ライフ, 毎日の暮らし

カルトブルーの不正使用、そして銀行とのバトル

 

先々週、我が家の生活費全てが入った銀行のカルトブルー(キャッシュカード、デビットカード、クレジットカードが一体になったカード)が悪用されてしまいました。

主人がパソコンでカードの利用明細を確認していた時、身に覚えのない利用履歴があったのです。

銀行にすぐ電話で報告し、担当者と予約を取り、直接銀行へ行って詳細を調べてもらうことになりました。こういった事は口座を開いた支店まで行かないといけないのですが、私達の場合90キロ離れた実家近くの支店だった為、大変でした。
書類を郵送すればカードの停止や再発行の手続きなども出来るらしいのですが、フランスでは基本、直接行った方が事が早く進みます。郵送物などは開けられず放ったらかしにされそうですものね。

不正使用は全部で3件。うち2つはネットで映画のDVDを観た(購入した?)もの、残りの1つはウィーンのお店(?)から引き落とされたものでした。おかしいと気づいたのは、そのお店で一旦600€引かれた後580€が返金されていたからです。
この変なやり取りがあったことで、不正使用に気づいたのですが、そうでなければ危うく見落とすところでした。なぜなら、被害金額全部で45€だったんです。これが高額使用されて口座残高がガクッと下がっていたら、2週間前ATMでお金を引き落とした際に気づいていたのでしょうけど、この金額では明細書見ない限り気づかないです。
泥棒は長期に渡って少しずつ使用するのが目的なんでしょうかね?それにしたって最初に買った物がDVDって、まるで自分のカードを使うように気軽に泥棒していることが感じられます。「ちょっとこの映画見たいから、今日はこのカードにするか」的な?

銀行では若いお姉さんが対応してくれ、カードは翌週の土曜日には受け取れると聞き一安心しました。しかし、最後に
「お金は戻らない場合がある」
と案内されたのです。そのことが腑に落ちず、盗難届を出す際に警察で話してみました。すると
「それは銀行が嘘を言ってるね。カードが不正使用された場合、銀行は必ずお金を返さないといけないことは法律で決まっているし、銀行がそれを知らない訳がない」
と言われました。今回警察の方が思いの外親身になって話を聞いてくれたのが唯一の救いでした。

「フランスは銀行さえも信用できないのか、有りえない・・・・。」と言った私に対し、
「銀行だから信用できないんだよ。」と主人が一言。

そして主人の言葉を納得させる更なる出来事が・・・。カードを受け取る前に銀行から郵便で届くはずの書類がいつまでたっても届かないのです。それが無いとカードを受け取っても使用が出来ないという大事なもの。金曜日の朝、銀行に電話して確認してもらうと、担当したお姉さんが手続きを完了しないままバカンスに行ってしまったとのこと。出た!バカンス中だから出来ないって言葉。伝家の宝刀みたいに使ってますけど、長年日本に住んでた主人には通用しませんから。

前回彼女がお金の返却についても誤った案内をしたことも合わせてクレームし、明日中に書類とカード両方の受け取りが出来るよう約束させました。

フランス人も本気を出せば出来るんですね。翌日無事書類もカードも受け取れました。っていうか、そんなすぐ出来る仕事をほったらかしにしてバカンスに出かけるフランス姉ちゃんの神経が理解出来ません。これに関してはフランスで何年暮らしても、日本人として理解したくないところであります。

更にここですんなり終わらないのがフランス。カードの再発行という名目で口座から10€引かれてました。こういう場合の再発行は無料です。主人の怒りは頂点に達したようで、今度は支店長を引っ張り出して再クレーム。でも支店長からは一切謝罪の言葉はありませんでした。もともとカードが悪用されたのは銀行の責任じゃないから、手続き中に落ち度があってもそれも銀行の責任じゃないということか?

お金返ってくるのかな・・・・・。

みなさんも気をつけて下さいね。カード番号や有効期限、暗証番号などは比較的簡単に盗まれてしまうようです。我が家のパソコンはウイルスバスターを入れていることは勿論、カードを使用する際はセキュリティー関連には神経質すぎるくらい注意を払っていたのに、被害に遭ってしまいました。これ以上何に気をつければいいのやらと、かなりショックでしたが、今後は被害に遭うのは避けられない事だと割り切り、遭った場合すぐそれを銀行に報告することが最も大切だと学びました。被害額を増やさない為というのもありますが、銀行からの払い戻しは60日以内に請求しないと無効になるようです。こまめに明細書を確認することをお勧めします。

投稿者プロフィール

loc-envel
loc-envel
留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?
Filed under: ライフ, 毎日の暮らし

by

loc-envel

留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?