ライフ, 美容・ヘルス
comments 2

そしてそれは遂に来た!?ちょっと悲しいけどみんな通る道だよね?

先日のマカロンの記事にあった不妊治療の保険適用は42歳までというのをみて、自分はもう年齢外で悲しくなったyumlabです。(不妊治療は日本で終了済みですが…)
 
それはそうと、ついにアレが、アレが来たのかもしれません…
アレって何よ!読者のみなさん期待させてすんまへん。更年期障害です!(爆)
まだほど遠い年齢のかたも参考までに読んでくださいね!
 
以前にも更年期障害の記事を書いたのですが、今度はそれが現実となって自分の身に起こりました。(たぶん。いや絶対)
 
今までかなり定期的だった生理もここ1年、なんだか周期が短かかったり、チョロチョロパッパだったり…(ってご飯の炊き方かい!笑)気が付けば今年の3月以降生理が…そういえばない!!!!最近不順だし、引っ越しなどでバタバタしていて全然気にしていませんでした。
 
 
それが、2週間あたりからなんだか身体が急に火照る。突然カァッ~と熱くなって汗がじわ~っと出る感じ。あれ?この症状ってホットフラッシュじゃない?(ちなみにフランス語でホットフラッシュ、火照りはbouffée de chaleur)うちは母親が自律神経失調症の症状である火照りでいつも苦しんでいたので、すぐそれだと思い浮かびました。
 
 
そしてネットで調べまくる。ホットフラッシュって突然熱くなって汗がすごい吹き出すみたいだけど、私はまだ軽いのかな?吹き出すまでは行かず今のところジワ~という感じ。
でもこれが寝てるときにも出てくる出てくる。いやや~~~~~~~!!でもここ最近暑くなってきて普通に暑いのか、更年期で熱いのかわからなくなってきてる状態です。(笑)
 
 
早速治療法を調べて見ると、HRTホルモン補充治療、漢方薬、プラセンタ療法などでてきました。フランス人女性は45歳からピルを飲んでいるって聞いたことがあるので、以前病院に行ったときに主治医の先生に聞いてみたことがあるんです。。
先生曰く、症状がひどい人にはそれなりに定量ピルなどで治療することもあるとのこと。でもこのホルモン補充治療は乳がんになるリスクが少し増えるという情報も。うーんやっぱりリスクは背負いたくないけど日本だとこの方法をお勧めするドクターもいるので今度話を聞いてみたい!
 
 
今回フランス在住の友人が心配してくれて、命の母A(更年期障害用の漢方飲み薬、生理痛がひどい人には白い命の母バージョンもあります)を送ってくれました。日本の口コミではこれがかなり効くらしく、私も早速試してみることに。でもあいにく飲み始めた日から片頭痛が…
もともと頭痛もちなのでまあこんな日もあるわいなと思って2日、3日そのまま続行。頭、痛い!!!なんでだろ?毎日かなりひどい片頭痛があるのでやめました。Mちゃんせっかく送ってくれたのに~ごめんね!漢方治療にも興味があるけど即効性はないので気長に治療していくかんじでしょうか。
 
 
そしてプラセンタ療法。(プラセンタとは胎盤のことでこのエキスを使用します)美容効果もあるプラセンタの注射を打つ。一回数百円から3千円位ですが、更年期障害が理由だと保険も効くみたいです。
これが副作用がほとんどなく、一番ベストらしいのですがネックが一つ、プラセンタ療法を受けたら2度と輸血や移植ができなくなること。う~ん。これ試したいけど息子がまだ小さいから、もし万が一輸血が必要になったりした場合できないのも困るし。でもフランスであるのかな?プラセンタ療法。
 
 
更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンが減少することで自律神経に影響を及ぼすといわれているので、今はエストロゲンをつくるもとになる大豆イソフラボンの摂取や自律神経を調えるヨガなどに挑戦。フランスで納豆は簡単に手に入らないので豆乳。今は一日コップ一杯飲むようにしています。
 
 
みんなはどうしているのかなと思い、聞いてみると…まだ早くない?といわれることが多かったのですが、日本人の平均閉経が50歳前後で、それを境に10年、45歳から55歳くらいまでが更年期障害の症状が出る年齢なので自分はばっちりそこにいるわけですよね。なんか悲しくなってしまいますよ。まあ順番と言えば順番なんだけど自分の加齢を認めたくないっていうのかね。
 
 
日本の同年代の友人にもメールしてみました…Aちゃん 私も更年期バリバリ~。命の母と、婦人科でもらった漢方薬を飲んでるみたいです。彼女は命の母で頭痛はないらしく、その2つのおかげで症状が和らいでいるとか。
高校の同級生K子にもきくとyumlabそんなんふつ~やで! なんかこの言葉を聞いてほっとしました。誰にでも起こる自然の現象だから受け入れて、自分にあった治療法を見つけていくしかないのかなと…
 
 
今回日本に一時帰国するので、婦人科に行って自分にあった治療方法を聞いてきます。
 
って全然フランスと関係ない記事でした。スミマセン

投稿者プロフィール

yumlab
yumlab
海外在住歴20数年、23歳の時単身渡仏、留学を経てクラブメッドでGOとして世界中を転々とする。
フレンチポリネシア領タヒチ、ボラボラ島で今の旦那と知り合う。
同島でホテルスタッフとして働いた後、旦那の仕事の都合でカリブ、モロッコ、モーリシャスに在住。もう移動は嫌だ!とフランスに住むことに決めたものの、サボア地方、ブルターニュ地方を渡り歩き現在プロバンス在住。神戸出身のママライター。趣味は筋トレ、お菓子作り、手芸、物作り。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です