ライフ, 美容・ヘルス
Leave a comment

フランスの医療周り事情 hôpital(病院)、clinique(クリニック)、médecin(お医者さん)って何だ~!?

日中と朝晩の気温の差が激しいコートダジュールです。

そんな中、先日夫がのどの風邪でダウン。
お医者さんに診てもらって、無事回復しました。

そういえば、フランスの医療制度って日本とはまた違いますよね。

こちらに来たとき、時々体調を崩す夫や周りの人に
「体調悪いなら病院(hôpital)行った方がいいんじゃない?」などと話をしていたのですが、なんか変な顔されたりしてたんですよね(^^;

日本語の口語で医療施設を指したい場合、大きいものから小さいものまで、ざっくり「病院」って言いません?
「風邪ひいちゃって病院行ってきたよー」と。
おじいちゃん先生が一人でやっているような小さな診療所でも、「個人病院」のような感覚で「病院」って私は使っていました。

風邪くらいじゃ「病院」なんて行かないよ!

一方フランス。
風邪ひいたり、なんか体調がイマイチ、なんていうときに先ず足を運ぶのは自宅近くで開業医をしている「Médecin Traitant(主治医)」さんの所。
フランス人は、この主治医さんの所に行く際、「chez le médecin=お医者さんの所に行く」という言い方をします。

主治医さん(多くはgénéralisteと呼ばれる一般内科医)の診断で悪い所のアテを付けてもらい、必要に応じて専門医へ。もっと本格的な治療が必要な場合は施設や専門医が整っている「病院」へ送られる・・・というのがよくある流れのようです。

彼らにとって「hôpital」とは、症状がかなり重いケースに行く場所のよう。

またとある同僚が足をねん挫した時。まずは急患として病院に行き、必要な処置をしてもらい、痛みが引いてからは主治医さんの所で経過を診てもらった、という逆の流れを取ったパターンもありました。

そんなわけで、ちょっと熱が続いたからって「hôpital行ってきなよ!」といきなり言われ、「そんな大げさな~!」とびっくりしていた私の周りのフランス人。

「病院」と「クリニック」って?

ところでもう一つ、病院とクリニックって違うの?という疑問。

日本語だと、「病院」というとなんだか大型の医療施設で、診療所・クリニック・医院などは近所の身近に行ける医療施設というイメージ。
調べてみると、確かに規模によって区別されているようで、ベッド数20床以上が病院、19床以下が診療所(クリニック・医院)とのこと。

そしてこちらフランスも2つの間には明確な違いが。

どちらも医療機関で、医療サービスのレベルは基本的には同じなものの

「hôpital=病院」・・・公立
「clinique=クリニック」・・・私立

と区別されています。

私立だからと言って、「chez le médecinお医者さん」がクリニックとは呼ばれないのは、入院施設があるかどうかの違いのようです。
入院は受け付けていない開業医さんの所は「キャビネcabinet medical」と言ったりしますね。

それぞれに長所と短所?

というわけで、基本的には私立か公立かなだけで「医療サービスの提供」という同じ目的を持っているというフランスの病院とクリニック。

じゃあ私たちが診療を受けるときはどっちがいいの!?と思い、ネットでの生の声を拾ってみました。

  • クリニックで出産した時は1200ユーロの支払いで、払い戻しを受けられたのは2か月後だった。その後第二子を病院で生んだときは22ユーロ(テレビ使用料)の支払いのみだった
  • 病院なら急患で行ってもいつも当直医がいる。クリニックだと20時過ぎには誰もいない・・なんてことも
  • 病院での診察はなんかベルトコンベア式で工場みたい。
  • クリニックの方がスタッフの感じが良い
  • クリニックの方が個室を取りやすい
  • 入院生活はクリニックの方が快適だけど、なにせ高い
  • クリニックで出産した私は産後8日間まで入院していられたが、病院で双子を出産した従妹は3日後に退院することに
  • 病院の方が高度な医療施設が整っているケースが多いようで、クリニックで対応できない場合は病院に送られる

長く生活していくうえで避けては通れないフランス医療。
自分にぴったりのスタイルが見つかると良いですね!

************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます♡ まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡ 

また、フランスのお得情報を載せたメルマガを来年以降に発行予定です。
ご希望の方は下記フォームからご登録ください♡

投稿者プロフィール

みきてぃ
みきてぃ
ワーホリ、留学を経て仏人の夫と結婚、2012年からコートダジュールの小さな町に住んでいます。地中海生活という華やかな字面とは裏腹に、夫の同僚からは「君たちじいさんばあさんみたい」と評される質素でローカルな暮らし。食べることに情熱を傾ける私と夫、ゼロ歳児の息子の3人家族。現在は近くの村のパン屋さんで働きつつ、近い将来翻訳を仕事にすることを目標に修行中。自己満足を追求し楽しく生活する中でのあれこれをつづってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください