TV・映画・音楽, カルチャー
Leave a comment

思わず応援したくなる、フランスのオーディション番組 『The Voice Kids』

画像引用:http://www.huffpostmaghreb.com/2015/03/25/the-voice-kids-casting-ma_n_6941392.html

長―い夏のバカンスシーズンも終わる時期、フランスではテレビ番組も新しいプログラム、シーズンが開始しています。
今回はそのなかの一つ、『The Voice Kids』をご紹介!

『The Voice Kids』とは

そもそも『The Voice』というオランダ発のシンガーオーディション番組のキッズ版(出場資格:5歳~16歳)です。日本では全然知られていないこの番組。今は色々な国で展開されていて有名なのだそう。
なぜ私が『The Voice』ではなくキッズ版を紹介するかというと、ズバリそっちの方が面白いから!キッズの方が見ててもかわいいし(笑)、「将来歌手になるのかな~」とか想像しつつ応援しがいがあるんです。

個性的なオーディション方法

この番組の面白いところは何と言ってもそのオーディション法。一次審査で審査員は後ろ向きに座り、歌声だけで判断するのです。名付けて「Blind Audition」!
そして「この歌声はスバラシイ!」と思った審査員がボタンを押すと、初めて椅子が回転し歌っている姿を見ることができるのです。以下、動画は2015年シーズン2より↓

審査員全員納得のボタン押しLisandroくん

ボタンを押してくれた審査員の中から、子どもたちは自分のコーチを選びます。コーチはオーディション最後まで子供たちの歌唱法、パフォーマンスをサポートするのです。
ちなみに審査メンバーは今をときめくフランスの現役プロミュージシャン陣!

引用:http://pokora-france.com/2015/10/m-pokora-coach-dans-the-voice-kids-saison-3/mpokora-2/

引用:http://pokora-france.com/2015/10/m-pokora-coach-dans-the-voice-kids-saison-3/mpokora-2/

このコーチと子供たちの練習や交流風景を見るのもほのぼのしていいんですよね。

二次審査はグループパフォーマンス

二次審査はコーチが自分の生徒たちを小グループにまとめて1つの曲をパフォーマンスします。その中から今までのがんばり、伸びしろ、今後も指導したい魅力的な子を1人選びます。

一生懸命な姿を見ていると、「みんな選ばれたらいいのに~」と思うけどそうはいきませんよね・・・。

セミファイナルからはいよいよ視聴者投票が開始!

さてグループの中から1人ずつ選抜され、いよいよセミファイナル。ここからは1人1曲ずつのパフォーマンスになり、ここから視聴者票が導入されます。
1コーチにつき3人の候補者の中から1人がファイナルに進出します。う~ん、狭き門。

プロ顔負けのパフォーマンスを披露するファイナリストの1人、Léoくん。自信がみなぎっていますね~。

ついにファイナル、勝者は誰だ?!

そしてついについにファイナルへ。先ほどご紹介した圧倒的な歌唱力のLisandro、パフォーマンス上手なLéo、そして美ヴォイスの女の子Janeが歌います。

動画を見た方はお気づきかと思いますが、Janeは目が見えないんですね。でもBlind Auditionでは歌声以外の情報はありませんから、公平に審査ができるんです。
そして、実はファイナル曲はそれぞれ最初のBlind Auditionで歌った曲をもう一度歌います。それで成長度合を計る意図かと・・・ニクイね、演出!

白熱したファイナルの結果はコチラ!



はい、優勝はJaneでした!私は3人の中でJaneを一番応援していたのでうれしかったです♪
優勝者には1年間音楽学校に通う特典があり、これを機にますます歌声に磨きがかかりそう!

歌う子どもたちを思わず応援したくなる『The Voice Kids』、シーズン3が今年はいよいよ8月27日(土)からスタート。毎週土曜日8:55pmよりチャンネルTF1で放送中です!

『The Voice Kids』公式サイト

投稿者プロフィール

ULLA
ULLA
 フランス・ナント在住。
 高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。

 その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)

 渡仏から約4年続けていた仏語勉強はDELFB2取得後一旦お休み。

 現在は改めてライター、占い師としてフリーな働き方を模索中です。


 
Filed under: TV・映画・音楽, カルチャー

by

ULLA

 フランス・ナント在住。  高校卒業後フランス・・・ではなく、アメリカ留学して学位取得。  その後東京で働いていましたが、観光に来ていたフランス人と出会い、あれよあれよというまに結婚のため渡仏しました。(当時フランス語は全くはなせず)  渡仏から約4年続けていた仏語勉強はDELFB2取得後一旦お休み。  現在は改めてライター、占い師としてフリーな働き方を模索中です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です