グルメ, 食文化・ご当地グルメ

日本でも人気になってきたガレットについてもっと知ってもらいたい!【前編】

7月に入り、ブルターニュでは他の地方のナンバープレートをつけた車が増えてきました。避暑地としてブルターニュを訪れる方、とっても多いんです。確か2年前の新聞のアンケートではフランス国内で夏に訪れたい場所2位。因みに一位はコルシカ島。コルシカ島ってほぼイタリアじゃん。ってことはブルターニュは一位ってことね。と勝手にブルターニュ贔屓に解釈したLoc-envelです。

さて、そのブルターニュ地方の郷土料理といえばガレット。ガレットは生地をそば粉で作った食事用の甘くないクレープのことです。

ここ数年、東京を中心にガレット専門店が出来たり、お洒落なカフェではガレットをランチメニューに加えるようになってきました。日本も少しずつガレットファンが増えてきたのかな?なんて思っています。

そこで、まだガレットを食べたことないという方の為に、今日は本場ブルターニュのガレットについて紹介します。

ブルターニュでは、カフェよりも、ファーストフード店よりもクレプリー
ガレットのお店は「crêperie/クレプリー」と呼ばれ、フランスには4000を超えるクレプリーがあります。その殆どがブルターニュにあり、カフェの数よりも多いと言われています。
大きな町や観光地だけでなく、田舎の小さな村にも必ずクレプリーがあるんですよ。外食の値段が高いフランスで、クレプリーは比較的安く食事が出来る為、観光客にも地元住民にも人気なのです。

生地が命!
ガレットの生地はそば粉で作られる為、少しグレーがかっていて、小麦のクレープより香ばしい色をしています。シンプルな料理だけに、生地の美味しさが重要です。
そば粉、水、卵、塩、たった4つの材料で作る生地にそれほど味の違いが出るの?と思ってしまいますが、ちょっとした分量の違いや作り手の技術で違いが出てきます。
ブルターニュではマルシェやスーパーでも美味しい生地を売っていて、家庭でも気軽にガレットを作ることが出来るのです。我が家でも月一度は食べています。献立に困ったら「ガレットにしよう」って考えるところ、ちょっと大阪人にとってのお好み焼きに似てるかな?

具材のおすすめは?珍しいものは?
生地の上には卵やチーズ、ハム、ベーコン、魚介類、野菜、キノコなどの具材をのせ、ブルターニュ産の香り高い有塩バターでパリッと焼きあげます。
具材の定 番はcomplet/コンプレと呼ばれる“卵、ハム、チーズ”の組み合わせ。溶けたチーズとハムの塩気、とろりと流れ出す半熟卵のハーモニーがたまりませ ん。夏はトマトやサラダなどが入ったさっぱりしたもの、秋はキノコ類、冬は数種類のチーズが入ったボリュームのあるガレットが好まれてい ます。
又、海に近いクレプリーでは帆立、ムール貝、海老などをのせたものなども人気です。珍しい具材では、ブルターニュの特産であるandouille/アン ドゥイユという豚の贓物で作った太いソーセージ。薄くスライスして食べるのですが、切り口が年輪のようになっているのが特徴で、独特のスモークの香りがし ます。

andouile

引用:http://www.morbihan.com/

定番の飲み物は?
フランス料理を食べる時に欠かせないのはワイン。でもガレットの時はシードルなのです。シードルはリンゴを天然発酵した発泡酒のことで、これもブルターニュの特産物。リンゴの自然な甘さと凝縮した旨味、そしてお酒としての美味しさもきちんと感じることが出来るお酒です。
シードルの種類は3つあり、辛口はBrut/ブリュット、中辛口はDemi-sec/ドゥミセック、甘口はドゥーDouxと呼ばれています。お酒が好きという方には、ブリュットがお勧めですが、お酒に弱い女性にはアルコール度数も低くジュース感覚で飲める甘口のDouxが良いでしょう。因みにシードルはグラスでは無く陶器製のシードル用のカップで飲みます。このカップをブルターニュのお土産にする人も多いです。
  cidre3

本場ブルターニュのガレット紹介まだまだ終わりません!後半をお楽しみに!

 

投稿者プロフィール

loc-envel
loc-envel
留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?
Filed under: グルメ, 食文化・ご当地グルメ

by

loc-envel

留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?