ライフ, 美容・ヘルス
comments 2

フランスで湯シャン!つらい時期を救ってくれたアロマなどの話

みなさま、ぼんじゅーる!

コロナで外出禁止を経験した私たち。コロナにより色々な面でダメージを受けましたが、唯一メリットがあったとすれば、それは湯シャンに挑戦していた私の髪事情です。

マクロン大統領のあの外出禁止宣言の演説後、ほとぼりさめた夫が放った一言は「まあ、しばらくの間は髪の匂いを気にしなくて済むね」でした。爆

そうです、昨年末から湯シャンを開始し、ちょうど3か月が経とうとしていた頃でした。湯シャンの歩みとしては3か月目から半年くらいの間が最も頭皮の匂いが強くなる不快感絶頂期なのだそうで、例にもれず私も大変でした。

なぜ湯シャンを始めたのか?

抜け毛対策です。もともと薄毛でしたがここ数年はシャンプー時の抜け毛量が尋常でなく、定期的に数日滞在する義親宅でも私の抜け毛が話題になって(泣笑)、義親からはビールをよくお土産にもらうようになりました。

なんでもビール酵母が抜け毛に効くらしいので、ビール酵母のサプリも取っていましたが、サプリを飲み続けるのは性に合わなくて、食事はもちろんだけど、違う対策ないかなーと探したところで、肌断食でも有名な宇津木先生が推奨している湯シャンが抜け毛対策になると知りました。そして簡単にできるしエコだし、いいことづくしだな、と思ったのでした。

ちなみに湯シャンは欧米でも実践されてるらしい

↓はスイスのTVルポです。湯シャンしてる欧米人いるんですねー。第一次大戦前の人々は数か月に1回洗髪する程度だったそうです。ここに出てくる女性も洗髪は数週間に1回お湯でするのみ。その代わりブラッシングは頻繁にていねいにするそうです。ブラッシングをすることでほこりなどの汚れが落ちて、頭皮の皮脂が髪全体にいきわたっていい感じになるのだそう。最後に出てくる皮膚科医もブラッシングの効果と洗髪は本来お湯だけで十分だといってます。

というわけで、始めた湯シャン。

長年、シャンプーは低刺激のもので2-3日おきにしていたので湯シャンなんて楽ショーかなと思っていました。実際、最初の1-2か月は順調でした。しかし2か月を過ぎたころから、湯シャンをしてもしてもぎっとり感が増していき、匂いも気になって仕方がない。頭皮ソムリエの夫に毎日匂いを嗅いでもらってました。最初は「いい匂いはしないけど、不快な匂いもない」というコメントが、ある日「皮みたいな匂いがする」と言われ、その後どんどん厳しいコメントをいただくようになってしまいました。開始から3か月が過ぎ外出禁止になってもあまりにも不快でくじけそうになりました。

そんな時、ふらんぽんで開催した頭皮ケアのローションを作るイベントが私を救ってくれたのです。笑

【ふらんぽん無料美容イベント第4弾】頭皮ケアのローションを作ろう!

頭の肌状態を整える頭皮ローションを作るというこのイベント。アロマの先生にならってペパーミントの精油をぬるま湯で混ぜ溶かしてできる頭皮ローション(本当はエタノールがあったほうがいい)を作りました。これがとても簡単に作れて、使ってみると頭皮の爽快感が半端ない!湯シャン前や湯シャンをしない日でも頭皮の不快感を感じたら即この頭皮ローションを作ってマッサージしていました。これで湯シャンをもう少し続けてみる気になったのです。笑 これが私の湯シャンヒストリーの第一分岐点になりました。アロマの力はすごい。ちなみに、頭皮と顔は一枚の皮膚。頭皮が凝ってると顔がくすんだり、たるんだりするとのことなので、ついでにこめかみ辺りもよーくマッサージするようになりました。

さらに、家族からおすすめされたこれが第二の分岐点。笑


シャンプー剤を使わない洗髪法です。これが第二の分岐点になりました。

まず、ひよこ豆パウダーにぬるま湯を加えてペーストを作り洗髪
その後、りんご酢とレモン汁をぬるま湯で薄めたリンスを髪にぶっかけ軽くすすぐ

これがスッキリ爽快!レモン汁のおかげなのかお酢の匂いも気になりません。

ひよこ豆の粉は栄養価も高く、アーユルヴェーダでもよく使われています。髪だけでなく顔、身体の洗浄にも使えるので、これからどんどん開拓してみたい素材です。

湯シャンを始めて半年が経った現在

髪の量が増えているのかはわかりませんが、以前に比べるとシャンプー時の抜け毛量は減りました。なのでまあ現在の洗髪方法に切り替えて満足しています。現在は週に2日くらいのペースでひよこ豆パウダーとリンゴ酢で洗髪し、洗髪前後に頭皮ローションでマッサージしています。しばらく現状維持で徐々に週1洗髪でゆくゆくは完全湯シャンになれれば楽でいいなーと思っていますが、どうなるかなー。

最後に

湯シャンは周りの人の理解と協力も必要です。私は田舎町で引きこもりの生活なので実践できていますが、ふつうの社会生活を送っていると、湯シャンを取り入れるのはなかなか難しいかもしれません。でも、髪の毛にも環境にも優しいし、興味があれば一度やってみてもいいかもです!ちなみに湯シャンしてる方のお話も聞きたいでーす。湯シャン実践者の方ぜひ連絡くださーい!

ではまたー!

投稿者プロフィール

マカロン
マカロン
ブルゴーニュの小さな町で夫と3才の男の子と一緒に暮らしています。
フリーランスで翻訳業、さらに完全インドア趣味で家にこもりっきり。血の巡りその他もろもろが気になってきたのでお家ヨガやお家エアロビで最近いい汗かいてます。現在引っ越し目前にて断捨離どんばまり中。

2 Comments

  1. Naoko MITSUNAGA says

    私もこちらに来てお湯で髪を洗っています。なんせ乾燥国、髪がパサパサになり困りました。渡仏5年目。日本から持ってきたシャンプー今までに半分使ったぐらいです。時々ベタつくような時シャンプー使っています。匂いが気になる時はドライシャンプーしたりもします。簡単で爽快感あります。お湯で洗った後乾かす前に馬油を髪につけます。ブラッシングもいいようです。朝晩だけでなく、鏡の前に立った時はブラッシングするようにしています。月一回白髪染めのリタッチをしていますが今のところ順調です。
     髪のトラブルは解決したのですが、私の今の問題は時々出る蕁麻疹と顔の乾燥なんです。克服した人の体験談とかが読めたらうれしいです。

    • マカロン
      マカロン says

      コメントありがとうございます!実践者からのお話が聞けて嬉しいです!頻繁なブラッシングはポイントですね。皮脂が髪全体になじんでスッキリします。笑 白髪染めをした時もお湯洗いだけで大丈夫でしょうか?私も白髪が出始めているので、染料を使うようになったらシャンプーか石鹸洗いかなーと少し疑問に思っていました。
      私は慢性的な蕁麻疹持ちです。一時期ステロイド注射も打ってましたが、対処療法でしかないし副作用も怖いので止めて、もう25年くらい蕁麻疹と共に生きています。泣笑 アレルギー検査でも原因を突き止められないことが多いですが、一応アレルギー検査はされましたか? 蕁麻疹は慢性化しやすいんですよね。Naokoさんの蕁麻疹が慢性化しないことを祈ります!
      体験談ではないのですが、乾燥の方は対策記事ですがご参考までにhttps://franpon.com/lifestyle/1711281
      また、近日中に告知が出ますが顔の乾燥にも効果的な頭皮ケアの講座も開催予定ですのでご興味あればぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です