お役立ち, カルチャー
Leave a comment

SMIC、切手、離婚、ガス料金etc. 2017年から変わるフランス制度のあれこれ。

ボンジュール!

フランス在住のみなさま。お給料がSMICで、手紙を出し、ガスの支払いをする、、、もしあなたがこのどれかに当てはまるなら知っておきたい2017年1月1日から施行になった各種料金&制度改定について紹介しまーす!

SMIC

昨年の時給が9.67€だったSMIC(最低賃金)は今年9サンチームアップの9.76€に。35時間のフルタイムだと手取り1,153€(額面1,481€)で11€アップすることになります。上がらないよりましか!と思いますが、これインフレに合わせた措置なので実質的にはマイナスにはならんがアップにもなってない現状維持っつーことですね。雇用状況も不安定で失業率も依然として高いままだしSMIC改定も控えめになったようです。

タバコのプレーンパッケージの完全導入

パッケージによるタバコ銘柄の判別ができないように、同型の箱に統一し、各メーカーのブランドカラー、ロゴ、画像をタバコの箱に記載することを禁ずるプレーンパッケージ(le paquet neutre)。ヨーロッパでは英国とアイルランドを除いてプレーンパッケージ制度を導入している国は少なく、フランスも去年まではたばこ屋ではプレーンパッケージと従来の箱の両方の取り扱いが認められていました。けれど今年から従来のパッケージは禁止されプレーンパッケージオンリーになります。

切手料金

La Poste によると『郵便物が減少しているなか、普遍的なサービスを維持するための切手料金の見直し』として、優先配達用の切手が0.80€から0.85€、通常郵便が0.70€から0.73€、エコ便が0.68€から0.71€へ。書留は3.77€から3.95€になります。

裁判せずに離婚

相互同意による離婚の場合、裁判所を通す必要はなくなります。相互同意とは婚姻関係の解消について、そして離婚後の子供のこと、扶養手当、財産分与などについてカップル間で合意していることを指します。ただし、夫婦各自が弁護士をたて妥当な利益配分であることを保証しなければなりません。離婚にまつわる諸条件の交渉が済み2週間の熟慮期間を経たのち、サインした離婚協議書を公証人が登録して離婚成立となります。子供が望む場合は裁判も可能。この改定により裁判待ちなどの時間短縮にはなりそうですが、夫婦とも弁護士をつける必要があるため、費用が前よりかかる可能性があります。

銀行の費用が高沸

54の銀行を対象にした調査によると、今年から口座維持費が平均して13%上がる見込み。また、他銀行のATM利用手数料は平均4.5%、デビットカード費も3.35%値上がりするなどの改定があります。詳細は利用中の銀行の料金改定を確認してみましょー。

ミュチュエル(医療保険)の値上げ

医療費支出の増大や2016年1月から会社員全てにミュチュエル加入が義務づけられたため、個人契約は2〜4%、団体(会社)契約は3〜5%の値上げとなりました。

いやーなんだかんだと値上げばっかりですねー。新年早々世知辛いですが、夢も希望も捨てず2017年もがんばってこー!と無理矢理締めてみました。

ではまたー!

参考記事: http://www.lemonde.fr/economie-francaise/article/2016/12/31/ce-qui-change-au-1er-janvier-2017_5055946_1656968.html

 

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

マカロン
マカロン
ブルゴーニュの小さな町で夫と2才の男の子と一緒に暮らしています。
フリーランスで翻訳業、さらに完全インドア趣味で家にこもりっきり。血の巡りその他もろもろが気になってきたのでとうとうジム通い開始、最近いい汗かいてます。目下、庭のない小さな一軒家探し中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください