ライフ, 毎日の暮らし
Leave a comment

Je t’aimais, Je t’aime, Je t’aimerai 私を置いて先に逝かないで!

信じられない回数の余震や地震。熊本、大分、九州地方の皆様が一日でもはやく普段の生活に戻れるように遠くから祈っています…

前回のお墓問題に引き続き、縁起でもないけれど…万が一旦那が先に逝ってしまったらどうしよう?って考えたことありませんか?ふらんぽねーず

たちの意見は…(太字の部分)

 『彼氏が8歳下なので、お互いが平均寿命どおりに逝けば、ほぼ同時に死ねる!まさに三国志の桃園の誓いのごとく(画像参照)。これが理想です。オタクでごめんなさい。』

sangoku01

引用:http://dazaifu-magokorodo.com/sangokushi01

ちなみに2013年度のWHOによる統計では日本女性は87歳 (えっそんなに生きるの~?)
フランス男性は82歳だって!健康で長生きできるのであればいいけれど。

『主人に先に死なれたら・・うーーほんと辛い。考えたくないけど、日本に戻るかも。年取ると母国に帰りたくなるって岸恵子さんも言ってたし。』

ただでさえ異国の地で不安なのに、長年連れ添った旦那に先に逝かれるなんて辛すぎますよね。
理想は2人で亡くなるか、旦那に看取ってもらうのがいいかな~。
そういえば岸恵子さん、もう日本に戻られていますよね?

『夫が先に亡くなったら日本に帰るか、日本でお金貯めて、また違う国にしばらくビザ取って住んでもいいかな、と思います。 
あと、「私生涯独身かも」と思っていたので、以前何人かの日本の友人と「独身だったら老後は一緒に住んで助け合おうよ」と話していました。(ちなみに私以外はまだ皆独身で、「裏切者~!」と恨み半分・冗談半分で言われてます。

彼女たちにも「何かあったら(離婚?死別?)また一人で帰ってくるからそのときはヨロシク!」と伝えてあるので、彼女たちと協力して近くに住むかもです。』

 私の友人もすでに何名かはバツイチだったり、独身だったり、友人同士で助け合って生きていくのもありかも!

『 仕事があったり子供がいたらフランスに残りますが、そうでなければ日本に帰ると思います。』

旦那とは同い年です。フランスで孤独&経済的に日本で余生を送れる目処がついているなら速攻日本帰国!
日本の家族や友達と温泉行ってわいわい楽しい余生を想像しちゃいますが、でもフランスの地元で仲のよい友達がいてけっこう楽しくやっているならフランスに住み続けます。

まだ若くて元気なうちに日本帰国となれば日本で生活を立て直すのが可能かもしれないけど、あんまりお金もなくて高齢になっての帰国だと日本の健康保険制度とか崩れてきてるし、老人層の貧困が深刻になっているし、日本で余生を送るのは現実問題大変なのかなとか思います。お金もない私はそう考えると、フランスで楽しく余生を送れるような生活作りを今からしていくのがいいのかなとか思ってます。

でも、私の町に住んでるオーバー85の国際結婚した日本女性は若い頃に日本を捨てるつもりでフランスに来たといってましたが、今は毎日のように日本の友達とスカイプしてるそうです。フランス語もすっと出てこなくなってきているっぽいし、年をとると日本がどんどん恋しくなるんでしょうねーやっぱり。。。。切ない!』

 たしかにその時の状況によりますよね。確かに日本で生活するほうが絶対お金がかかる。日本だと老後の平均生活費25万(あくまでも一般論)とかよく聞くけれどフランスだったらそんなにかからない!

『旦那が1歳年上です。もし先立たれたら…その時の状況によると思います。まだ日本でやり直せるぐらいの年齢であれば、日本に帰ると思います。が、年齢的に子供や仕事等、こっちで根を張っていたらこっちに残るかも。
こっちに根をはる、楽しくフランス生活していくのが目的ですね。それに日本とフランスを行き来できる経済力を持っていたいな〜と思います。そうすればどっちの国にも半々で生きていけるかも!』

夫が7歳年上なので、男性の方が寿命が短いことも合わせると、彼が先に逝く前提まんまんです。そんなわけで10年は一人になる気配。
子どもがいるかどうか、日本の家族がどのくらい生きているか(なんかキツイ表現ですが)あたりがフランスに残るか日本に帰るかの決め手かな~と思っています。
日本に帰る可能性がちょっとでもある限り、国籍放棄は怖くてできないですね。あと、認知症になると母国語以外出てこなくなるって話を聞いて、フランス暮らしが厳しくなる日がくるのかな??なんて漠然と思ったりしています。』 

今回ふらんぽねーずたちにアンケートを取ってみて何が一番衝撃だったかというと

認知症になると母国語以外、でてこないということ!

知りませんでした。自分はわかんなくなっちゃうからいいのかもしれないけど、これ廻りにかなり迷惑かけてしまうってこと?なんだかな~。

そしてやっぱり私たち日本人!?一人も新しいフラ男を見つける!という案がなかった…これフランス人女性だったらありありかも!人生楽しまなくっちゃ!とか言って。

投稿者プロフィール

yumlab
yumlab
海外在住歴20数年、23歳の時単身渡仏、留学を経てクラブメッドでGOとして世界中を転々とする。
フレンチポリネシア領タヒチ、ボラボラ島で今の旦那と知り合う。
同島でホテルスタッフとして働いた後、旦那の仕事の都合でカリブ、モロッコ、モーリシャスに在住。もう移動は嫌だ!とフランスに住むことに決めたものの、サボア地方、ブルターニュ地方を渡り歩き現在プロバンス在住。神戸出身のママライター。趣味は筋トレ、お菓子作り、手芸、物作り。
Filed under: ライフ, 毎日の暮らし

by

yumlab

海外在住歴20数年、23歳の時単身渡仏、留学を経てクラブメッドでGOとして世界中を転々とする。 フレンチポリネシア領タヒチ、ボラボラ島で今の旦那と知り合う。 同島でホテルスタッフとして働いた後、旦那の仕事の都合でカリブ、モロッコ、モーリシャスに在住。もう移動は嫌だ!とフランスに住むことに決めたものの、サボア地方、ブルターニュ地方を渡り歩き現在プロバンス在住。神戸出身のママライター。趣味は筋トレ、お菓子作り、手芸、物作り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください