仕事, 仕事探し
Leave a comment

失業率が日本の3.5倍にも上る国、フランスで職業訓練を受けてみた!【スタージュ編】

stage

みなさまボンジュール!アムス帰りのイケイケドリーですw 今日は前回の続きをお届けします。

正攻法では二進も三進もいかなかったスタージュ探し。そろそろ希望職種の変更を真剣に考え始めたある日、ひょんなことから道が開くことになります。

困ったら周りに助けを請う

レンヌの外人仲間で集まっていたある夜、みんなにスタージュ探しが難航していることを愚痴っていたら、レンヌ大学で研究員をしているカナダ人の友達Jが、「うちの研究室で世話してあげられるかも!」と言って、彼が携わっていた企画の話をしてくれました。

それが、彼の所属する研究室が来たる6月にレンヌでコンピュータ医学会を開催するので、そのMarketingやPRに私を使えるかもという案。普通の国際学会なら別にドリーじゃなくてもいいのでは?といった話になるんですが、その分野は日本人研究者の活躍がめざましく、学会にも日本からの参加者が毎年多いということで、適役だ!となったのです。

その後Jに、主催者となる研究室長の教授に掛け合ってもらい、なんとかギリギリでスタージュ先が決まりました。この日こそ、日本人であることに感謝した日はありません。(笑) 冗談はさておき、困った時は周りの助言を求めるのが1番だなとも思った経験です。

渡仏前は比較的、カッコつけて自分のことは自分で!といった構えでしたが、移民となってからは四の五の言ってられないのが本音。こんな時の為にも、やっぱり日頃からネットワークは広げておくべきだなぁと再度痛感した経験でもありました。

スタージュ開始!も、初っ端からミス

さぁ、土壇場で決まったスタージュ先。大学の研究室という私にとっては未踏の職場で若干緊張していましたが、研究員も大学職員もみんな好印象且つバイリンガル(ラッキー!)。上司となる研究室長も親日派の教授で、初日から好感触でした。いよいよ、たったの6週間でどこまで何が出来るか、試される期間が始まります。

ポジションは学会のPR。前述の通り日本からのゲストが多いので、まずは室長の書いた英語の案内文を日本語に翻訳するよう指示を受けます。専門用語が並ぶ英文だったので、同僚となった前述の友人Jに聞いたり、教授に再確認しながら慎重に仕上げ、日本の(名だたる)教授ら約40名に個別でメール送信。

が、翌日、メールを受け取った日本人教授1名より、内容に誤りがあると指摘を受けます。学会参加申込プロセスの説明で、誤った日本語表現をした箇所があったのです。いくら慎重に確認したとは言え、私も翻訳のプロではない上、日本語でも特に専門的な分野において、圧倒的な知識不足が招いたミスでした。

訂正文を送って事なきを得ましたが、今後の翻訳はより一層慎重を心がけようと心に固く誓った初っ端の失敗談でした。

あっという間に過ぎたスタージュ

その後、学会スポンサーを募る資料デザイン、学会webサイトのレイアウトデザイン、レンヌ観光局と連携してPRを企画したりして、あっという間に6週間が過ぎていきます。デザインでは新しいソフトの使い方を習得し、取引先と仏語で交渉する機会もあり、学ぶこと盛りだくさんの研修期間となりました。

スタージュ最終週、教授から職業訓練後の進路について聞かれ、何も決まっていない旨正直に話すと、「学会が終わるまで引き続き働くか?」と打診がありました。本格的な業務に当然不安はありましたが、せっかくの機会と思い快諾。本来、大学職員の免許がなければ働けないはずのところ、教授直々に本部へ掛け合ってもらったようで、特例でCDD(短期契約の仕事)をgetすることが出来ました。

そんなこんなで私の職業訓練は、序盤こそ厳しい側面があったものの、中盤からは半ば運だけで自分のやりたい事に挑戦出来、且つ仕事の契約まで得るという大変恵まれた結果で幕を閉じます。

さぁ、続いてフランスで初めてのお仕事!をお届けする前に、次回はスピンオフとして、とあるクラスメイトについてお話しようと思っています。終始受け身のドリーとは違い、常に能動的な姿勢で己の道を切り開いて行った、ブラジル人女性の武勇伝です。彼女は今でも私のインスピ源なので、彼女のストーリーを是非シェアしたいと思っています。ご期待ください!

↓↓↓ドリーのインスタ 倹約コーデ紹介しています。 Abonne-toi♥︎↓↓↓

投稿者プロフィール

ドリー
ドリー
仏人の夫と出会って2ヶ月で婚約&渡仏を決めた向こう見ずなアラフォードリーも早いもので在仏3年目。伸び悩む仏語力は見て見ぬフリして、日本でのキャリア(PR/marketing)をフランスでどこまで活かせるか果てなく挑戦中。最近身近なところからエコな生活始めました。✴︎Instagram✴︎➡︎@mmedolly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください