ライフ, 美容・ヘルス
Leave a comment

夏だ!脱毛だ!フランスでエステ脱毛してみたよ

初夏ですね~!みんな半そでになるこの季節、女子が集まれば話題に上るのが「脱毛、どうしてる?」今回は気になるフランスの脱毛事情と、エステで実際に脱毛してみたダリアの体験談をお届けします。旦那(彼氏)のワキ臭でお悩みの貴女にとっておきの情報もありますので、どうか最後までお読みください☆

おフランスの脱毛事情

20年位前までは、「ヨーロッパの女性はワキ毛ぼーぼー」がデフォルトだったようですが、そんなの今や都市伝説。日本と同様に、スーパーにはT字剃刀や脱毛ワックスが並び、TVの通販番組では自宅でレーザー脱毛できる器具が紹介され、エステサロンでは各部位の脱毛(Epilation)が受けられます。

だからきっとフランス人女性もアンダーヘア処理をしているはずなのですが、実際どうなっているのか、フランスに5年以上住んでいるのに見たことが無いので謎。フランスには日本の銭湯や温泉のような全裸になる場所はないし、プールやスパの着替えは個室でするので、女同士とはいえ観察する機会がないのです。

何人かフランス人の友人に聞いてみたのですが、私の友達は極端なのか(苦笑)、「エステで回数券買って常につるっつる!私はムダ毛が大嫌い!」って子もいれば「は?下の毛?処理?考えたことも無い」って生やしっぱなしの子もいて、全体像が見えません。

そこで見つけたのが、このエステの広告!これで謎はスッキリ☆

image-epilation-maillot

引用:http://www.quedubonheurinstitut.fr/

日本で言うVIOラインは「Maillot」

フランス人女性は「焼き海苔」より「地下鉄の切符」?!

左上から:

  • 『クラシック』普通のパンツからはみ出る毛だけ処理
  • 『エシャンクレ』クラシックよりV字に食い込んだフォーム
  • 『ブラジリアン』さらに食い込んだフォーム。
  • 『チケ・ド・メトロ』地下鉄の切符型(笑)!
  • そして最後はつるんつるんの『アンテグラル』

地下鉄の切符型、これ、日本だと焼き海苔って言いません?これもお国柄なのかしら。あと、サロンによっては『ペルソナリゼ』(オーダー)も可能なので、キュートなハート型に刈り込んで彼氏をビックリさせちゃったりしているようです。勝手にしてください、って感じです。 

エステ脱毛体験してみたら

近所のこじんまりしたエステサロンで、アンダーヘアのワックス脱毛を試してみましたよ。ちなみに『エシャンクレ』で(←まったく必要ない個人情報)。

パンツを脱いで施術台に寝転がって、エステティシャンのお姉さんの言うままに片ひざ立ててー開いてー次は反対側ー。ぺたぺたと温かいワックスを塗られて、べりっとはがされるのを数回繰り返し、20分くらいで終了。あっという間です。日本でレーザー脱毛を経験してる私には「痛くもかゆくも無い」レベルでした。

前面の三角部分だけでなく、自分では処理しにくいIライン・Oラインの風通りが良くなってスッキリ。2,3ヶ月は保つから、みんなバカンス前に処理するみたいです。

これで16ユーロは妥当な感じでした。しかも、サロン化粧品の販売やコース購入のしつこい勧誘がなくて、日本より気楽に利用できました。

実は男性におススメのワキ脱毛

我がパートナー(仏人男性・30歳)、朝シャワーを浴びてデオドラントをつけても夕方にはワキ臭が・・・とちょっとお悩みだったのですが、「ワキをワックス脱毛すれば臭いが激減」という情報をネットで見つけて、果敢にサロン脱毛に挑戦しました。
自分で抜いたり剃ったりすると肌をいためて余計くさくなるそうです。
しかし普通、男性にとって、エステって心理的なハードル高いんじゃないの?と私なんかは腰が引けてしまうのですが、彼は散髪屋に行くような気楽さでサロンに行って、つるっとしたワキになって帰ってきました。

すると・・・!!全然ちがいます。臭いが。まさに激減。

ちなみにワキ脱毛は10ユーロで、ひと夏これで快適に過ごせるなら安いもの。もちろんワキガの人は病院に行って相談したほうがいいけど、病気ではないけどけっこうキツイ匂いで困っているなら試す価値はあるかと思います。
旦那(彼氏)のワキ臭でお困りの方、ワックス脱毛、めちゃおススメです!

さいごに

「つるっつるじゃないと女失格」みたいな息苦しさが無いおフランス。女子でも指毛とか腕毛なんか、みんなぼうぼうです。しかもアンダーは他人に見られる機会はまず無いので、自分と、自分のパートナーが良いと思えばそれでオッケー。サロンは気軽に利用できるし、いっぺん試してみるのもいいかも☆

投稿者プロフィール

ダリア
ダリア
フランス語・英語通訳案内士。
合計7年間のフランス滞在で、ワーホリ、語学留学、学部留学、美術館でスタージュ、修士号取得、フランス人とPACSなど様々な経験をする。2017年日本に完全帰国し、大阪市在住。得意分野は観光、文化芸術分野。旅と美術館巡りを愛する。そんなダリアの日常ブログはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください