カルチャー,
Leave a comment

みんな~!在仏日本女子の大先輩が帰ってきたよ、あの話題本の仏版を引っさげて!!

みなさま、ぼんじゅーる。どもどもー。

タイトルの通り、あの方から久しぶりにご連絡をいただきました。
はい、小畑リアンヌさんです。え?それ誰って…?
ふらんぽんでは過去に小畑さんのご著書『なにやってんだろう 私 このままフランスで死にたくない』を紹介しております!

フランス生活、子育て、倦怠期、老後、、、尽きぬ疑問•不安は大先輩から学べ!小畑リアンヌ登場!ってだれだ?!

 

こちらは小畑さんの自伝で、26歳でフランスに留学し、学業、仕事、結婚、子育てなどなどフランス生活での奮闘が綴られています。

ふらんぽんでもみんなで回し読みして(買えや!爆)、在仏、日仏結婚という同じ境遇の先輩話に色々と考えさせられちゃいました。

現実は厳しく、そして切ない。 小畑リアンヌさんの本【なにやってんだろう私】が共感できすぎた件

 

さて、この度、こちらの本のフランス語版を出版されたそうです。
小畑さん、ご出版おめでとうございます!
フランス語のタイトルは、、、

『Mais qu’est-ce que je fais là ? « Je voudrais pas crever » en France avant de vous dire…』!!!

日本語でもパンチの効いたタイトルだと思いましたが、フランス語にそのまま訳してもやっぱりこのタイトルすごいなぁ。笑

「フランス語版を出すとき実はかなり迷いました。フランス人の方からこれはまずいのではと言われたからです。でも、この国は表現の自由の国なのだから、これは私の物語なのだからとあえて出版しました。そんな経緯もあり、異国で暮らす人のことをもっと知ってほしいと頑張ることにしました。少しでも皆さんにメッセージが届いてほしいです。」

とのことで、小畑さんからのメッセージをそのまま転載します。

「なにやってんだろう私-このままフランスで死にたくない」の物語は、丁度私が62歳になるひと月ほど前から自分なりに精一杯生きてきた証に筆を取ったものです。

愛別離苦の人生の、後悔ばかりの日々を追うごとに過去に遡ります。そして26歳まで記憶がよみがえった時、浦島太郎のように大阪の地下鉄で62歳の現実の社会に引き戻されます。そこからまた新しい人生を一人異国の地で真剣に生きてみようと決心した自伝的エッセイです。

皆それぞれに自分だけのストーリーがあって生きていると思っています。私の場合は53歳の働き盛りの主人を亡くし、子供たちも家を出て、9年間たった一人になりました。ただフランスでの日々、若き時代の日本の日々だけに想いを馳せることは終りにしたかったのです。

フランスの家族によってお墓も立てることさえ出来なかったので少し意趣返しになるかもしれません。また主人をせめて本の中に形として残したかった。自分の人生を一度だけ思い切り振り向きたかった。フランスで生まれた子供たちは結婚し親元を離れていく。日本人を母に持ち本当に幸せだったのかは定かではありませんが、子供たちをこの地で、日本の文化と共に必死で育ててきた自負は今でもあります。

ですが、またあれから5年の歳月が経ち、日本語で書いた本は結局のところ子供たちに読まれることはありませんでした。生きた証に書いた作品で満足だったはずなのに、、、

世の中は本当に変わってしまいました。フランス語で残す意味があるのか実際のところわかりません。見失ってはいけない何かを求めて、自分で翻訳し出版する事を決意しました。

最初に読んでくれたフランス人の友人の意見は、少し題名がフランス人に強烈すぎないか、子供や孫との確執がよりいっそう大きくならないかと心配してくれました。言語の違いは大きく、今でもニュアンスが分からず戸惑っています。

自分が翻訳したのであれば、もしかしてこの直球のつたない文章でも少しは伝わるかもしれない、子供たちに読んでもらいたい、そんな願いがあります。

日本語の本は上野千鶴子さんから「日仏を架橋しようとしたひとりの女の軌跡、、、御著持ち歩いて読了、面白かったです。」と感想を寄せてくださって、彼女のネットの中で紹介もしてくださいました。さまざまな読者からも色々な感想をいただきました。

思い起こせば南仏へ来た当時、県庁で受付事務員の女性に「日本へ帰れ!」と罵倒されたこともあります。それぞれの国が自分たちとは違う人、違う文化を許容できなくなり、多様性を認めず色々な意味で差別が生まれ、格差や生活に困る人が出ています。

異国の地に住むのが益々困難になったこの世の中です。このコロナ禍は人間が本当に勝ち抜かなくてはならない試練のような気がします。今だからこそフランスで発表したい。翻訳版はeBook と言う形で2月25日よりDecitre, Amazon, Cultura, Fnac….で発売されます。読んでいただければうれしいです。

2021年3 月 小畑リアンヌ

 

みなさん、ご自身用にも仏人パートナー用にもいかがでしょうか?ぜひチェックしてみてください!

アマゾンのリンクはこちら

ではまた、あびあんとー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です