フランス語, 学び
comments 2

語学学習に終わりはない!無料or格安のフランス語講座を探してみた。【前編】

みなさまボンジュール!OFII(移民局)で義務づけられたフランス語講座も、残すところ1週間を切ったドリーです。最初は本当にちんぷんかんぷんでストレスMAXでしたが、優しいクラスメイトにも恵まれ、みんなに色々教えてもらいながら成長できた(と思う)2ヶ月でした。

講座終了が近づくにつれみんな気になるのが、今後どーする?問題。聞いてみると、既に技術系の職業研修が決まっている優等生もいれば、大学付属の語学学校に通うって人もいたり、それぞれ色んな進路を考えているようです。

怠け者ドリーは、出来ることならおうちでぬくぬくしてたいのが本音ではありますが、少しずつわかり始めた仏語学習をここでストップするのは何せ勿体無い。でも高いお金払って学校行くのはちょっとなぁ〜と、生来の貧乏性がチラ見えする今日この頃…。

って事で、探してみました!近所(レンヌ)でお得に学べるフランス語講座。今のところ見つけた選択肢は5件。あなたの地元にも似たようなプログラムがあるかも!? ご参考になれば幸いです。:)

①職業訓練校のフランス語講座

以前マカロンの記事でもブルゴーニュ地方の職業訓練校が紹介されていましたが、私の住むブルターニュ地方ではCLPSという名前の団体が様々な職業の訓練や研修を提供しています。

外国人向けのフランス語講座ももちろん用意されていて、実は私が今通ってるOFII指定の講座も、先生は全員CLPS所属の講師でした。

現講座の必要出席数を満たせば、最終日にDELF A1と同等レベルを修了したという証明書が貰えます。そして今、先生方に参加を勧められているのが、同じくCLPSでのA2専用クラス。

2018年1月か2月から1ヶ月みっちり試験対策のお勉強。講座自体は無料ですが、試験代(100€だったかな?)は自前になります。ある程度馴染みのある先生方に教えてもらえるからいいかな〜と思い、申込みを済ませたところです。

②Pôle emploiのフランス語講座 – PC FLE

ご存知フランス版ハローワークPôle employ(以下PE)でも外国人専用のフランス語講座があります。その名もPC FLE(Prestation Compétence Français Langue Étrangère)。現クラスメイトの3人がこの講座へ参加予定です。

彼らによると、PEへ登録したら先方から登録電話番号にSMSで講座開始の案内が送られてきたんだとか。でも同じくPEに登録してるのにそんな情報来てない!っていうクラスメイトもいたんで、自動で案内が来ない場合は自分からリクエストすることも必要なようです。

講座期間は約4ヶ月で、きちんと参加していれば給付金ももらえるっぽいので行かない手はないですよね。レンヌでは、こちらも先生はCLPSからの派遣になるようです。

本当は私もこのプログラムに参加したかったのですが、社会保険番号の発行が書類不備等でだいぶ遅れており(泣)、PE自体に登録出来てないのが実情です…。無事セキュリテソシアルに加入出来た暁には是非!と早くも意気込んでおります。

③図書館のフランス語学習教材使い放題サービス

こちら↑は、今通っている講座で社会科見学に出かける機会が何日かあり、近所の図書館に寄った際に先生が紹介してくれました。

フランス語学習の参考書を始め、CDやDVDの教材を使って勉強できる環境が整っていました。オンラインにはなりますが、講師によるレッスンも用意されています。家を出てメリハリある学習スタイルがお好みの方にはぴったりです。

上述図書館の利用カードは17歳までは無料ですが、18〜25歳は年間3€で、26歳以上は25€します。この値段を知って日本の図書館が恋しくなるのは私だけでしょうか?(笑)

小さな子供がいるクラスメイトはこの図書館に通うと言っていました。確かにキッズ専用スペースも充実してそうだったので、お子さんもお母さんも一緒にお勉強なんてのも可能かもしれません。

続きは後編へ!

本来なら5件まとめて1記事で済む予定だったのですが、要らぬ世間話がちょい長めになったwため、続きは後編でお届けします!倹約家必見のフランス語講座リスト完結編☆どうぞお楽しみに〜♬

✴︎ドリー’s Instagram✴︎  社会科見学での一枚。  Abonnez-vous♥︎↓↓↓

https://www.instagram.com/p/Ba8z8MeAyVj/?taken-by=franponaisedolly

投稿者プロフィール

ドリー
ドリー
仏人の夫と出会って2ヶ月で婚約&渡仏を決めた向こう見ずなアラフォードリーも早いもので在仏3年目。伸び悩む仏語力は見て見ぬフリして、日本でのキャリア(PR/marketing)をフランスでどこまで活かせるか果てなく挑戦中。最近身近なところからエコな生活始めました。✴︎Instagram✴︎➡︎@mmedolly

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です