今井さんと斉藤さんからにっぽネットのご紹介とイベント詳細についてです。

ー自己紹介ー

初めまして!
レンヌ郊外の田舎街に住んでいる、今井志乃布・斎藤友里香です。
にっぽネットというオンライン日本語学習グループを作り活動を始めました。
日本語を子供たちに学んでほしいけれど、親子だけでは難しい、補習校は通うのが難しい…
そんな日本人の親御さんとお子様の希望、日本語力に沿った日本語個別レッスンと、アウトプットの機会として月一回のグループでの交流会を開催しています。
このイベントを通して一人でも多くのお子様たちが日本語に楽しく触れる機会になればいいなと思っています。

ブログのアドレスはこちらです。
https://ameblo.jp/bellesetoiles
どうぞよろしくお願い致します。

ーイベント詳細ー

「絵から広がる世界」〜おはなし絵づくり〜

☆図形に線や絵を書き足して、何の絵を描いたのかをお子様に発表してもらいます。

☆参加した子供たちの絵をメールにて送って下さった場合には、後日PDF形式の絵本としてまとめて、お送りさせて頂きます。

対象年齢:5歳以上

対象人数:5家族まで

※図形は前もってこちらが準備したものをお送りさせて頂きますので、絵を書き足した上でご参加お願いします。

※お送りする図形は全部で3種類です。

どれか1枚を選んでも、3枚ともに絵を描き足しても、どちらでも構いません。ご自由にお使いください。

※発表は時間と参加人数の都合により、1家族につき一人とさせて頂く場合もあるかもしれませんが、発表できなかったお子様の絵も絵本の1ページとして載せさせて頂きます。

それでは皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

お申込方法

日時: 3月27日(土)フランス時間午後2時から1時間程度

参加対象:フランスまたは日本において、日仏家族内で日本語教育をされているご家族。PC、タブレット、スマホ環境が使える方。

開催方法:Zoomを使用します。アカウントがなくても大丈夫です。 後日メールにてリンクをお送りします。

参加費:無料

テーマ:絵から広がる世界〜おはなし絵づくり〜 

申込方法: 以下、お申込フォームにお名前とメールアドレス、家族構成など簡単に自己紹介と参加されるお子様の人数と年齢をご記入いただいた上、送信ください。

【お願い】 ※必ずお読みください
欠席、遅刻・参加表明後に欠席される際、当日遅刻となる際は、メールにてご一報ください。
・当日の無断欠席はご遠慮願います。

座談会のマナー・宗教・商法の勧誘、物品販売、金融商品や不動産等の販売を目的とした方の参加をお断りしております。
・参加者の方から、上記勧誘を受けた場合などは、ふらんぽんまでご連絡ください。
・参加者の意見を否定したり、プライバシーを詮索したりするのはお止めください。

マナーを守って参加者全員が気分良く楽しめる座談会になるようご協力ください。