ライフ, 妊娠・出産・育児
Leave a comment

【フランスで妊娠】高齢妊婦の妊娠生活3 : トキソプラズマそして心拍確認(4W—6W)編

みなさまボンジュール!

まだまだ続くよ、妊娠日記。
さっそく前回の続きです。

 2度目の検診。寿司が食べたいけどトキソプラズマ陰性だよ。(4W3D) 

BHCG数値から妊娠が発覚した2日後、婦人科医を再訪問しました。
しかし経膣エコーでは胎児を確認できず。 

とりあえずトキソプラズマ陰性だったため注意事項のリストをもらいました。

内容は、、、 

1.手洗いの徹底。生肉触った後や土いじりをした後、そして食前はとくにしっかりと!
2.肉にはよーく火を通す。レア、ミディアムはもちろん生ハム類もNG。生の魚介類もダメ!
野菜や果物についた土は丁寧に洗い落とす。生食の場合とくに注意。外食での生野菜は避ける。
4.猫には触らない。生肉は与えず、毎日お湯か消毒液で手入れすること。猫のトイレも毎日掃除。でもこれらは誰か他の人にやってもらってね。 

ってことでした。

これから出産まで毎月血液検査(無料)です。

トキソプラズマに感染すると胎児への障害や流産の確立が高まるそうなので、注意事項をしっかり守らんと!ってうっかり忘れて外食先で生野菜やサラミをモリモリ食べてしまったことが何度かありましたが。あぶない、あぶない。^ ^;

その後、気が乗った時は(え?)、殺菌目的でお酢入り水を使って生野菜や果物を洗ったり、ついでに農薬も気になった時は重層で洗ったりもしました。 

ちなみに、トキソプラズマの感染率はフランス人が約 80%、日本人は10%程度だとか。フランス人は生肉を食べることが多いため感染率が高いそうですが、いっそのこと私も感染していれば寿司も食べれたのにな〜! 

診察費:36€(保険適用で自腹分1.35€) 

初回エコーの予約

胎児未確認のため妊娠届けはまだ出せないけれど、どこかの産科で第1回エコーの予約を取るように言われました。
フランスではエコーは3回のみ。(といっても私の通う婦人科では毎月の定期検診でサクッと経膣、腹部エコーで赤ちゃんの姿を見せてくれてます。)
初回エコーの主な目的は21トリソミー(ダウン症候群)の検査で、胎児の首の後ろの浮腫の厚さを測ります。 

私の町は小さく、選べる病院が少ないどころか選択肢は1軒のみ。
念のため婦人科医におすすめの先生を聞いて医師指名で予約をとりました。が、なんと2ヶ月も先。といっても初回エコーは12週頃にするので、これでオッケーです。 

ついに卵ちゃんを発見、心拍も確認! 

さて、前回検診から2週間経ち、これで3度目の婦人科訪問(6W3D)。
経膣エコーで胎芽が確認できました!

心音は聞いてませんが(機械がしょぼいのか?!)、モニターに映る胎芽の一部が赤く点滅しており、それで無事心拍確認となったようです。
全長は7mmで卵みたいな形。
7mmて、、、これが赤ちゃんだなんて、、、
こ、こんなはかなげなもん見せられたってこっち不安でたまらんわいっ!爆。

嬉しいには嬉しいけれど。。。
感動とか神秘とかそんなことよりこれ本当に人間になるのか不安で不安でたまりませんでした。

 診察費:64€(保険適用で自腹分は2.35€) 

ここからが不安との戦いです。。。 

「心拍確認できたらひとまず安心よ」と母に言われていたけれど、いやいや。安心どころか不安は募るばかり。

過去の化学流産、高齢、初妊娠、、、不安材料ばかりを考えてしまいます。 

こうしてはかな〜い卵ちゃんを目撃した日を機に、鬼のごとくネットで情報収集しまくる生活に入ります。汗 

6週3日で7mmって標準的なサイズ?
右おしり下の骨が傷んだけど、稽留流産?
つわり全くない、流産? 

とかあらゆる身体の変化に過剰反応し、即ネット検索。(ほんとこれよくないわ〜、余計不安が増えます) 
「とくに安静にしてる必要はなし。普段通りの生活でOK!」と先生に言われていても不安にかられ、なるべく家でジッとしている日々が続きました。

そんな不安を紛らわすのにちょっと役立った本はコレ。 

livre

画像引用:https://www.amazon.fr/Votre-grossesse-jour-apr%C3%A8s/dp/2035913217/

最終生理開始日から出産までの赤ちゃんの成長を日ごとに追ったものです。これを毎日見ながらお腹の中の赤ちゃんはちゃんと生きてるぞ!成長してるぞ!と想像していました。笑
「妊娠手帳」などスマホアプリでも毎日の成長を簡単に教えてくれますが、本の方が説明もしっかりしているしフランス語で妊娠・出産用語を知れるのも良かったです。

目に見えないので赤ちゃんの無事を信じるか祈るかしかできない!こうして妊婦は強くなっていかざるを得ないのか?! ふ〜。

ではまたー!  

投稿者プロフィール

マカロン
マカロン
ブルゴーニュの小さな町で夫と2才の男の子と一緒に暮らしています。
フリーランスで翻訳業、さらに完全インドア趣味で家にこもりっきり。血の巡りその他もろもろが気になってきたのでとうとうジム通い開始、最近いい汗かいてます。目下、庭のない小さな一軒家探し中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください