フランス語, 学び

とりあえずこれだけはやっておこう!初心者のためのフランス語勉強法①

ふらんぽね〜ずの誰もが苦しみ、永遠の課題となる語学習得。

憧れのフランスでの素敵な生活〜♪を夢見て渡仏したもののフランス語の難しさに愕然としますよね。

女性名詞、男性名詞って何!?動詞の活用多すぎ!リエゾン難しい!などなど不満をあげたらキリがない。

机にかじりつく勉強ばかりしてたらフランス語が嫌いになりそう!そんな方も多いのでは?

留学、結婚、研修、仕事…滞在の目的に関わらず、語学習得の最初のステップとして私が実践した勉強法をお教えします。

①自己紹介文を作って、覚えて、毎回使う!

フランス人を前にしてもBonjour…しか言えない、なんて言えば良いかわからないと思うとパニックになりますよね。パニックになると「私はユカといいます。学生です。」なんていう簡単な文章でさえ上滑りしてなんだか変な風に言ってしまったり…。最初の挨拶と自己紹介がうまくいけばどんどん自信がついていきますので、とにかく最初が肝心!だと私は思います。

ただし名前だけでは会話が広がりません。

必ず聞かれる名前以外に、日本人であること、職業は何か、勉強している専門は何か、出身はどこか、その場所は日本のどのあたりか、年齢は何歳かなど箇条書きで良いので、とにかく紙に書いてひたすら覚えて初めて会うフランス人には必ず言うようにしましょう。

フランスには「Politesse(礼儀)」の文化があるので、初めて会う人にはずけずけ質問をしてきません。(人にもよりますが)私が感じるに、一番聞かれるのは職業。そして学生であれ、仕事であれ、専門は何か?ということはよく聞かれるので、留学生なら自分の専門分野のフランス語名と簡単な説明ができると良いと思います。思いつきではもちろん言えないので絶対に準備をして、何回も言う練習をして、使ってみる。すると今まで上滑りしていたフランス語が定着してきます。

またフランス人からも興味をもってもらえ、質問もかえってきます。その質問などにも少しずつ返すことができれば、あら不思議なんだか会話ができてるかも?と思う日も近くなってくるでしょう。

②前の日に覚えた語彙、文章を次の日に絶対に使ってみる。

せっかく机に向かって単語を覚えてもすぐに忘れちゃうし、覚えられない。もちろん一生懸命語彙を見て覚えるのも大事。ただ目で見るだけで覚えたつもりになっていてはなかなか実際に使うことはできません。覚える時は目で見て、書いて、読む。目だけで覚えることに比べ、三倍の感覚を使って覚えられるので効果テキメン。さらに重要なのは自己紹介でも紹介した、フランス語を体と心と頭に「定着させる」こと。

せっかく覚えてもすぐに言えたり、書けなきゃ意味がありません。なので前の日に覚えた語彙(できればその単語を使うフレーズ)を必ず次の日に使ってみましょう。機会があればその日のうちに何回も。

たとえば、「la chemise」(ワイシャツ)という単語を覚えたければ、「Ta chemise(chemisier) est jolie.」(君のワイシャツは素敵だね)「Il mit une chemise」(彼はワイシャツを着ているね)というフレーズを作ります。文章ごと覚えてちょっと強引にでもいいので、チャンスがあればとにかく使ってみましょう。最初は合っているか不安かもしれませんが、通じればラッキー。間違っていたら直してもらう機会にもなるのでとにかく使うこと。そうすると覚えた単語が体に定着してきます。

実はこれはフランス語の学習が難しくなればなるほど効果的。慣用句やことわざ、言い回しを覚える時は絶対的に使わないと覚えられないので、初心者のうちから癖をつけて置くのが良いと思います。

長くなるので次回に続きます。

******************************************

ふらんぽんではみなさまからのニーズをより詳しく把握するためにフランス在住者向けのアンケートを行っております。既にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございます まだの方、こちらからご協力よろしくお願いします〜♡

投稿者プロフィール

おぎうまり
おぎうまり
在仏2年 フランス人もびっくりのおしゃべり好きなアラサー女子です。
生まれはドイツ・幼少期はパリで育ったにも関わらず、日本に戻るとすぐにフランス語は忘却の彼方。
0から再びフランス語を学び始め、現在は縁あって西の街ナントに住んでいます。
歴史とクラシック音楽とバレエ、自然が大好き。暇な時はイラストを描いてリフレッシュ!

イラストサイトはこちら
Filed under: フランス語, 学び

by

おぎうまり

在仏2年 フランス人もびっくりのおしゃべり好きなアラサー女子です。 生まれはドイツ・幼少期はパリで育ったにも関わらず、日本に戻るとすぐにフランス語は忘却の彼方。 0から再びフランス語を学び始め、現在は縁あって西の街ナントに住んでいます。 歴史とクラシック音楽とバレエ、自然が大好き。暇な時はイラストを描いてリフレッシュ! イラストサイトはこちら