グルメ, 食文化・ご当地グルメ
Leave a comment

本場のワインをがっつり楽しむなら!ワインエキスポ “Salon des vins”

 

みなさんこんにちは。
最近自分に合ったお酒の飲み方がやっとわかってきたみきてぃです(遅)

日差しも強くなって、カフェのテラスや自宅ベランダ、ピクニックなど、外で飲むのが気持ちの良い季節。
日本にいた頃は日本酒や仕事上がりのビールなどが好きでしたが
こちらに来てからは一番手に入りやすいので種類の多さ、味の豊かさに魅了されてすっかりワイン派に。

そんな先日、近所で開催されていたSalon des vignerons(ワイン生産者エキスポ)なるものに参加してきました。Salon des vins(ワインエキスポ)などと言われることも多いようですね。

これがとっても楽しくて、皆さんにもオススメしたくなってしまいました!

Pic Saint-Loup7

味見ができる

入場の際、ワイングラスをもらい、展示に来ている生産者さんのワインを片っ端からテイスティング可。

良いワイン・高いワイン=自分が好きなワインとは限りません。

テイスティングをする中で、「こういう味が自分は好きかな」とか「この辺の生産地の味が好きかな~」なんてこと、そしてその逆に好きじゃないものが見えてきたりしてワクワクします。
「今度友達を呼ぶからその時にコレ」「今年のクリスマスにはコレ」など、テーマで選ぶのもいいかも。

自分の気に入ったワインを見つけられたら、嬉しいですよね。

そうそう、本当のプロの方は、ワインを口に含むだけで飲まずに捨てるものらしいですが、素人の私たちはちゃっかり飲んで楽しんじゃいました。

生産者さんから直接買える

ワインテイスティングをしながら生産者さんと話ができるのは何よりの魅力です。
作るときのこだわりや、味のイチオシポイント、どんな食事に合うかなど、その道のプロの話を聞くのは楽しいもの。

ちなみに、私はワインのことは詳しく知らないド素人なんですが、その辺はあんまり気を使わなくて大丈夫そうでした。
生産者さんも大して深みの無いコメントをする私たちを温かく迎えてくれたので、皆さん、ご安心を。

コスパが良い

「生産者さんから直接買える」にも共通する点ですが、
私たちが買うまでに販売店等をはさんでいないので、
同じワインを一般のショップで見つけて買うよりはお買い得です。

もともとすごーく気に入っていたロゼワインがあったのですが、
ワインショップで買うと20ユーロ以上!(だから飲むのは稀・・・)
が、今回のエキスポで、偶然その生産者さんに出会うことができました。
お値段を比べると、お店で買うよりずーっとお手頃でした。

それから、味見をしてから買えるので、失敗が少なく、その分無駄な出費を抑えられるって面もあります。

「そういうワインって高いんじゃない?」なんて心配も無用!
もちろん、私たちには手の出ない値段のワインもたくさんありましたが(そういうのはテイスティングで味を堪能♪)
ざっくり感触でいうと、7ユーロ前後が一番手ごろなラインアップで、どの生産者さんもこの辺の商品をちゃんと用意していました。
中くらいが10ユーロあたりの商品、その上は価格上限なしのこだわり品、という感じでした。

こういうサロンが色々な所で開催されていたのは見聞きしていたのですが、在仏4年目にして参加したのは今回が初めて。
きっかけは一度農場にお邪魔したことがある生産者さんからのメールでした。

私たち夫婦、Pic saint Loup という、プロヴァンスはニーム近くの生産エリアのワインが好きで、週末小旅行を兼ねてワイナリー巡りをしたことがありました。

Pic Saint-Loup

Pic Saint-Loup3

Pic Saint-Loup2

その中でさらに気に入ったのがMas de l’oncleという生産者さん。

Pic Saint-Loup4

 

遊びに行ってからしばらくたち、買ってきたワインも飲みほしてしまったので、注文しようか~と話していたところ、ウチの近くのエキスポにいらっしゃるとのお知らせ!
超グッドタイミング~!とその生産者さんを目当てに出かけたのでした。

Pic Saint-Loup5

というわけで、初参加のエキスポ。

色々味見していく中で気に入ったワインがいくつか見つかって、とっても楽しい時間になりました。

反省点といえば・・・
その場で購入を決めると、つい買いすぎてしまいます(予算を大幅に超えた我が家の例)。
味見をしたらいったんそのスタンドから離れ、一通り展示をめぐり終えた後に購入するワインをじっくり検討し、本当に欲しいと思ったものだけ買う!
これが次回に向けての作戦です。

投稿者プロフィール

みきてぃ
みきてぃ
ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、幼稚園児の息子の3人家族。現在はパリ第1大学・通信課程で学びつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です