フランス, 旅行

老若男女がコスプレ?中世時代にタイムトリップ?注目のブルターニュの祭りとは…

Dinan(ディナン)で7月23日と24日にFête des Remparts(フェット・デ・ロンパール/城壁祭)が開かれます。まだ2か月も先のお祭りですが、個人的にとても好きなお祭りなのでぜひ日本人にも参加してもらいたいと思い、夏の旅行計画に間に合うよう早めに紹介することにしました。

2年に1度のお祭りなので、今回を逃すと次は2年後!!

Dinanは観光地としてとても有名な町で、見どころは旧市街をぐるりと取り囲む城壁と、古い街並み。colombage(木骨壁構造)と呼ばれる外壁に木枠を露出させた中世の独特の建築物がたくさん残っています。

お祭りはこの旧市街の雰囲気を利用した中世の時代祭りで、2日間にわたり様々なイベントが開催されます。毎年大人気の馬上試合を取り入れた演劇、中世の格好をした人達によるパレード、楽器演奏、ダンス、工芸作りの体験などなどもりだくさん。

そして、町の中をぶらぶら歩くだけでも楽しめるのがこのお祭りの良いところ

イベントを運営している人達はもちろん、出店の店員、普段は普通のカフェの店員さんや、町の住人までこの日は中世時代の格好をしています。そして訪れる観光客も。

もちろん普通の格好で来ている人もいますが、いくつかのイベントは衣装を着て行くと無料になる為、多くの人が仮装しています。コスプレ好きが多い日本人は絶対楽しめるお祭りなので観光ツアーが出来ないかなと密かに思っています。

浴衣で参加したらフランス人にウケるかな?と毎回思うのですが勇気が無くてまだ試していません。どなたか是非浴衣か着物で参加してフランス人の反応を教えて下さい。そして着物でもイベントが無料になるかどうかも知りたい・・・。

以下は前回2014年に撮った写真です。印象的だったものを並べてみました。

迫力満点の馬上試合 フランス人ってこういうの好きみたいです。いつも会場は満席です。
DSCN3710_convert_20120906002801.jpg  DSCN3765_convert_20120906001600.jpg

ロバに荷物を運ばせる女性と荷車に乗せられた子供達。子豚連れている人もいました。
荷車の中で大人しくぬいぐるみで遊んでいる姿がかわいかった
dinan1 dinan2

ちょっとコスプレ感が強すぎて中世時代から離れている感が否めませんが、この3人は衣装が似合っていて目立っていました。左の悪魔のお面を付けた男性は、目つきも鋭く迫力満点。真ん中はジャンヌ・ダルク?小柄な方でしたがスタイル抜群。右は酒場の女性?日焼けしたセクシーな背中で男性の目をくぎ付けにしてました。
RSCN7047_convert_20140720053008.jpg DSCN7016_convert_20140720061446.jpg DSCN7017_convert_20140720074201.jpg

黄色と黒のコントラストが目立っていたペアルックのカップルと、チェイン・メイル(金属の鎖を繋ぎ合わせた鎧)でペアルックの親子。

DSCN7005_convert_20140720061218.jpg DSCN7013_convert_20140720063153.jpg

物乞いや囚人などリアリティある扮装をしてお祭りを盛り上げてくれる人達。 地べたに寝転がっている人達が血だらけでリアル過ぎて怖いくらい。。。

DSCN7021_convert_20140720060813.jpg DSCN7000_convert_20140720060441.jpg

ちょっと小太りの体型と衣装が妙に似合っていたおじ様達。それぞれ違うデザインの帽子を被りとってもお洒落。酒場へ繰り出す相談でもしているみたい。
dinan5

Dinan  はパリからTGVに乗りRennes(レンヌ)で下車(2時間)、その後レンタカーで50分です。             モン・サン・ミッシェルからもほど近く、車で50分。モン・サン・ミッシェルからは電車とバスを乗り継いで行くことも出来ます。

 

 

投稿者プロフィール

loc-envel
loc-envel
留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?
Filed under: フランス, 旅行

by

loc-envel

留学したパリで縁あって仏人と結婚。約10年間日本で結婚生活を送った後、2012年にブルターニュへ移住。航空業界・旅行業界での勤務経験を活かし、モン・サン・ミッシェルとレンヌで日本人グループの通訳兼アシスタント業に従事。趣味は彫金、ジェルネイル、教会巡り、自然散策。訪れたブルターニュの教会は50超!?

6 Comments

  1. うさぎ says

    こんにちは。初めまして!
    近くに日本人の方が住んでいらっしゃったのですね。私もブルターニュ在住日本人です。
    素敵なお祭りの紹介どうもありがとうございます!
    私も中世祭りが大好きなので、是非行ってみようと思います。
    やんちゃな男の子たちを連れている日本人を見かけたら、是非声を掛けてくださいね~。
    ばったりお会いできるのを楽しみにしつつ。

    • loc-envel
      loc-envel says

      うさぎさんへ
      コメント有難うございます。ブルターニュにお住まいの方からコメントを頂けるなんて嬉しいです。Dinanは普段町歩きするだけでも楽しい所ですが、お祭りはたくさん人が集まり、コスプレしていることもあって、町に一歩踏み入れた途端にテンションが上がるほど盛り上がっています。刀や槍などを持った勇ましい騎士の格好をした人もたくさんいますので、男の子のお子さんはとても喜ばれると思います。
      広い会場のいたるところでイベントをやっていて、時間が重なることもありますので、見たいものに的を絞って回られることをお勧めします。
      ほんとにお会いできるといいですね。このお祭りで日本人を見かけることはまずないので、お互いすぐ分かるかもしれませんよ笑。

  2. はじめまして!
    いつも楽しく拝読しております。
    この記事を読んでとても興味が湧き、行って参りました!
    マルシェに売っていた沢山の魅力的な衣装の誘惑から逃れるのは大変でした(笑)が、とても感動的で楽しい1日を過ごせました!

    2年後はフランスにはいないと思うので、ディナンのお祭りにはもう行けないのですが、他の地域でも似たようなお祭りはあるのでしょうか?
    中世祭り、癖になりそうです(笑)!

    • loc-envel
      loc-envel says

      Keiさま
      記事を読んでお祭りに行って下さったなんて、とてもうれしいです。有難うございます。フランスの夏はいろいろイベントがありますが、私も中世祭りが一番好きです。私はDinanとMoncontour(既に終了)しか行ったことがないのですが、他の場所でも行われていて、こちらのサイト(http://www.fetes-medievales.com/)で紹介されています。Dinanのように規模が大きくて、お住まいの場所にも近いお祭りがあると良いですね。

  3. にゃんた says

    こんにちは。はじめまして。
    以前、城壁祭に行ったので、レスさせていただきます。
    2010年、浴衣で城壁祭に行きました。
    我々も「入場料無料になるかも?」と期待したのですが、残念ながら、しっかり料金払いましたw

    レンヌ泊で、ディナン行きの電車の時間までの時間つぶしに、浴衣姿でレンヌ美術館にも行きましたが、浴衣はレンヌでは特に注目されず…
    人が何着てても我関せず…なんですね。
    しかし、ディナンでは、お祭気分も手伝ってか、浴衣姿はすごい人気で、いろんな方から「一緒に写真撮って〜」と言われました。浴衣をきっかけに、いろんな方と交流でき、とてもいい思い出になりました。

    ブルターニュにお住まいなんですね〜。
    親戚がブルターニュに住んでいるのと、ケルト文化が大好きなので、フランスの中でも、好きな地方です。ガレットもシードルも美味しいし(^^)
    いずれまた、Locronanのトロメニーを見に行かねば、と思っています。

    • loc-envel
      loc-envel says

      にゃんたさん
      コメントありがとうございます。浴衣では無料にならなかったのですね。残念!でも、いろんな方と交流できるのは楽しそう。今年参加出来たら、浴衣着たいと思います。Locronanのトロメニーはまだ行ったことがありません。次回は2019年のようですね。ケルト文化に興味がおありなら、GuingampのSaint-Loup祭や、Lorientのケルト祭もお勧めですよ。ブルトンダンスや音楽が楽しめますし、ブルターニュのいろいろな町の伝統衣装をいっぺんに見られる貴重なお祭りです。機会があれば是非!

Comments are closed.