TV・映画・音楽, カルチャー
Leave a comment

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルがはじまりました!

フランス映画好きは必見!日本未公開のフランス映画を、お家にいながらにして日本語字幕付きで鑑賞できますよ!!

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MFFF)とは?

「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」(MyFrenchFilmFestival.com)は、若手映画制作者によるフランス映画のショーケースというコンセプトのもとに生まれました。世界中のフランス映画ファンとオンラインでつながり、情熱を共有しようという、これまでにない革新的な映画フェスティバルです。第9回目を迎える今回は、上映作品が一新され、新たなプラットフォームが加わるほか、スクリーン上映も複数地域で行われる予定です。 (公式HPより引用)

期間は2019年1月18日(金)から2月18日(月)まで。

おススメポイントと注意点☆

日本未公開作品が日本語字幕付きで見られて、しかも短編だと無料☆
オンライン配信だから、好きな時に好きな場所で鑑賞できるのが素晴らしい☆

字幕が選べるので、フランス語字幕や字幕無しでの鑑賞も可能です。フランス語学習中ならぜひ試してみたいところです☆

また、オンライン配信だけでなく、期間中はアンスティチュ・フランセとの協力でスクリーン上映も行われます。

詳細はこちら

フランス映画好きにはたまらない企画ですが、いくつか注意点ありです。ダリアが個人的に気になった点をいくつかご案内します。

  • 短編は無料!でも長編は1本1,99€か、パック料金で7,99€。
  • 日本だと視聴できない映画あり!

私が一番見たかった『マチルド、翼を広げ』が見られないのはほんとに残念です…。
ちょうど同じ時期に日本で劇場公開するからでしょう。はい、おとなしく映画館に行って見ます。

しかし、全28作品中長編が12作品。そのうちの4作品が日本ではオンラインで見られないって、けっこう痛い。全12作見られるならパック料金が断然お得なんですが、8作品なら個別購入にしようかな?
まぁ。7,99€って約1000円だし、悩むほどのことではないんですけどね。

  • 映画内容は好き嫌いがめっちゃ分かれそう。注意!

「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」のラインナップはみんな良質な作品ばかりです。が、内容についてはかなり好き嫌いが分かれると思います。
けっこう刺激的・衝撃的な作品、バッド・エンド、ナンセンスすぎて笑えない、これが芸術なんか?って感じで意味不明な映画があると思います。わたし、全部の作品を見たわけではないけど、確信を持って言えます。きっと、ある(笑。
フランスで若手の作品中心の映画祭とか行ったことある人には「あるある」と理解してもらえるはず…。

とりあえず視聴環境チェックのつもりで、一番短い作品(Wild Love)を見てみたら、「これ絶対に子供さんに見せたらアカンやつや!あ、よく見たら作品説明に12歳未満はダメって書いてあった!」みたいな。

結論:ちゃんと作品説明を読んでから見ましょう。

各作品の感想は・・・しばしお待ちを。

まだ始まったばかりで、短編を数本しか見てないんですが、いちおう全作品鑑賞するつもりです。
来月18日までには、おススメ作品をふらんぽんで紹介しますね!

投稿者プロフィール

ダリア
ダリア
フランス語・英語通訳案内士。
合計7年間のフランス滞在で、ワーホリ、語学留学、学部留学、美術館でスタージュ、修士号取得、フランス人とPACSなど様々な経験をする。2017年日本に完全帰国し、大阪市在住。得意分野は観光、文化芸術分野。旅と美術館巡りを愛する。そんなダリアの日常ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください